あそびい読者のママさんより、今年の元町ハロウィンのレポートが届きました。

2016年の最新情報はこちら

halloween5

【関連】横浜で子供とハロウィン! 2016年 横浜で参加できるハロウィンイベントまとめ13選 ★子供パレード・参加あり★更新10/29

—————————————————

2015年10月31日に中区の元町商店街で開催された「元町ハロウィン」に行ってきました。

2001年スタートのイベントで、今年は第15回。
毎年、曜日に関係なくハロウィン当日の31日に開催されています。
今年は土曜日ということもあって、すごい人混みを覚悟しながら参加してきました。

■アクセス

最寄り駅はJR・石川町駅、みなとみらい線・元町中華街駅になります。

横浜駅東口や桜木町駅からは横浜市営バスも出ているので、いろんなルートでアクセスできます。

■現地到着

今年の元町ハロウィンは例年より2時間遅いスタートで、

  • 17時〜 オリジナル風船配布
  • 18時〜 お菓子の配布スタート

我が家は少し早めに行くことにしました。

遅い帰りに備え、イベント開始前に現地で小腹を満たしておく作戦です。写真は16時頃の「元町中華街駅」です。まだ本番まで2時間あるというのに、みなさん気合い十分ですね。

image1

1丁目の「GAPストア」前には記念撮影スポットができていました。

こういうスポットで写真を撮るならイベント開始前がベターです。開始後は何をするにも行列で、しかも夜になるので手ブレの心配も・・。

image2

商店街の中に入ると、そこはまだ日常的な時間が流れていました。

あと30分で戦場と化すのが想像できないくらいです。比較的歩きやすいこの時間帯に、どのお店がお菓子配布の参加店なのかチェックしておくのも手ですよ。

image3

ところで、商店街を歩いていると、歩道でよくこの黒い柱を見かけます。

上に書かれた数字は現在地の“丁目”を示していて、写真の場所は3丁目。

元町は東からブロックごとに1丁目〜5丁目に分かれているので、今どの辺にいるのかな?と思ったら、この柱を探してみると分かりやすいです。

image4

黒い柱に黒文字という、景観を損なわないデザインがまたオシャレです。

商店街を散策していたら、元町が生んだアイドル(?!)、ペコちゃんポコちゃんを発見!

「元町ハロウィン」のサービスの1つで、今年は“15時〜16時頃登場”とのこと。
時間を過ぎていたので諦めていましたが、運良く会えました☆ 場所は4丁目の「松下家具店」前でした。(出没場所についての事前告知はナシ)

ちなみに右側にいるぴょん吉Tシャツの男性はスタッフの方です。

image5

このぴょん吉、本物みたいに時々飛び出すんです。どうなってんの!?と思って見ていたら、左手が作り物、というとってもシンプルな仕掛けでした。

「元町ハロウィン」は今年で2度目の参加ですが、前回と比べ、今回は大人の仮装が多かった印象があります。参加者だけでなく、お店の人たちも同様で・・・

4丁目の「ポンパドウル元町本店」は店員さんがドラゴンボールのキャラクターたち。アラレちゃんもいますね。店内ランプもハロウィン仕様で可愛いです。

image6

3丁目の「キタムラ元町メンズショップ」にはディズニーキャラクターに扮した店員さんたちがいました。どのお店も仮装をした店員さんはお菓子並みに大人気でしたよ。

image7

さて、商店街を東から通り抜けて、西側の元町交差点まで出ました。ここでおやつタイム!訪れたのは体に優しいドーナツとして有名な「はらドーナツ」。

image8

中に入ると入口には美大院生の方が作った作品が展示されていました。

image9

商店街には「ハロウィンアート作品展示」というのに協力しているお店が数十店舗あり、ハロウィンウィーク期間中(10月下旬)は、ショッピングをしながらこのような作品を見て楽しむことも出来ます。

この「はらドーナツ横浜元町店」、通りからは見えにくいですが、実は2階にカフェスペースが併設されています。

image10

元町通りのエクセルシオールや上島珈琲店はすでに大混雑でしたが、ここはとっても静か。キッズミルクがドーナツにプラス50円で注文できたので、子どもと一緒にゆっくりと、しかもリーズナブルにおやつタイムを過ごせました。

■風船ゲット

オリジナル風船配布予定時刻の午後5時になったので、お店を出て元町通りに戻ると、商店街入口(5丁目)にさっそく行列が!

フライングでお菓子配りを始めていたお店に人が集まっていたところでした。風船の列じゃなくて良かった〜(配布場所はまだだいぶ先だったので)。

image11

実際の風船配布の列には「最後尾」と書かれたプラカードを持った人が立っています。必ずこの人を目指しましょう!そうでない列の最後尾に並んでも風船にはたどり着けないので要注意ですよ〜。

当の風船の列、スムーズに進むかと思いきや、意外と進みが悪いです。4丁目から並び始めて300m先にある1丁目の配布場所まで、なんと所要時間50分!親バカじゃなきゃ出来ませんね(苦笑)。

待っている間は暇だったので、通りゆく人たちの人間観察をしていました。2階で気づかれにくいけど仮装している美容師さんがいたり・・・

image12

紳士服の店先では欧米系の親子が注目の的に。

image13

ヒーローになりきってくれるお父さん、素敵です。しかもスタイル抜群で羨ましい限り。場所柄、外国人の方も多かったんですが、外国人パパさんはほとんどの方が仮装していました。日本人パパさんは圧倒的に普段着が多かったですけどね。

街を行き交う人々の衣装に気を取られて見逃しがちですが、お店もそれぞれにこだわっています。

image14

このお店はお菓子配布をしないらしく「ここにはないよ」と書かれたポスターがショーウィンドウの左下に貼られていました。でもディスプレイはハロウィン仕様でオシャレです。

こちらのお店は手作り感たっぷりで温かみがあります。街全体でハロウィンを盛り上げようとしているのがどのお店からも伝わってきます。

image15

風船の列に並んでいる途中、こんなアーチを見かけました。

image16

場所は3丁目「FUKUZO」の近く。通りかかった時にはただの通路だったこのアーチも、帰り際には記念写真待ちの行列が。写真は撮れる時に撮っておく!が鉄則ですね。

ようやく風船配布場所に到着。並んでいる間に「今並んでいても貰えない場合があります」というアナウンスを何度も耳にしてヒヤヒヤしていましたが、なんとかゲット。

image17

あと10分遅かったらアウトだったかもしれません。絶対にゲットしたいなら、列には17時前から並んだ方がいいみたいです。

■トリック・オア・トリート!

さて、ここからトリック・オア・トリートの時間です。
時刻はちょうど18時、街はすっかり戦闘態勢に変わっていました。

image18

(上の写真は昨年の様子です)

お菓子のあるお店にはどこもかしこも人だかりが。人気のお店はそれこそ開始1時間前から待っている人たちもいたほどです。

この「元町ハロウィン」、雰囲気を味わうならライトアップも華やかなメインストリート(元町通り)を歩くのが一番ですが、お菓子の内容重視ならビルの2階や裏通りへ!

飴以外のお菓子(カントリーマアムやリッツなど)を配るお店がぐっと増えるんです。

ちなみに写真のお店はジャンケンで勝つとスコーン、負けたら飴が貰える面白いサービスをしていました。

image19

うちは【お店のお姉さん:パー】 VS 【2歳児:1本指チョキ】 ⇒ 《負け判定》で残念ながら(?)飴を頂くことに。

裏通りの、さらに路地を入ったところなんかは本当に穴場で、人もまばら。

怖いマスクに優しい声で「おいでー」と呼んでくれるお店もありました。不思議なもので、子どもはこんなマスクしてる人のところでもお菓子に釣られると行けてしまうんですね。ある意味危険・・・。

image20

お菓子配布開始から30分。こういう看板を出すお店がちらほら現れてきました。

image21

先の「はらドーナツ」なんかは開始15分で終了となったらしいです。

このイベントはまさに“お菓子争奪戦”。子どもは終始大はしゃぎですが、大人は人混み&我が子の迷子防止で心身ともに相当疲れるので、事前にお目当ての店をいくつかに絞ってから参戦した方が無難です。

ここでちょっと休憩。先日「あそびい横浜」でも紹介されていた「元町オアシス」に行ってみました。

image22

お手洗いとは思えないほどオシャレで清潔感があり、女子トイレ入口には“キッズサークル”という遊びスペースまで完備されていました。

こういうところが用意されているだけで、子連れでも気軽に遊びに行けるようになるから良いですよね。(子ども用トイレがあれば尚更嬉しかったなあ・・)

 

さて、表通りに戻ってもう一踏ん張り・・と思ったら、そこはもう普段の街へと戻りかけていました。ほとんどのお店がお菓子を配り終え、すでにシャッターを下ろしているところまで。

開始からまだ1時間ですよ。なんてスピーディーなイベントだこと!

そんな落ち着きを取り戻した元町通りで一際目立っていたのが「スタージュエリー」。

image23

窓にはもうサンタさんたちが。そして店の前には偶然にもサンタの衣装を着たカップルまで。

さっきまでのハロウィン熱は、幻!?

 

—————

家に帰って戦利品のチェックをしてみました。

裏通りを中心に巡った結果、こんな感じになりました。1時間にしてはなかなかの収穫で大満足。

image24

■感想

「元町ハロウィン」は毎年とにかくすごい人出で、大人にとっては色々と覚悟が必要なイベントです。

歳を取るほど人混みはキツくなるし、お菓子だって冷静に考えれば買った方が早いし、行くたびに「来年はどうしようかなあ」なんて考えてしまうんですが、きっと来年以降もこの繰り返し。

お菓子を貰った時の子どもの笑顔は本当に輝いていて、あの笑顔(&仮装姿)をまた見たいなあ♡ って親バカなんで思っちゃうんですよね。

みなさんも、お子さんが素直にコスチュームを着てくれるうちに一度“参戦”されてみてはいかがでしょうか。

夜の外出が難しい育児中のママさんにとっては、ライトアップでキラキラ輝く街並みも楽しめるチャンスですよ〜。

■備考

  • 仮装は必須ではありませんが、お菓子が貰えるのは子どもだけです。
  • 元町商店街のホームページでお菓子配布参加店舗が事前にチェック可能です。
  • 商店街HPに記載の店舗以外でもお菓子配布をしているところがあるので、気になるショップがあればお店のHPやFacebookなどのSNSをチェックしてみてください。

http://www.motomachi.or.jp/

元町ハロウィン(元町商店街)

所在地
横浜市中区元町

開催日
毎年10月31日

交通案内
みなとみらい線 元町・中華街駅(元町口)下車 徒歩0分
JR京浜東北線 石川町駅(元町口)下車徒歩2分、桜木町駅よりバス15分

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く