電車で1番前の車両に乗ると・・・

IMG_2143

IMG_2147

おおーっ!

男の子大興奮! 運転しているかのような景色が広がります。

でも、ここで注意・・・

ただばくぜんと一番前の車両にのっても、混んでいたり、よく見えなかったり、まわりのおじゃまになったり・・・

ということになりかねません。

そこでおすすめの電車とコースはこれだ、3つのコツを大調査です。

◇コツその1 田園都市線に乗ろう!

IMG_2141

横浜市を横断する田園都市線。朝は通勤通学でとっても混んでいますが、昼間の各駅停車はとても空いていることが多いです。

そこで、狙い目は、平日10時11時頃の各駅停車。

おすすめコースは、江田~あざみ野あたりの青葉区エリアで乗車して、二子玉川に向かう上り線。

渋谷まで行かずに二子玉川で降りるのがポイントです(理由はのちほど)

◇コツその2 車両を選ぼう!

1番前で景色を見るのに必要なのが車両選びです。

というのは、運転席の窓って、車両ごとにずいぶん違うみたいなんです・・・

たとえば、こちら。

IMG_2068

このくらい窓が高いと、子ども目線ではなにも見ることができません。

でも・・・

IMG_2122

この車両は、窓が低い!

もちろんとは言っても1m前後ありますので、お子さんが小さいうちは抱っこが必要かもしれません。

そこで田園都市線は5分に1本はくるので、一番前のホームで待ってみます。

IMG_2114

IMG_2120

すいていて且つ、窓がいい感じの車両が来たら乗り込みましょう!。

子どものための窓というわけではありませんから、運転手さんのおじゃまにならないようにね、と子どもに言ってきかせて、

さあ出発です。

○緑が多くて明るい!とってもきれいな景色が続きます

IMG_2149

田園都市というくらいで、本当に緑が豊富。

東西に走る電車なので、昼間は南から日の光もいっぱい!とってもきれいな景色が続きます。

おとなも一緒に見ていて楽しくなりますよ。

○高低差にトンネル!カーブもいっぱい。

IMG_2134

IMG_2140

青葉区では高台。鷺沼を越えたあたりで下に下ります。

そして、たま川を渡り二子玉川のビル群へ。景色に変化がいっぱいでとても楽しい。

IMG_2155

豊富なトンネル。カーブの分岐。これぞ電車という景色に子どもたちも飽きません。

○いろいろな車両とすれ違う!

IMG_2150

IMG_2146

IMG_2124

そして最大のおすすめポイントがこれ。

田園都市線には、東急の車両、半蔵門線の車両などいろいろな形や色の車両がやってきます。

当然、すれ違う車両も、いろとりどり。

溝の口駅以降で出会う、大井町線の車両は、ちょっと特急みたいなフォルムのオレンジ色。

見ているだけでも楽しくなります。

そして、二子玉川に到着です。乗る駅にもよりますが、およそ20分です。

◇コツその3 二子玉川で降りよう。

IMG_2204

最後のコツは二子玉川で降りること。

もちろんこのまま渋谷まで行ってもOKなのですが、ご存知の通りここから先は完全に地下鉄。

あまり子どもにとっては楽しくない景色が続きます。20分の乗車でおなかも空いた頃。

しかも、昼間とはいえ、ものすごく混んできます。

そこで、二子玉川で降りて・・・

1:たま川の河原で遊ぶ!

IMG_2226

2:大井町線に乗り換える!

IMG_2163

この2つがおすすめです。

子どもが「外遊びしたーい」「おなかすいたー」となっていたら、河原へ。

「もっとの電車のる!」となっていたら、大井町線です。

 

さてここからは次回の記事で。どうして大井町線がおすすめなのかが判明です。

 

*一般の方が多く利用される場所なので、大人数での来訪や大きな声で騒ぐことはご遠慮ください。