ベイブリッジの真下は、働くクルマの宝庫

ベイブリッジの真下に公園があるのをご存知ですか?

それが「大黒ふ頭中央公園」です。

016_motosky

020_bay

018_minatomirai

普段は近くからみているみなとみらいを遠くから、逆に遠くから見ているベイブリッジを間近にみることができる穴場中の穴場に行ってきました。

場所はこちら

スクリーンショット 2015-12-20 7.29.48

もうこの地図の時点で、どこだここは?!状態です。

こんなところにも公園があるんですね。

あの名所の真下に向けて出発です。

クルマで向かいます

大黒ふ頭中央緑地運動公園へは首都高大黒ふ頭出口からすぐ、一般道で行く場合は国道15号線大黒町入口から入ってきます。

いきなり働くクルマが登場。工業地帯という雰囲気です。

001_kosaten

この時点で、やや非日常。テンションアップです。

写真は首都高大黒ふ頭出口の交差点です。交差点を右に曲がりましょう。

002_futo

003_futo

004_futo

するとすぐにこんな入口が。ややわかりにくいここが大黒ふ頭中央公園の駐車場です。

005_parking

006_parking

入口は少し狭いですがちゃんと停められます。

駐車場のオープン時間は9時〜17時。

008_chuokoen

つきました、ちょっと寒いです

海の近くなので、日によっては寒いと思います。

子供用にはおるものなどを準備していきましょう。

でも、この景色。非日常空間が広がります。

009_undojo

振り返ると・・・

011_bay

間近にベイブリッジ!。

012_bay

014_koen

手前に見える鏡張りの塔は今は閉鎖されてしまったベイブリッジスカイウォークの跡地。

昔はこの塔を上って、ベイブリッジの下を歩くことができたのですが、数年前に閉鎖されてしまいました。

013_bay2

登ってみたかったなあ。残念。

015_hiroba

ちなみにこの手前に広がる広いスペースは、柵があり、普段入ることはできませんが、

良くテレビドラマや映画でこの景色をバックにしたシーンが登場することもあります。あの映画にも出てきたかも?!

016_motosky

道路を渡って、元スカイウォークの跡地のふもとへ行ってみましょう。

こちらも、公園の敷地内です。

017_arch

アーチ状のモニュメントの先には海。ここがまたすごいです。

018_minatomirai

019_minatomirai

海の向こうにみなとみらいのビル群が浮かんでいます。

いい景色ですね。

020_bay

ベイブリッジをこうして見上げる機会も少ないのではないでしょうか?

子供と見る、ベイブリッジの勇姿。

「橋はこうして大きな柱で支えているんだよ」と教えてあげられますね。建設関係のお父さんならウンチクも語れそう。

021_bay

ベイブリッジの下には芝生も広がっていました。

みなとみらいの景色を見ながら、働くクルマや橋の勇姿を見ながらのお弁当。かなり面白い1日になりそうです。

人も少なく、マイペースで楽しめる。

そして親もちょっと気分転換に非日常を楽しめる穴場が見つかりました。暖かくしてお出かけください。

 

大黒ふ頭中央公園

所在地
横浜市鶴見区大黒ふ頭1

交通案内
・電車
JR鶴見駅から市営バス「大黒ふ頭」「スカイウォーク」下車すぐ
・車
首都高速湾岸線・大黒ふ頭ランプを降車し、突き当たりを左折して公園へ

駐車場:
9時〜17時。無料(2015年12月現在)

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く