みなとみらいにある、かもめと走り回れる穴場「新港パーク(カップヌードルミュージアムパーク)」をご紹介します。

IMG_0321s

今年の冬は暖かいですね。ということは、海辺も寒くない!。冬でも外で遊びたい元気なお子さんに、新港パークおすすめです。

新港パークは、海が近い!

子供目線の写真。

IMG_0316s

IMG_0320s

IMG_0315s

もう、すぐそばが海です!。柵も低く目線が大きく開いています。

そしてこちら。

IMG_0298s

真正面にインターコンチネンタルホテル。記念撮影にもいいですね。このアングルは他にない!

IMG_0314s

そしてこの開放感。

IMG_0308s

芝生!。

子供と行くのにとってもおすすめ。自由に遊べて、広く、穴場なので空いています。くつろいだりお弁当を食べたりするのにぴったりです。

新港パークには、かもめ!

この公園、どうやら、かもめの休憩所になっているようで。

IMG_7266s

この大群がすぐそばに!

かわいい。

IMG_0332s

えさやりをしている人もいました。

IMG_7235s

かもめは空中で止まることができるんですね。はじめて知りました。器用に空中で餌をキャッチしています。

IMG_7265s

間近でみるかもめは、とってもきれいで優雅。「かもめの水兵さん」の歌のかもめとお友達になれるかもしれません。

IMG_7277s

※日によっては集まっていない場合もあるかもしれませんが、こればかりはカモメ次第なのでそこはご了承ください。

新港パークには、松葉相撲

新港パークは、松が多い公園です。意外と横浜には少ない気がします。

IMG_0311s

そこで、松葉相撲をやってきました。

IMG_0338s

意外にはまり、延々と「強い松」を探すはめに。

IMG_0339s

一番強い松は12連勝!。

そのほか、トイレもきれいで。

IMG_0312s

すぐメインの大通り。

IMG_0367s

ということは、赤レンガ倉庫のすぐ近くです。お食事も万全です。

IMG_0386s

みなとみらいの穴場公園。「臨港パーク」穴場の理由は

とっても充実の公園ですが、あまり知られていません。

その一番の理由はおそらく、表通りから見えないこと。

スクリーンショット 2016-01-05 8.54.26

カップヌードルミュージアムから赤レンガ倉庫へ抜ける通りのすぐ真裏なんですね。

ものすごくメインの通りから近いのですが、一見あることがわかりません。

もうひとつは、名前がわかりにくいことかもしれないですね。

この記事のタイトルにもある「カップヌードルミュージアムパーク」が新港パークの正式名称(ネーミングライツで名づけられた名前)です。

また、近くには「臨港パーク」という似た名前の公園があるので、それもあり一層わかりにくくなっているかもしれないですね。

子供と行く横浜、休憩にぴったりの公園

地図にあるように、近くには赤レンガ倉庫。

IMG_0391s

シーバス「みなとみらい」停留所。

IMG_0363s

カップヌードルミュージアム。

などなどまさに中心地。

この場所で、お弁当やおやつを食べて、走り回って発散して。

次の場所への休憩にぴったりな、新港パーク(カップヌードルミュージアムパーク)でした。

 

新港パーク(カップヌードルミュージアムパーク)

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く