子育てサークルに行ってみました。

004_R

子どもが生まれるまで、幼稚園に行くまでは、公園で遊んだり、家の中でテレビを見たり、おもちゃで遊んだりしてるんだろうなあ?と漠然と思っていましたが、生まれてからビックリ。

すごく小さくても子どもは元気!

家の中でなんてずっと遊んでいてくれません。親はあちこち遊び場を探します。

そこで、子育てサークルというものはいかがでしょう。未就園児のお母さんたちが作っているサークルで、様々な特徴があり、探すといろいろあるんです。

001_R

今日お邪魔したのは、中区本牧にある本牧和田地域ケアプラザを中心に活動をしている「あひるの会」さん。

未就園児とその親御さんを対象に月に3回活動しているそうです。月に2回はケアプラザに集まって、工作をしたり、ミニ運動会やクリスマス会をしたり。

今日は新年初のサークルということで、お正月遊び、凧作りの工作を取材させてもらいました。

サークルの人数は現在22名で活動されているそうです。みんなが入ってくるとあいさつして名札をつけ自由に遊んでいます。

お当番のママの声がかかると、みんなで輪になってご挨拶のお歌。

そして工作に入ります。

蟄占ご縺ヲ繧オ繝シ繧ッ繝ォ縺ゅ・繧九・莨・002_R

材料はゴミ袋、ストローなど、家庭で用意できるものでした。これで凧ができちゃうんですね!これらのアイデアはお当番のママさんたちが、調べたりして考えているそうです。楽しそうですね。

蟄占ご縺ヲ繧オ繝シ繧ッ繝ォ縺ゅ・繧九・莨・003_R

蟄占ご縺ヲ繧オ繝シ繧ッ繝ォ縺ゅ・繧九・莨・004_R

月齢によってできることは違いますが、色を塗ったり、ペンで書いたり、ハサミを使える子もいました。そしてひたすら走って遊ぶ子も(笑)

主にママが作ることにはなりますが、それも気分転換になり楽しいとの声がありました。

同じくらいの年の子を持つママたちが月に3回集まるので、仲良くなりやすく、育児の悩みなども話せるようになるそうです。時に真剣に工作しながらもママたちの楽しそうな話し声が聞こえます。

蟄占ご縺ヲ繧オ繝シ繧ッ繝ォ縺ゅ・繧九・莨・005_R

蟄占ご縺ヲ繧オ繝シ繧ッ繝ォ縺ゅ・繧九・莨・006_R

出来上がった凧を持って走る子どもたち。とても嬉しそうです!!

翌週は、本牧市民公園まで行って凧上げをするそうです。外遊びも楽しそうですね。

蟄占ご縺ヲ繧オ繝シ繧ッ繝ォ縺ゅ・繧九・莨・007_R

今回は新年初のサークルということでお年玉が!ママから子供たちに手渡されました。中にはなにがはいっているかな?(子どもたちの好きなお菓子が入っていました)

蟄占ご縺ヲ繧オ繝シ繧ッ繝ォ縺ゅ・繧九・莨・008_R

「あひるの会」を、まとめている幹事の村田さんから一言いただきました。

『子供を遊ばせるための場としてだけではなく、ママ達の情報交換や交流を深める場としても楽しんでもらえてると思います。
今は2~3歳児が主に参加していますが、1歳に満たない赤ちゃんとの参加も大歓迎です。アットホームな雰囲気で活動しているのでママが楽しむつもりで遊びに来てみませんか?』

村田さんはパッチワークの講師の資格を持っていて、忙しい育児の合間の時間を上手に使って、現在は作品作りをしているそうです。今期は幹事さんもされているパワフルママさんです。

月に1回は遠足でケアプラザから外に出て公園でドングリ拾いをしたり、シャボン玉遊びを楽しんだり。

時には、アンパンマンミュージアムにみんなでアンパンマンに会いに行ったり、ぱくぱくパティシエでクッキー作りをしたりと、とても楽しそうな活動をしているそうですよ。

蟄占ご縺ヲ繧オ繝シ繧ッ繝ォ縺ゅ・繧九・莨・009

 

※編集部より 身近なところに、すてきな活動をされているサークルがあるのですね。一度地元のサークルなどを探してみるのもいいかもしれませんね。

 

http://www.yamabikonosato.jp/honmoku/ (本牧地域ケアプラザのHP)

あひるの会

活動日
第2、3、4火曜日 10:30~ 11:30
主に本牧和田地域ケアプラザにて

○年会費
親1000円、子供500円
任意でスポーツ保険にも入れます。

○対象
未就園児とその親

入会希望、お問い合わせは、あひるの会のメールアドレス
ahirunokai.honmokuwada@gmail.com
までお願いします。

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く