子連れでサッカー観戦、無理って思っていませんか?

サッカー好きのパパさん、ママさん。

最近、スタジアム行っていますか?

「子どもできてから、すっかり行かなくなっちゃったよなあ」という、あなた。

日産スタジアムなら、子連れで行けます、行っちゃいましょう!

R0001005-1

©Y.F.M

「いやいや、だってあんな人混み。しかも90分、無理でしょ子連れで!?」

はい、ご心配よく分かります。

でも、そこは我らが「横浜・F・マリノス」さん!

「子連れの方にも生で試合を楽しんで欲しい、楽しめるようにしたい」

実は、あの手、この手で色々工夫をしちゃってくれていたりするんです。

実際ベビーカーで来られている方も大勢いるんです。

いうことで、今回は横浜F・マリノスさんに、日産スタジアムなら子連れで大丈夫なポイント&裏ワザ6つ、聞いてきました。

気候のいい春は屋外のスポーツ観戦に一番の季節。しかも4月、5月は好カードが続きます。この機会にスタジアムに再デビュー、というか、子連れデビューしちゃいませんか?

日産スタジアム、子連れOKポイント&裏ワザ6

今回「あそびい」の質問に答えてくれるのは、横浜マリノス株式会社の水上さん。ご自身も7歳と5歳のお子さんがいらっしゃる、イクメン&イケメンの男性です。

編集部T「子どもが生まれると、なかなかスポーツを見に行ったりできないんですよ」

編集部T「サッカーは特に45分ハーフで長いので、子どもが飽きたらどうしようとか人混みで大変なのではとか・・・」

水上さん「ええ、そうなんですよね。」

「実は、お子さん連れに、おすすめの席があるんです」

編集部T「そうなんですか?さっそく教えてください!」

ポイント1:バックスタンド「E11」はファミリー推奨エリア!

水上さん「お子さん連れには、自由席がオススメです。試合中に自由に移動できますし、なにより良い席があるんです」

そう言って教えていただいたのがこちら、「E11」エリア。

IMG_6604_R

©Y.F.M

スライド1

「ここは入り口からちょっと遠い分、穴場でして、そんなに混むことがないんです。ファミリー推奨エリアと呼んでいます」

「へー、ファミリー推奨なんて場所があるんですね!」

P1100258

©Y.F.M

はい。そして、ハーフタイムまでは再入場も可能ですので、お席を確保されたら、一旦スタジアムの外に出るのも大丈夫ですよ」

なるほど。席にずっと座っていなくてもいいのは、子連れにはとってもありがたいですね。

IMG_6720_R

©Y.F.M

「あと、スタジアムって言うと、試合中ずっと立って応援しないといけないというイメージを持たれている方もいらっしゃるんですが、ここだと落ち着いて座って試合を見ることができるんです」

「確かに。フラッグとかもなくて、ちょっと落ち着いていますね」

IMG_6620_R1

©Y.F.M

前後の座席の間隔もそんなに狭くなくて、これなら子どもを膝上に乗せていても大丈夫そうです。

IMG_6859_R

©Y.F.M

「そして、このエリアはゴールが近いので、ゴール前の攻防は迫力があるんですよ」

IMG_6889_R

©Y.F.M

おお、競り合っていますね~。

「それに、アウェイ側にも近いので、応援合戦も見応えがあります」

IMG_6777_R

©Y.F.M

確かに、すごい迫力。アウェイ側の応援団はユニフォームが違うから子どもにもわかりやすいです。

IMG_6732

©Y.F.M

もちろん、マリノス側の応援もしっかり見られます。

ちゃんと試合も見られて、しかも子どもにもやさしい。こんな場所があったんですね。

ポイント2:飽きた時は、必殺ふわふわ!

編集部T「とは言え、試合は90分。子どもには長いんですよね・・・」

IMG_6715_R

©Y.F.M

「はい、そういうご意見はすごく多いです。なので、作っちゃいました、あれ。」

「あれ? おお、なんと!」

ふわふわ遊具です。しかもグラウンドレベルにあります。

「これ、いいですね。っていうか、いいんですか!?」

「ええ、このふわふわ遊具は、お子さんに大人気なんです。もちろん、試合中でも、ご利用していただけます」

IMG_6610_R

©Y.F.M

「えっ、試合中もですか?!」

「はい、お子さんが飽きてきたりした時の気分転換になりますよ」

試合中も楽しめるなんて、これは嬉しいです。しかもグラウンドレベルに下りられるなんて、子どもずるい!

サッカーの45分ハーフは、正直、小さいお子さんにとっては少し長い面もあります。でもこうした工夫があるととても心強いですね。

実際、試合中には列ができるほど、子どもに人気でした。

ポイント3:赤ちゃん休憩室に託児室もある

水上さん「日産スタジアムには、赤ちゃん休憩室もあるんです。もちろん、試合中も利用できますよ」

ここが、赤ちゃん休憩室。

IMG_6656_R

©Y.F.M

「こんな施設もあったんですね」

「はい。ミルク用のお湯や、おむつ交換用のベッド、授乳スペースもご用意しています」

IMG_6658_R

©Y.F.M

「それに、テレビもあるんですね」

「試合の様子を映しています。親御さんが試合途中でもサッカーも楽しめるようになっているんです」

なるほど!試合途中に来ても、ママやパパも試合を楽しめるようになっているんですね。

ph_2016-nursery01_1

「今シーズンからは、託児室も開設することにしました」

「事前のご予約が必要ですが、1歳のお子さんからお預かりすることができます」

これはお子さんがまだ小さいパパさん・ママさんには使えるサービスですね。

2015-11-22 13.16.58_R

©Y.F.M

「ベビーカーでいらっしゃる方も多いんですよ」

「ベビーカーは、ゲートで係員が預かるようにしていますので、試合中もご安心いただけると思います」

ポイント4:お食事はハーフタイムよりちょっと前に買いに来る

編集部T「お店もたくさんあるじゃないですか」

2015-11-22 13.14.31

©Y.F.M

「こちらでお食事を買って、お席で食べることもできますよ」

「そうなんですね。お弁当どうしようかというのも悩むんですよ。これだけお店があると安心ですね」

「あ、でも、ハーフタイムは混み合います。ですからお子さん連れでしたら、ハーフタイムの少し前にあらかじめ買っておくか、お弁当持参などもおすすめです」

なるほど、確かにそうですね。これは裏ワザいいことを聞きました。

IMG_6603_R

©Y.F.M

「F・マリノスグッズのお店も人気なんですよ」

「お弁当と一緒に、空いている時間に応援グッズを買って、お子さんと盛り上がっていただくこともできます」

「おっとこれもいいですね!思わず中村選手のタオル買ってしまいました(笑)」

ポイント5:試合までと、試合後はここで過ごす

「試合って、2時間ですよね」

「はい、だいたいはそのくらいですね」

試合の前と後が結構困るんですよね。1日遊べると助かるんですが」

「そうなんですね。試合前は、トリコロールランドというイベントをやっています。広場に屋台が出るんですよ」

試合前のオススメは、トリコロールランド

IMG_6670

©Y.F.M

IMG_6692_R

©Y.F.M

「あ、見たことあります。あれは試合の日にやっているんですね」

P1100246-1024x768

©Y.F.M

P1100205-1024x768

©Y.F.M

「はい。ステージイベントや、サッカーゲームもあります」

「ここは、試合を見に来られる方以外でも、自由に楽しんでいただけます」

IMG_6631_R

©Y.F.M

IMG_6695

©Y.F.M

「こちらのふわふわは、どなたでも無料でご利用いただけるんですよ」

「無料ですか!?」

試合を見に来ない人でも無料って、マリノスさん太っ腹です。

試合後のオススメは、新横浜公園

「試合の帰りにオススメなのが、スタジアムの隣にある新横浜公園です」

「なるほど。ものすごく広い公園ですね。あそびいでも取材したことがあります」

IMG_3754

新横浜公園は、自転車の練習や、バスケットボールもできる充実の公園。

広い芝生の広場が特徴です。

IMG_3740

「この公園に立ち寄ると、もっと楽しめます」

「確かにそうですね。見るだけでなく、走り回ったり。サッカーをしたり、新横浜公園に行けば、元気な動きたいお子さんでも大丈夫ですね」

IMG_4453-1024x562

「サッカーボールの形をした大型遊具も人気なんですよ」

「これはいいですね。動き回りたくなったらピッタリです」

【関連】新横浜公園の、バスケットボールとスケートボード、自転車練習の穴場に行ってきました [港北区]

ポイント6:アクセスも大丈夫

「アクセスはどうすればいいですか?」

「日産スタジアムの駐車場は台数が少ないので、やはり公共交通機関でのアクセスをおすすめします」

「お子さん連れでしたら、市営地下鉄 新横浜駅の8番出口が一番楽かと思います」

IMG_6574_R

「ベビーカーでも大丈夫ですか?」

「はい、駅にはエレベーターもありますし、途中は公園や川沿いを抜ける道ですので、フラットでとても気持ちがいいですよ」

IMG_6583_R

「確かに、この途中の公園がいいですよね。遊具もあって、気分も変わります」

2015-11-22 16.05.31_R

「新横浜駅からは徒歩で10分強ですが、いくつかのルートがあって人が分散するので、混雑して人に押されるというようなことはありません」

2015-11-22 16.15.11_R

なるほど。行き帰りの道中も、そこまでの混雑がないんですね。これは安心です。

2015-11-22 16.07.05_R

「途中には、コーヒー屋さんやコンビニもありますので、帰り道に休憩もできると思います」

いや、水上さん。さすがイクメンのイケメンです。

子連れ目線のポイントをしっかりとお答えくださいました。どうもありがとうございました。

その他のご注意

さて、上で触れたもの以外に、実際に子連れで観戦に行ってみた「あそびい」から、ちょっとした子連れでのご注意です。

1)入場の列

IMG_6713_R

©Y.F.M

「E11」エリアはあまり混雑しないので、席取りのためにそんなに急いでスタジアムに入る必要はありません。とは言え、開門時には人が並びます。正直、ちょっと歩きます。

でも、ここはお子さんががぐずっても、「もうすぐサッカーが見れるよ~」と頑張ってこらえさせましょう!

2)時間つぶしを持って行くと、さらに安心

試合中は、ふわふわもありますが、さすがに何回も行くと飽きることがあるかもしれません。

お菓子や座って時間がつぶせる何かを一応持って行っておくと、さらに安心です。

3)飲み物は持参、食事は済ませてから

197464

記事中にもありましたが、スタジアム内のお店は混むこともありますので、お子さんのお茶などはご持参されることをオススメします(スタジアム内に自動販売機はほとんどありません)。

また、キックオフの時間は午後が多いので、お昼ご飯は、記事にあるトリコロールランドなどで済ませてから、入場されることをオススメします。

IMG_6597_R

©Y.F.M

ちなみに、スタジアム内のトイレは台数が多いです。ただ、ハーフタイムにはやはり混雑しますので、少しずらして行かれるなどご注意ください。

IMG_6598

©Y.F.M

おむつ交換台もありました。

子連れでサッカー行っちゃいましょう!

IMG_2785

©Y.F.M

「あそびい」が、実際にスタジアムでサッカーを見て感じたことは、地元で、気軽に高揚感を味わえるということ。それも子どもと一緒に。

わざわざ遠くまで出かけて行かなくても、地下鉄で行ける横浜市内で、ちょっとした非日常体験があったなんて、と思いました。

少しでもサッカーに興味があるパパさん、ママさん、お子さんには、ぜひ一度体験されることをオススメします。

「E11エリア自由席、飽きたらふわふわ、赤ちゃん休憩室、早めの食事と飲み物持参、行きはトリコロールランド、帰りは新横浜公園、地下鉄なら8番出口」

6つのポイントと裏ワザで、春の子連れ観戦デビュー、いかがでしょうか?

 

*あそびい横浜は、地元密着で子育てファミリーに優しい横浜F・マリノスを応援します。

 

top

横浜F・マリノス 公式ホームページ

日産スタジアム

所在地
港北区小机町3300

交通案内
市営地下鉄ブルーライン「新横浜駅」徒歩12分
JR横浜線「新横浜駅」徒歩14分

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く