小学校1年生の我が子が、お手伝いカードのマークが貯まったから、ごほうび欲しい、と言い出したので、一緒に近所のショッピングモールの中にある、駄菓子屋さんへ行くことに。

ただ買うだけじゃ楽しくない、ってことで、もう足し算もできるんだし、ここは初めての「お買い物ゲーム」をしてみよう!っていうことになりました。

100円渡して、超えないように好きなお菓子を選んでおいで、という、まあよくあるゲームですね。

|いきなり挫折。。。

もう、1ケタの足し算はできるから、「10円+20円=30円」ぐらいの計算は大丈夫なはず、だったんですが。

なに、この1円単位の値段!? 消費税の影響?

2015-07-05 13.51.53

子「よんじゅうろくえん、たす、ろくじゅうごえんは・・・えーできない~!」

そうですね、はい。

2ケタの足し算、しかも繰り上げあり、なんてまだ習ってないよな。

それに、意外とお菓子高い。100円じゃ2つも買えない。。。

お父さんの昭和の感覚じゃダメなんですね。 orz

|予算増額

そこで、予算を200円に倍増 (ま、夏のボーナスも出たし・・・違)。

足し算担当はお父さん。計算結果を子どもに伝える、というルールに変更しまして、再度挑戦!

子「じゃあ、足してね。46+33+69は?」

父「えーと、、、、138? あれ、148かな・・・????」

orz

本日2回目の挫折。

お父さん、これでも小学生の頃は暗算得意だったんだけどな・・・

なんか、いきなり悲しくなることばかりですが、ジャン!

2015-07-05 13.57.37_R

いいんです。時代は情報化。使えるものは使いましょう。(恥)

 

さて、3度目の正直でようやく、お買い物ゲームスタートしました。

子「えーと、これとこれとこれ。いくら?」

父「156円。残り44円~。」

子「あ、これも欲しいけど、えーと、65円だから足りな~い。じゃあ、これ戻す~。」

と、何度か入れたり、戻したりを繰り返す我が子。

意外と優柔不断だな、誰に似た?と、父は余計なことを思いながら、ゲームは進みます。

2015-07-05 13.55.23_R

途中、同じ小学校の2年生の子と会って、一番安いお菓子は11円と教えてもらったり、

値札のついていないお菓子の値段を店員さんに尋ねに行ったり、

予想外のコミュニケーション能力も鍛えながら、ゲーム終了!

2015-07-05 14.47.55_R

レジで精算して、100円玉二枚を店員さんに渡し、お釣りをもらう我が子。

結局、ゲットしたお菓子は全部で5つ、196円なり、でした。

 

休日の昼下がりに、意外と盛り上がった初めてのお買い物ゲーム。

想像以上に父子のコミュニケーションになりました。

最近スーパーの中でも駄菓子コーナーをよく見かけるので、機会があれば、またやるのもありかなと思っています。