PASMOで子供の乗車確認 東急のサービスが市営地下鉄でも

001_ekids

入学シーズンで、新しく電車で通うお子さんが増えています。そんなとき親だったら、

子どもがちゃんと電車に乗ったのかな?ちゃんと学校に行ったかな?なんて不安になりますよね。

002_pasmo

東急線では子どもがPASMOを利用して東急線の駅自動改札を通過すると、保護者の携帯電話に通過情報が送られてくる「エキッズ」というサービスを展開しています。

この「エキッズ」の拡大版「キッズプラス」が横浜市営地下鉄のいくつか駅には設置されていて、お子さんがこの端末にPASMOをかざすところで同じようにサービスをうけられます。

昨年からは東急バスでもサービスが始まっていて、今注目のサービスです。

4月からは「キッズプラス」端末が増加

004_tanmatsu

そして4月からは「キッズプラス」端末が設置される市営地下鉄駅が増加しました。

新しく設置されたのは新羽駅・中川駅・日吉本町駅・高田駅・東山田駅の5駅

これまで市営地下鉄では、あざみ野駅・センター北駅・センター南駅・仲町台駅・新横浜駅・横浜駅・桜木町駅・関内駅・阪東橋駅・蒔田駅・上大岡駅・戸塚駅・日吉駅・北山田駅の14駅に設置されていました。

子どもをもつ親としてはこうしたサービスは安心ですよね。

最近では急な天候変化や災害、事故、犯罪が増えていて子どもの周りに不安なことが多いです。

これからもサービスが広がって、そうしたものから子どもたちを守れる社会になればと思います。

【公式ホームページ】子ども見守りサービス(エキッズ)

利用料金
月額500円(税別)