横浜市こども植物園・横浜市児童遊園地:隣り合った施設で、植物園と遊具を楽しめる

hodogaya3

保土ヶ谷区権太坂の近くに横浜市こども植物園と横浜市児童遊園地があります。(権太坂は駅伝の難所で有名ですね)

隣り合った二つの施設。

子供と一緒に植物の観察をしたり、公園で遊んだり1日過ごせるスポットです!

横浜市こども植物園

hodogaya1

こども植物園は昭和54年、子供たちに植物に接し自然に親しみながら植物の知識を深め、緑を守る思いやりのある心を培ってもらおうという目的で開園されました。

hodogaya2

ただいまバラが満開を迎えており園中が芳しい香りに包まれています。なかでも、横浜の未来の発展を願って名前がつけられた『はまみらい』はサーモンピンクの大輪でとても良い香りがします。

hodogaya3

hodogaya4

また、子供たちが植物の知識を深められるように園内にはいたるところにクイズが設置されています。

hodogaya5

散策しながら親子でクイズを解いていくのも楽しいですね。

hodogaya6

もうひとつの楽しみは野鳥の声です。じっと耳をすますと何種類もの鳥の声が聞こえてきます。

hodogaya7

展示室をのぞいてみるとこんなふうにシジュウカラ・ヤマガラの巣やカラスの巣を見ることができます。こちらは園内で見つかった鳥たちの巣だそうです。

hodogaya8

最後に、ふだん家の近くでは見られないような大きな木を子供たちにぜひ見せてあげてください。

hodogaya9

横浜市名木古木指定のクスノキ。

hodogaya10

若葉がまぶしいメタセコイア。

hodogaya11

hodogaya12

ずーっと昔からこの場所に立っていることに思いをはせる・・・そんなのんびりとした時間を過ごせます。

横浜市児童遊園地

さて、植物園の次は隣接する児童遊園地に遊びに行きませんか?遊園地という名前がついていますがこちらは緑たっぷりの気持ちのいい公園です。

hodogaya13

公園の中央には池があり、釣りや水辺の生物の観察など楽しむことができます。

hodogaya15

カメの甲羅干しも見ることができました!

hodogaya16

遊具エリアもあります。こちらは未就園児から小学生まで楽しく遊べる遊具がそろっています。

hodogaya17

hodogaya18

近くには1年中入れる保土ヶ谷プールがあるので、プールで泳いでから遊具で遊ぶ子供たちもたくさんいて賑やかです。

hodohaya19

植物園に遊具やプール、公園散策などなどもりだくさんの1日を過ごせるオススメスポットです。

【公式ホームページ】横浜市こども植物園・横浜市児童遊園地

横浜市こども植物園・横浜市児童遊園地

所在地
こども植物園 : 横浜市南区六ツ川3-122 / 横浜市児童遊園地 : 横浜市保土ヶ谷区狩場町213

電話番号
045-741-1015

入園料 無料
交通 JR保土ケ谷駅等より市営・神奈中バス「児童遊園地入口」下車。
駐車場 あり
(料金:30分100円 以降30分:100円 営業時間:24時間、収容台数:50台)

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く