みずてっぽうに、陶芸、デコパージュも!元町のギャラリーで夏のワークショップ開催[7月30日、8月6日他 石川町]

この落ち着いた雰囲気のギャラリー・フーは、実はお子様大歓迎のギャラリーです。

galleryfu001

お子様OKなら・・・ママもちょっと入ってみたくなりますよね?!

このギャラリー・フーで夏休み期間中ワークショップフェスティバルが開催されるとのこと。一味違った体験ができるのではないか?と内容を伺ってみました。夏休みの作品として学校へも持って行けそうですよ。

みずてっぽうアート体験「みずてっぽうで絵を描こう!」

このギャラリーで7月22日~31日まで開催の『關口 佳明展 –Water work2016–』、この美術家さんの表現技法を直接教えてもらえるという、なかなかできない体験ができるそうです。

絵具を塗った画面を、みずてっぽうを使って落としていくという技法。これは楽しそうですね!

【日時】7月29日(金)、30日(土) 14:00~16:00

※7月29日は満席とのことです。

【参加費】1,500円(材料費込)

【定員】各日6名

【対象】小学生以上~大人(小学生は保護者同伴)

【講師】關口 佳明(現代美術家)

陶芸体験「粘土とガラスのプレートをつくろう!」

galleryfu002

陶芸用の粘土をのして切って淵をつくり、砕いたガラスをのせて、オリジナルのキラキラプレートをデザイン。(焼き上がりは1ヶ月後となります。)自分だけのずっと使える小物を作りたくなりますね!

【日時】8月6日(土) 14:00~16:00

8月7日(日) 10:00~12:00、14:00~16:00

※8月7日は10:00~も14:00~も満席。

【参加費】2,000円(材料費、焼成代込)

【定員】各回10名

【対象】小学生以上~大人(小学生は保護者同伴)

【講師】末木 愛、佐藤 愛子(横浜国立大学人間教育学部OB)

和紙アート体験

クワ科の落葉低木コウゾからとった繊維をつかって、紙すきで描く和紙アート。お子さんは紙すきを手にしただけでもワクワクしそう!どんなアートが生まれるでしょうか?!

A)「紙すきで絵を描こう!」

galleryfu003

galleryfu003new

ひもで輪郭を縁取りした中に、染色したコウゾの繊維(和紙素材)を流し込み絵や模様を描いていきます。

B)「和紙でブックカバーをつくろう!」

galleryfu004

紙すきで文庫サイズのブックカバーを作ります。

申し込みの際にAまたはBを選んでください。

【日時】8月20日(土)、21日(日) 10:00~12:00、13:30~15:30 (各日2回)

【参加費】1,500円(材料費込)

【定員】各回10名(A+B)

【対象】小学生以上~大人(小学生は保護者同伴)

【講師】日本和紙造形研究所

デコパージュ体験

最近おしゃれママに人気のデコパージュ。日常使いの小物に素敵なイラストを施します!イラストに使うのは、なんとペーパーナプキン。一度教えてもらったら身の回りの小物をどんどんかわいくアレンジしたくなりますね!

A)シューズにデコパージュ
B)パスケースにデコパージュ

galleryfu005

申し込みの際にAまたはBを選んでください。

【日時】8月27日(土)、28日(日) 10:00~12:00、13:30~15:30 (各日2回)

【参加費】1,500円(材料費込、シューズのみ持参)

シューズは白い綿のキャンパスシューズを持参してください。

【定員】各回10名(A+B)

【対象】小学生以上~大人(小学生は保護者同伴)

【講師】田中 記代子(アクセサリー作家、講師/BONBONS主宰)

お申し込みと詳細はこちらより

ワークショップ詳細、お申し込み方法はこちらをご覧ください。

定員に達し次第、募集は終了となるのでご注意ください。

ギャラリー・フー 詳細・お申し込み

直接メールはこちら:gcfu.ws@gmail.com

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワークショップが終わった後は隣接のカフェ・フーでゆっくりお茶を飲むのもよいですね。なんと、一部メニューにお子さま料金の設定が。素敵な心遣い、嬉しいですね!

一歩外へ出たら元町商店街。お食事やお買い物を楽しんで、満足感たっぷりのおしゃれな街での一日となりそうです。

ギャラリー・フー(gallery fu)

所在地
横浜市中区石川町1-31-9

電話番号
070-6429-8597