クィーンの塔の内部が一般公開。 8月11日(祝・山の日) 10時から。事前予約不要

IMG_4127

横浜三塔 といえば、お土産品にもなっている横浜の名所。


参考サイト:アマゾン:横浜お土産で有名な「横浜三塔物語」

その中でも優美なシルエットの通称「クィーンの塔」が一般公開されます。

「クィーンの塔」の正体は?

2016-08-01 8.05.37

「クィーンの塔」の正体は、なんと横浜税関

今回本関庁舎の一部を「親子で学ぼう!クィーンの塔」イベントとして公開するそうです。

通常は「横浜税関資料展示室」として公開もされています。

遠目にはよく見る有名な建物ですが、中に入ることができるんですね。入り口のカスタムくんが目印です。

2016-08-01 8.46.05

今回、公開されるのは

2016-08-01 8.22.48

7階ロビー

横浜港を一望することができます。

2 3階保存室 昭和9年の創建当時に復元された、

マッカーサー元帥も執務したと言われている

旧税関長室他3室をご覧いただけます。

公式ホームページより

歴史に興味ので出てきたお子さんや自由研究にもぴったり。

横浜には他にも開講の歴史を知る博物館など、様々な博物館があります。

2016-08-01 8.05.37

【関連】涼しい!横浜の博物館10選。全部一度に歩ける距離にあります。小学生向け自由研究のテーマ付き [2016年 みなとみらい]

どれも近い距離にあるので、合わせて巡るのも楽しそう。

屋内施設なので、入館すれば暑さも和らぎ、小学生なら自由研究にもいいですね。

公式パンフレット(PDFファイル)はこちらです

 

【公式ホームページ】資料展示室「クイーンのひろば」の見学

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く