「はじめてのキャンプ」~あそびい横浜~おうちで遊ぶ絵本の本棚(小学生)

camp1

【ストーリー】

なほちゃんはちっちゃい女の子。大きい子たちのキャンプに「わたしもいく!」と言い張り一緒に行くことになりました。

荷物は重かったけれど頑張りました!川に落っこちてぬれちゃっても頑張りました!

さて、夜になりキャンプファイヤーや花火を楽しんだあとはテントの中で怖~い話。お話が終わってみんなが眠りについてもなほちゃんはなかなか眠れません。

そして、おしっこに行きたくなってしまったなほちゃん。誰も起きていないので勇気をふりしぼって一人でテントの外へ!

なほちゃんが勇気いっぱいにはじめてのキャンプで一晩過ごす物語です。

【絵本から読みものへ】

camp2

子供が絵本から読みものへスムーズに移行できない理由のひとつとして、絵本は横に読むのに対して、物語本は縦書きです。そのため上から下へ読むということに慣れていないので読書行為自体につまずいてしまうと言われています。

さて、こちらの「はじめてのキャンプ」はボリュームのある読みものではありますが、嬉しいことに横書きで書かれています。挿絵もたっぷりです!

絵本から読みものへ移行期のお子さんにぴったりの1冊で、とってもオススメです。

【キャンプへ行きたくなっちゃう!】

camp3

冷たい川の水、まき拾い、飯盒炊飯、キャンプファイヤー、花火、流れ星・・・。

なほちゃんが経験したちょっと背伸びしたすてきなキャンプ。

等身大の女の子が頑張ってる物語はきっとお子さんにも勇気をくれるはずです。

そして、自分でもやってみたいな!キャンプ行きたいな!なんて感想がもらえたら嬉しいですね。

せっかくなので、「はじめてのキャンプ」を読んだあとは親子でキャンプの計画を立ててみてはいかがですか?

はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)

参考商品リンク:アマゾン