「おばけのはなし」~あそびい横浜~おうちで遊ぶ絵本の本棚(小学生)

obake1

ストーリー

語り継いでいきたい昔のおばけの話。

のっぺらぼう ひとつ目こぞう ばいろんばけもの ばけものたいじ

かっぱのいずみ 糸ぐるまの女 こめくわぬよめさん ばけねこおどり 目なしゆうれい

の9編が収められています。

子供が大好きな話

obake2

子供にどんなお話が好きか聞いてみると、もちろん「面白い話」という答えが返ってきますがその次に「怖い話」。

そう、子供たちは面白い話と同じくらい怖い話も好きなんですね。

さて、近年は妖怪が大ブーム!!子供たちは妖怪やおばけが大好きです。

しかし、ブームとはいえ実はあまり知られていないのがのっぺらぼうやひとつ目こぞうなど昔から語られているおばけの話。この機会に古典的なおばけの話に触れてもらうのもいいですね。

挿し絵たっぷりで読みやすい!

obake3

カラー挿し絵もたっぷり。字も大きくて自分で読みたいお子さんにはとても読みやすい本です。

おばけの話ですから読んでヒヤっとしたりゾッとしたりもしますがヒサクニヒコさんの絵にはユーモアがあって怖さがやわらぎます。怖いけど面白い本を読みたい小学生のお子さんにはぴったりです。

昔はおじいさんやおばあさんが語り継いだお話が最近は減ってきていると言われています。あえてむかし話の本を選んでみるのも面白いかもしれません。

おばけのはなし (1) (寺村輝夫のむかし話)

参考商品リンク:アマゾン