本気のアスレチックが市内で

森の中で本格的なアスレチックが、しかも横浜市内で楽しめるということで、小学生の息子とお出かけしてきました。

R0002000_R

場所は緑区の長津田。

電車で行くと東急田園都市線「すずかけ台駅」または「つくしの駅」より徒歩で約15分。
駅から少し距離がありますが、歩道が広めなので、危険を感じず到着できます。

R0001904_R

車だと国道246号線沿いになります。東名横浜町田IC近くで、この黄色い看板の上がっているところですね。
ただ、休日は駐車場が混みますので、早めの到着がオススメです。

広い、多い!

入口でお金を払って中に入ると、外の車どおりが多い風景とは一転して森の中です。

R0001909

場内は4つのエリアに分かれていて、合計50ものアスレチック遊具が設置されています。

R0001912_R

それぞれに番号がついていて、無事に制覇できたら点数をつけていくのですが、50全部を順番にやっていくのは、かなり体力と腕に自信がある子供だけだなという感じ。

R0001915

とにかく、どれも本格的な本気のものなので、まずは、気に入ったもの、できそうなものをつまみ食い的に楽しむのがいいかと思います。

R0001929_R

大人でも(大人だから?)難しいものも多いです。

R0002002_R

とは言え、小学生未満の子供もたくさん来ていて、パパ・ママに助けてもらいながら、チャレンジしていました。

子供の手を取り足を取り、親子のきずなを確かめるのにいいと思いますよ!

一番人気は池!

ここではとても全てをご紹介できないので、子供が気に入っていたものをいくつか選んでご紹介します。

やっぱり人気だったのはここ。

R0001934_R

池の上を行くセカンドステージです。

池の上をロープだけで渡っていくものや、ロープに丸太がついた吊り橋、丸太だけの橋、桶に乗って池をわたるというものがあります。

R0001950_R

ここで我が子は見事に池に落ちましたが、落ちないようにするというよりは、落ちるのが前提みたいな感じで、子供はみんなずぶぬれになって楽しんでいました。

R0001941_R

隣の池にはこんな水車の形をしたものもありました。

4

池の水はお世辞にもきれいとは言えませんが、深さは子どもの膝ぐらいで浅いので、その意味では落ちても大丈夫です。

R0001969_R

池の横に、小さな水道が2個あって、手足を洗えるようになっていました。落ちると泥まみれになるので、こちらは便利というかないと困ります(笑)。

タオルと着替えは必需品です!

斜面もすごい

池以上にスリルがあったのがこちら。

R0001994_R

写真で見ると、滑り台が布になっただけに見えるのですが、実際は結構な高さと角度があるので、降りられずに尻込みしてしまう子供もいました。

R0001998_R1

こちらは「アリジゴク」というもの。

R0001993_R

すり鉢状の斜面をかけのぼります。斜面の緩いところもあるので、幼児のお子さんもいっぱい楽しんでいました。

R0002008_R

定番のターザンロープもありました。

あと子供たちに人気だったのは、入口を入ってすぐにある「トムソーヤ」。

R0001910_R

こちらはアスレチックではなく、大型遊具という感じです。

7

こちらにも「フリーフォール」という滑り台があって、角度ももちろんですが、斜面にあるので、すごい高さにあるように感じるようで、ここでも座り込んで動けず泣き出してしまう子どもがいました。^^;

10

他にも、ここでは紹介しきれないアスレチックが数多くありますので、普通の公園では味わえない、スリルや運動をしたい方はぜひ、行ってみてください。

R00019316

入園料も、大人800円、中学生・高校生700円、小学生・3才以上の幼児500円と、そこまで高くはないです。
※しかも2016年中は「開園40周年記念」ということで、40歳以上の大人が300円引きだそうです。

2016-05-21 14.36.23

木がたくさんある森の中なので、日差しがある日でも涼しいですよ。

持ち物、その他注意など

・着替え:

必ず池に落ちるという前提で、子供の着替えは最低1組、できれば2組持って行くと安心です。池に行かなくても土まみれになります。

大人も本気でやるなら着替えがあった方がよいと思います。(休憩所にシャワー室もあります)

・バンドエイド、消毒液:

確実に転んだり、落ちたりします。アスレチックでは大丈夫でも、場内は切り株や根っこがいたるところに出ているので、そこで転ぶ子も多いです。事前に準備していきましょう。

・トイレ:

トイレ、水道は、各所にありますが、ちょっと狭く小さいです。

R0001970_R

入口の休憩所のものは比較的広く洋式もありますので、こちらで済ませておくのが安全です。

・飲み物:

場内には水飲み場がなく、水道があっても井戸水だったりしますので、お茶やお水は必携です。
忘れた時には、隣にセブンイレブンもあります。

・その他:

大人でも滑ったり転んだりすることが多いので、赤ちゃんをおんぶや抱っこして、上の子についていくのは、無理があると思います。
高学年や中高生と、乳幼児で行くのは問題はないと思いますが、小学校低学年と乳幼児連れでいくのは、あまりオススメできないと思います。

・食事:

場内にはバーベキュー場もあります。

R0001987_R

予約制ですが、炭や鉄板もセットになって1日1テーブル1,800円とリーズナブルですので、食材を持ち込んでこちらを利用するのもありだと思います。

実際多くの方がここで盛り上がっていました。
※食材の予約もすることができます。

公園とは違うスリルをいかがでしょうか?

普通の公園の遊具にはない感覚が味わえる本気のアスレチック。

R0001950_R

R0001998_R1

ちょっとドキドキもしますが、一度体験されてみるのはいかがでしょうか?

 

フィールドアスレチック 横浜つくし野コース

フィールドアスレチック 横浜つくし野コース

所在地
横浜市緑区長津田町4191

営業時間
9:00 から 17:00

定休日
年末年始(12/29~1/3)、ただし天候により臨時休園の場合あり

交通案内
・東急田園都市線「すずかけ台駅」または「つくしの駅」より徒歩約15分
・駐車場(250台):無料(ただし、GW期間中は500円/1台)
休日/祝日は、駐車スペースにゆとりがありません。お車以外でのご来園をおすすめします。