横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 210万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 210万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

  • 雨の日
  • 屋内施設
  • ハロウィン

市民の森で「森のサーカス公演」 事前申込不要[5月14日 緑区 鴨居]

70536

【5/12更新情報】13日(土)は雨天の予報となったため、森のサーカスは14日(日)に1回目=13時〜、2回目=15時30分〜の開催となりました。これに伴い、竹の楽器作りワークショップとサーカスワークショップは中止となりました。当日朝に情報更新されるようなので、主催者のホームページをご確認ください。

【公式情報】森のサーカス

このフィールドは空のままにしてください。

森の新しい楽しみ方をアーティストが提案

横浜市緑区にある鴨居原市民の森で5月13日(土)、「森のサーカス~不思議ないきものが踊る、初夏の森へようこそ~」が開催されます。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

これは緑区役所が主催するイベントで、現在横浜市内で開催中の「第33回全国都市緑化よこはまフェア」の連携イベントとして企画されました。

_mg_0130-16

前回のイベントの様子

アーティストが創り出す新たな森の楽しみ方を子供たちに体験してもらい、子供たちが身近な場所でアートに触れ合う機会を提供することを目的としています。

事前申込不要・参加無料なので、気軽に参加できますね。

森の中でサーカス公演と楽器作りを楽しむ

主催者によると、

古来より、森や林には精霊がいると伝えられています。
花の精、竹の精、あらゆる植物の精。
彼らは葉っぱや幹の影に隠れひそみ、じっと人間の動きを見つめ、森を守ってくれています。

初夏の鴨居。
市民の森に、その精霊たちがむくむくと現れます。
自然の虫や鳥たちも見つめるなか、踊り出す精霊たち。
地元区民と結成する楽団が音楽を奏でます。

とのこと。

l1120163

前回のイベントの様子

アーティストやパフォーマーが自然の森を舞台に、パントマイムやエアリアル(空中演技)を披露してくれます。

l1120167

前回のイベントの様子

_mg_0153-29

前回のイベントの様子

あわせてこのサーカスの音楽演奏で使う楽器を、鴨居原市民の森の竹を使って作るワークショップも開催(鴨居原市民の森愛護会主催)。作った楽器で、サーカス公演中の音楽演奏に参加することもできるようですよ。

翌日の5月14日(日)には、横浜市立鴨居小学校体育館に場所を移して、サーカス出演者とともにパントマイムやエアリアルに挑戦する「サーカスワークショップ」も開催予定。きっと楽しいサーカス公演を見たら、自分でもやってみたくなってしまうのが子供。この機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

鴨居原市民の森へは鴨居駅からバスで

鴨居原市民の森へはJR横浜線鴨居駅から市営・神奈中バス56系統・119系統、中山駅から神奈中バス1系統「竹山団地入口」下車5分。鴨居小学校へは鴨居駅南口から徒歩約5分です。

13日が雨の場合は14日の順延。開催場所は前日の12日・13日に緑区役所のページでお知らせがあるようなので確認しましょう。

鴨居原市民の森はこちらGoogleマップを開く

森のサーカス~不思議ないきものが踊る、初夏の森へようこそ~

竹の楽器作りワークショップ
開催日時:2017年5月13日(土)、1回目=11時〜12時/2回目=14時〜15時
会場:鴨居原市民の森 北地区
料金:無料
申込:不要(各開催時間に集合)

サーカス公演
開催日時:2017年5月13日(土)、1回目=13時〜/2回目=15時〜(各回約30分)
会場:鴨居原市民の森 北地区
料金:無料
申込:不要(各開催時間に集合)

サーカスワークショップ
開催日時:2017年5月14日(日)、1回目=13時〜14時30分/2回目=15時〜16時30分
会場:横浜市立鴨居小学校体育館
対象:5歳以上(小学3年生以下は保護者同伴)
定員:各回15人
持ち物:飲み物、室内用シューズ、運動できる服装
料金:無料
申込:不要(各開催時間に集合)

【公式情報】森のサーカス



Sponsored Link



ぜひご協力ください!
  • 記事について、上記のいいねクリックをぜひよろしくお願いします。大変励みになります。
  • あそびい横浜を見てきたとイベントや施設でのアンケートなどにぜひご記載・お伝えください。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。