横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 180万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 180万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

  • プール
  • 夏まつり
  • 雨の日

沢渡中央公園:横浜駅西口から近い子供と気分転換できる公園。沢渡中央公園と、横浜市民防災センターまで実は徒歩10分! [横浜西口]

2974

沢渡中央公園:横浜駅西口から近い子供と気分転換できる公園。沢渡中央公園と、横浜市民防災センターまで実は徒歩10分! [横浜西口]

横浜西口(横浜駅西口)といえば、子供と子連れでアクセスしやすい。

お買い物に、お食事に、ママ会にととっても便利。

ところが、公園などがなくお休みしづらい・・?ということで、探してきました。横浜西口から徒歩10分!沢渡中央公園(さわたりちゅうおうこうえん)です。

そして沢渡中央公園は、「横浜市民防災センター」も併設。

ここは親子で災害を体験できる入場料無料の施設。買い物疲れのお子さんの気分転換にもぴったりです。

駐車場はありませんが横浜駅西口から徒歩10分。こんな行き方ができますよ。

横浜西口から子供と出発!

ここは、横浜駅西口のタカシマヤ前。沢渡中央公園と横浜市民防災センターはこちらの位置に。地上を歩いて行くと約720m。

ん?大きな道?地図を見ると少しハードルが高そうですが・・・

ジョイナス JOINUS の地下街(旧ダイヤモンド地下街)を通っていくと涼しく楽しみながら行けるのです。

エレベーターがあるので、ベビーカーでも地下にスムーズに降りられます。

広い地下街はベビーカーでも安心して歩けます。

お昼に近い時間でしたら、パンやおにぎり、お弁当を調達していくのもよいですね。

途中、二股に別れますが、どちらへ行っても大丈夫。右へ行くとママやお子さんがのぞきたくなるようなお店が並んでいます。左へ行くと有隣堂の児童書コーナーです。

どんどんまっすぐ進み、突き当たり左側の南12番出口から地上に出ます。



地上に出て、高速道路の下をくぐると、歩道橋が見えます。

ベビーカーや子連れの人は大変かなあ・・と思いながら近くまで行くと・・

「わ!助かる!」歩道橋にエレベーターが付いているのです!

ベビーカーでもこれなら大丈夫。

エレベーターを降り、さらにまっすぐ歩くと沢渡中央公園に到着です!

ベンチもあってひと休み!

人や車が多いところを通ってきただけに緑が新鮮ですね!ベビーカーや抱っこでおとなしく頑張ってきたお子さんは解放してあげたくなります。

市民防災センターもあります。気分転換にも最適

そして広場の奥に立つのが横浜市民防災センターです。

災害シアター、地震シュミレーター、火災シュミレーターなど、種類別に災害を体験できるエリアがあります。災害を体験していくうちに「防災」をおぼえる目的だそう。あって欲しくない災害だからこそ、体験できる機会は貴重です。

参考:2016年のイベント記事

【関連】はしご車搭乗体験、放水体験も!横浜駅近くで体験しながら子供と防災を学べる「防災・あさひフェスティバル」[2016年8月21日(日)]

体験ツアーに参加すると詳しい資料がもらえるとのこと。子供にとっては、難しいことはわからなくとも、体験で気分転換。

ひと通り体験したら、外の沢渡中央公園でひと休み。木陰が涼しそうです。芝生の上でシートを敷いてお弁当を食べてもよいですね。広場でボール遊びもできます。

横浜駅西口から行かれる公園は、家族で防災を学び、そして、体を動かして遊べるおすすめのコースでした。

いかがでしたか?横浜西口は近くに公園がないイメージですが、なんと徒歩10分ほどでこんなスペースがあったんですね。

市民防災センターも楽しく、子供のお気に入りになりそう。

お買い物に疲れたお子さんとちょっと散歩、親子でリフレッシュしてまたお買い物やお食事を楽しみましょう。



Sponsored Link



沢渡中央公園(さわたりちゅうおうこうえん)

所在地
横浜市神奈川区沢渡4-1

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く

公園の持ち物リスト

あると便利!暑さや日差し対策、ママも安心。


ワンタッチ 日よけ折りたたみテント 2~3人用(参考リンク:アマゾン)

すごく盛り上がる!幼稚園児が大好きシャボン玉


自動で発射!イルカしゃぼんだま(参考リンク:アマゾン)

広い公園で大活躍!芝生すべりにロングすべり台の必需品!


キャプテンスタッグ そり 各色あり(参考リンク:アマゾン)