横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 220万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 220万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

  • 広い公園
  • どんぐり
  • ログハウス

夏こそアイススケートが涼しい!初めてでも楽しい、夏に行かれるアイススケート場はこちら [横浜市]

1,03130

夏こそアイススケートが涼しい!初めてでも楽しい、夏に行かれるアイススケート場はこちら [横浜市]

072cceeb254f3c2807e7ec8c3ab3f183-1024x768-1

img_6417

夏は暑いから、本音では涼しい部屋でゆっくりしたい?!でも毎日、子供は遊びたい!!

そこで、夏のおすすめアイススケートです。

当たり前ですが、涼しいのがアイススケート場。もちろん夏でも涼しい!これは行くしかありません。

子供と、子連れにおすすめ。横浜市内のアイススケート場をピックアップです。

1)横浜銀行アイスアリーナ:初心者におすすめ!

施設外観

古くから横浜の方にとっては、「東神奈川のスケートリンク」と言ったほうがわかりやすい。あの東神奈川のスケート場がリニューアルしているんです。

その名も横浜銀行アイスアリーナです。

教室イメージ

はじめてのスケートに。練習したいというお子さんにぴったりのスケートリンク。

子供連れにやさしくリニューアルされたこともポイント。

子供用(初心者用)のコースに。

072cceeb254f3c2807e7ec8c3ab3f183-1024x768-1

授乳室や、キッズルームに、見学スペースもあり、小さな兄弟が一緒でも安心です。

R0003965

すぐお隣に「反町公園」があることもポイント。

tanmachi004

tanmachi011

とても広く、快適な公園。

本当にすぐ隣、徒歩0分なので、初めてのスケートで疲れたり、お子さんが転んでテンション下がったりといったときに、気分転換や立て直しができますよ。

男の子なら電車も見れて大興奮の公園です。

tanmachi008

初めてのお子さんでものびのび楽しめるスケートリンク

施設外観

072cceeb254f3c2807e7ec8c3ab3f183-1024x768-1

お隣の公園も合わせて、のびのびと楽しめることも嬉しい。

初めてのスケートにとってもお勧めのスケートリンクです。

横浜銀行アイスアリーナでは、教室なども定期的に開催されているので公式ホームページもご覧下さい。

横浜銀行アイスアリーナ

横浜市神奈川区広台太田町1-1 Googleマップを開く

JR線「東神奈川」駅より徒歩5分。東急東横線「反町」駅より徒歩5分。

TEL 045-411-8008

大人利用券貸靴付 1,800円
子ども利用券貸靴付 1,300円
大人利用券貸靴なし 1,300円
子ども利用券貸靴なし 800円
大人夕方利用券貸靴付 1,000円
子ども夕方利用券貸靴付 700円
貸靴券 500円
入場券 300円

【公式ホームページ】横浜銀行アイスアリーナ

2)新横浜スケートセンター:すべれるようになったら、中級者以上に特におすすめ!

img_6419

こちらは、新横浜駅から徒歩5分にあるスケートリンク。

選手の方や、プロを目指す方も利用するような本格リンク。公式大会なども開かれています。

上級者を間近に。1人ですべれるようになったお子さんに特にオススメです。

こちらのリンクの特徴は、上級者の方も多いこと。

スピンや、ジャンプ。幼稚園〜小学生くらいのお子さんでもそれらを練習しています。

逆に、そうした上手な先輩を間近に見て刺激を受けるには最高のリンク。テレビでしか見たことのない技を同じくらいの歳の子がやっているのを見て、あんな風になりたい!という気持ちが芽生えるかもしれませんね。

こちらもスクールも行っているほか、時折イベント的に短期教室も。ご興味があれば申し込んでみるのもいいかもしれません。

すべれないお子さんがすべれるようになる初級コースから、少し高度な技まで教えていただける上級コースまで様々。

スクールの開催時期やスケジュールなどは現地や公式ホームページでご確認ください。

休憩スペースも充実

2階には休憩スペースもあり、ここで持参したお食事などをとることも。

2016-11-24-11-09-01

また、新横浜の街の中心部にあるので、一歩外に出ればカフェなどもたくさん。

再入場もできるので、一旦外に出るのもいいですね。

img_6398

新横浜スケートセンター

住所:横浜市港北区新横浜2-11 Googleマップを開く

TEL:045-474-1112

電車:新幹線・JR横浜線・市営地下鉄の「新横浜」駅より徒歩5分

滑走料金 おとな  1,250円  こども(中学生まで)  750円  付き添い 300円
貸靴料金 おとな  650円  こども(中学生まで) 450円

【公式ホームページ】新横浜スケートセンター

子供とスケートに必要な持ち物

スケートに行く上で、忘れがちなのがいつもと違う持ち物です。

うっかり忘れるといきなりお子さんのテンションが下がってしまうので、ぜひ用意していきましょう!

子供用の手袋

img_6448

中で買うこともできますが、余計な出費になりますし、お子さんも「お気に入り」の手袋の方がテンションアップ。

100円ショップなどで売っていますので、是非持って行きましょう。

子供は転ぶので、替え用に2枚、できれば3枚あると安心です。

下着や替えの服

こちらも転んだとき用の替えに。

夏は乾きも早いので、無理にはなくてもいいかもしれませんが、特に下半身の服はあるといいかもしれません。

大人用の手袋

これが以外と忘れがち!

大人も一緒に滑ることになると思うので、大人用も必須です。

暖かめの上着

スケートリンクは氷の上、当然寒く長くいると底冷えするので、上着が必須。

寒がりの方は、ダウンジャケットもおすすめです。(ダウンジャケットやフリースを着ている方も多いです)

子供は夢中で滑っていると暖かくなりますが、特に大人は、休むことも多い。休む際に冷えないようにしましょう。

水筒

img_6421

こちらも、中に自動販売機がありますが、できれば暖かい飲み物など持参すると安心です。

おやつやお食事

休憩スペースなどで飲食できるので、こちらも多少持参がおすすめです。

最後の補足、冬になるとさらに2つ

夏に快適に過ごせる横浜のスケートリンクは上記の2つ。

さらに冬になると、

3)横浜赤レンガ倉庫

IMG_7451s

4)こどもの国スケート場

dsc_0226-1

がオープンします。夏に練習しておけば、冬も待ち遠しくなりますね。

【関連】横浜、スケートリンク4選。子供と初めてのスケートにもぴったりです。

料金も意外と遠出をするよりリーズナブル。再入場もうまく活用して1日遊ぶこともできそうです。

遠出をするよりアイススケートも楽しみ方のひとつ。たまには親子でいかがですか。

 



Sponsored Link



ぜひご協力ください!
  • 記事について、上記のいいねクリックをぜひよろしくお願いします。大変励みになります。
  • あそびい横浜を見てきたとイベントや施設でのアンケートなどにぜひご記載・お伝えください。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。