駅近、大型遊具が本当に大きい公園

蒔田公園(まいたこうえん)は京急線「南太田」駅から徒歩で行ける公園です。

横浜に引っ越してきて間もないころ、高速の出口から『大きな遊具がある広い公園だなぁ』と思ったのが蒔田公園の最初の印象でした。

さて、富士スーパー寄りの入り口から入るとこんな感じ。

ここでバギーに乗っていた息子(1歳半)が大きな遊具を指差して『あっ!あっ!』と叫びます。

この時点で大興奮!

1

そして、大きな遊具とはこれ。

2

写真では見切れていますが、左側にも遊具が続いています。

一人で遊べる対象年齢はもう少し経ってからかな?と思いますが、1歳5ヶ月の息子をベビーカーから下ろして長いすべり台をすべってみました。

すべり台に親子で挑戦

このすべり台、スタート地点にたどり着くまでが大変な道のりです。

まだ完全に歩けない息子を抱えてロープの橋を慎重に渡りながらすべり台を目指します(写真のちょうど真ん中にあるのがロープの橋)。

途中坂道になっていたり、平坦ではないので難関ポイントです。

やっとの思いですべり台のスタート地点に到着し、息子を膝の上に乗せてすべるととても気持ちが良い!!

まだ暑さが残る夕方でも、さわやかな風を感じることができました。

こちらの長いすべり台はローラー式でガタゴトガタゴト揺れるので、お子さんと一緒にすべる際はしっかり抱えてすべってくださいね。

小さなお子さんが楽しめる遊具も

続いて今度は幼児向けの小さい遊具。

3

これなら1歳前後のお子さんでも遊べると思います。

長いすべり台を経験した息子はこちらのすべり台は完全にスルー…。

母一人ですべるわけに行かないので写真だけの紹介です。

この隣には砂場もあります。

4

誰かが置いていったものなのか、既にスコップなどのおもちゃが置かれています。

こちらで遊んで手足が汚れた時は、手洗い場。

砂場からすぐの場所にあります。

5

四季折々のお花も

手を洗って外周を散歩していると花壇もありました。

6

季節の花が植えられていてきれい!

息子は花が好きなので少し観察していました。

花の名前に疎い私なので息子に教えてやることができず、花壇の脇にでも名前の表示があったらなぁなんて思いました。

こんな時携帯用の植物図鑑などがあれば便利ですね。

そして再び木陰の外周をバギーで散歩しながら、公園を見渡すと遊具の後ろに高速道路が見えて面白い光景です。

7

こちらの蒔田公園、午前中散歩に来ると保育園の子ども達もたくさん遊んでいます。

先生と追いかけっこをしたり、芝生の上でボール遊びをしたり楽しそうです。

春には桜が咲いてお花見を楽しむ人がたくさん訪れます。

芝生の上にシートを広げて座って上を見上げると、桜が空を埋め尽くして本当にきれいです。

秋はイチョウの葉が落ちて地面を黄色く彩ります。

冬は雪が降ると雪だるまをつくる子どもたちもちらほら。

蒔田公園は、駅近のちょっと気軽に立ち寄れる、一年を通して親子で楽しめるスポットだと思います。

 

http://www.city.yokohama.lg.jp/minami/70minamiru/71spot-route/713park/713005.html

蒔田公園

横浜市南区宿町1-1

京急本線「南太田駅」徒歩5分
横浜市営地下鉄「吉野町駅」徒歩7分

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く