お盆明けの夏の終わりに「ザリガニ」を釣りまくれるイベントが毎年、毎日行われていると聞いてお話を伺ってきました。(2015年夏のイベントは終了)

2016年最新版はこちら

2016-08-03 17.53.33

【関連】三渓園でザリガニつり - 2016年版。毎年夏の大人気企画が今年も開催! 今から予定を空けてパパとお出かけ! [2016年8月18日(木)から8月28日(日)]

場所は、三溪園

IMG_0926

三溪園といえば、横浜に住む方ならその名前に馴染みがあるのではないかと思います。

横浜の中心部からもすぐ近く!

とても有名な日本庭園で、広い敷地に、ハスの花や三重塔が有名ですね。

どうして「ザリガニ釣り」?

IMG_2827

三溪園といえば、ハスが有名なのですが、このハスの成長を妨げてしまうのが、ザリガニなんだそうです。

そこで本来はできないザリガニ釣りを、ザリガニが増えすぎては困るので、夏の終わりだけ一般解放しているそうなんです。

開催は一日中!釣りざおも無料貸し出し

子供たちにも大人気のこのザリガニ釣りイベント。これはパパの出番でしょう。

たくさん釣っているうちに、パパのほうが夢中になって夕方までいる人も多数らしいですよ。

ありがたいことに釣りざおをかしてくれるそうです。

IMG_1065

IMG_1006

これは去年の写真。みんなで釣ってます。

8月17日〜8月31日の毎日、9時〜16時開催です(2015年)。

2015年は8月17日〜8月31日の毎日開催。

参加費もなんと0円!。(ただし三溪園への入場料はかかります。後述)

早めに行くとザリガニもとりやすく1日楽しめそうです。

持ち物は・・・

・えさ!

えさは自前だそうです。さきイカがいいとお聞きしました。そのほかでも油分がないものがおすすめということです。

・帽子

屋外で暑いと思うので帽子があるといいと思います。

・着替え

もしかしたら濡れたり汚れたりします。そこでお子さんのお着替え一式があるといいと思います。

・タオル

濡れる可能性が高いと思いますので、タオルが多めにあってもいいかもしれません。汗も拭けますしね。

三溪園にはこれもある!

IMG_2817

私が気に入ったのはこれです。だんご!

庭園の真ん中には、むかしながらのお茶屋さん。そして・・・

IMG_2809

これです!夏の日本茶屋でかき氷にお団子。ちょっと非日常な休日を過ごせました。

横浜の都心とは思えない静けさと、タイムスリップしたような風情。お子さんにむかしの日本を体感してもらう意味でもオススメです。

IMG_2839

もちろん、多くの歴史建築も点在。一部の建物はなかにも入ることができますよ。

お昼ごはんは、茶店で食べることができますが、お弁当持参で屋外で食べてもいいかもしれませんね。

お隣にはなんとプール!

本牧P-1_R

そして、なんとお隣にはプールがあります。こちらは「本牧市民プール」という別の施設。スライダーもあるとても大きなプールです。

ザリガニ釣りとプールをセットで楽しめる。レジャーに遠出したかのようないつもと違った週末になりそうです。

本牧市民プールについてはこちらの記事に

【関連】横浜市内の屋外プール、全31ヶ所。区別に特徴まとめました![2015年 保存版](本牧市民プールは中区です)

 

大人向けの施設というイメージのある三溪園。

実はいろいろな子供向けのイベントも行われていました。

四季折々のお花は女の子のお花観賞にもおすすめ。なによりひろーいので思いっきり走り回れます。

何組かのファミリーみんなで行ってチームでザリガニ釣りやかくれんぼも楽しそうです。

横浜 三溪園

根岸駅 1番乗り場《市バス58・99・101系統》10分 本牧下車・徒歩10分
桜木町駅 2番乗り場《市バス8・148系統》約25分 本牧三溪園前下車・徒歩5分
横浜駅東口 2番乗り場《市バス8・148系統》約35分 本牧三溪園前下車・徒歩5分
元町・中華街駅4番出口 山下町バス停《市バス8・148系統》約15分、本牧三渓園前下車・徒歩5分

・開園時間 9時~17時(入園は閉園の30分前まで)
・休園日 12月29日、30日、31日
・入園料金
大人(中学生以上) 500円
こども(小学生) 200円

【公式ホームページ】横浜 三溪園

横浜 三溪園

所在地
横浜市中区本牧三之谷58−1

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く