ショッピングに子どもを連れて行くと、すぐに飽きてしまって困ることはありませんか?
そんな時、ショッピングのついでに立ち寄ると気分転換になる隠れたスポットをご紹介します。

block001

◆すきっぷ広場

センター南駅を港北TOKYU S.C.側に出ると、目の前に広がるのがすきっぷ広場。

すきっぷ広場は扇方の階段になっていて、区民祭りや野外ステージなどのイベント会場としてもよく使われている場所です。
イベントがないときは駅前だということを忘れてしまうほど静か。

block002

センター南といえば、ショッピングで訪れる人も多いと思いますが、連れてきた子どもはすぐにあきてしまうもの。
そんな時、この広場で遊ぶのはいかがでしょうか。
何もないけれど、小さい子は階段やスロープを上り下りするだけでも楽しめます。
レストランで座っているのが苦手な小さい子は、この階段でお弁当を食べれば気楽だし、親子共に気分転換にもなります。

◆ブロック×ワークス

このすきっぷ広場の先に、子供と気分転換ができる「ブロック×ワークス」というスポットが隠れています。

block003

 
すきっぷ広場を左に見ながら進むと、「であい橋」という素敵なネーミングの橋があります。

block004

「であい橋」の先に結婚式場があるというのも、出来過ぎなロケーション。

block005

パパとママが結婚してあなたが生まれたのだ、という話のきっかけにしても良いですね。

 
この「であい橋」を渡った辺りの木陰にあるのが、「ブロック×ワークス」というオブジェがひっそりと飾られているスポット。

block006

このオブジェは、センター南すきっぷ広場に敷かれていたレンガを再利用して、区内の子ども約50名が手作りした作品の一部だそう。

このブロック、ひとつひとつにタイトルがあり、子どもと一緒に探すのが楽しいんです。

block007

作品「ケーキ」
子どもの作品は、子どもの方がより理解できるのかもしれません。

block008

作品「キャンドルスタンド」

block009

作品「マイマイベンチ」
30人以上の子どもたちで作った大作だとか。
座ってみたり、周ってみたり、いろいろと遊べますね。

block010

作品「イス」
小さい子にピッタリサイズです。

block011

作品「カメ」

block012

作品「燭台」
他には何に見えるかな?想像ゴッコも楽しみのひとつ。

 
いかがでしょうか?

ショッピングのついでにちょっと立ち寄れる場所なので、
広場でのびのびと遊んだり、オブジェを見つけたりして子どもの息抜きに使ってみてくださいね。

ブロック×ワークス(センター南のすきっぷ広場の奥)

■アクセス 横浜市営地下鉄「センター南」駅 徒歩1分

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く