横浜の海のテーマパーク、「八景島シーパラダイス」に行ってきました。

ペンギンやサメに触ることができる、他にはない体験ができたので、ご紹介です。

 ◆歩く心構えで!

我が家は車で行ったのですが、高速道路のICからは近く、アクセスは良好です。

ただ、駐車場は八景島の外にあり、水族館まではけっこう歩くので注意です。
特に、小さいお子さんを連れて行かれる場合はベビーカーがあった方がよいと思います。

1

とは言え、その道のりも船や海を眺めたりでき、楽しめます。

2

横浜ならば坂と階段が多いのは仕方ないのですが、やっぱりここ八景島でも階段があちこちで登場します。

3

エレベーターもありますが、とにかく混んでいるのでベビーカーで行く場合は心構えを。
出来れば持ち運びに楽な軽量タイプのバギーや小型のものがおすすめです。

水族館内も狭いところがあるので、注意されてくださいね。

外では水がまかれていて、暑い日には、子どもたちが水浴びをしています。
中には裸になって遊んでいる子も(笑)

4

ここは通るだけで濡れたくなくてもけっこう濡れます・・・。

今回は遊園地を諦めて、水族館を楽しむことにしました。

以前に来た時とは変わっていて、「アクアミュージアム」「ドルフィンファンタジー」「ふれあいラグーン」「うみふぁーむ」の4つに分かれていました。

とりあえず今回は、この4つの水族館全部に入れるチケットを購入しました。

※編集部注
アクアリゾーツパス(水族館4施設 アクアミュージアム+ドルフィンファンタジー+ふれあいラグーン+うみファーム に入場できるチケット)
大人・高校生3,000円、小・中学生1,750円 幼児(4才以上) 850円、シニア(65才以上) 2,450円

入口でチケットに穴を開けてくれるというスタイルなのですが、再入場はできるので好きな水族館に何度でも出入り可能です。ただ、その都度チケットを見せる必要がありますのでご注意を。

まずは「アクアミュージアム」から見学。

5

お魚はもちろん、セイウチやラッコ、シロクマなどにも会えます!

6

上から下からと見ることが出来るので、水中での様子もわかって飽きないです。

7

サービス旺盛で、動きがあるので面白い!
お気に入りを見つけたら一日中見てしまいそうです。

息子はサメに興味津々!
7歳にもなると、いろいろ知りたい気持ちもあって説明書きを熱心に読んだりしていました。

8

オススメはなんといってもジンベエザメです。

9

あいにく写真がうまく撮れなかったのですが、本物のジンベエザメの大きさには本当びっくりです!
これはぜひ見ていただきたいです。

 

◆ショーも見逃せない

水族館と言えば、ショーですよね。

当然我が家も予定していたのですが、時間と場所を勘違いしていたので、ちょっとバタバタしてしまい・・・

ショーへの入場は、水族館の中から行けると思っていたのですが、一度水族館を出て別の入口でした。
そう聞いて急いで向かったのですが、階段やエレベーターを使ったりで、ちょっとハードでした。

なので、最初に時間と場所をご確認されておくことをオススメします。

ちなみに、入口はアクアミュージアムのお隣です。

10

この先はエレベーターがなく階段で4Fまで上るということで、ベビーカーを預かってくれます。

最初は満席なので立ち見と言われたのですが、スタッフの皆さんがイスを詰めるよう声をかけてくださり、運良く座れました。感謝です。

11

セイウチからはじまり、アシカやシロイルカ、イルカ、ペリカン、ペンギンなどなど。
次々に登場する動物たちのショーに子どもたちも大興奮でした。

大迫力のイルカのジャンプはやっぱりすごいですね!

12

潮の香りや水しぶきも肌で感じることが出来て良い経験です。

ショーの後にアクアミュージアムへまた戻り、残りの見学をしたあとは、エサをあげられるコーナーに行きました。

ただ、カモはお腹いっぱいなのか?まったく来てくれず・・・結局は鯉にエサをあげることになりました。

13

次に、近くの「ドルフィンファンタジー」に行きました。

アーチ型の水槽で泳ぐ元気なイルカに会えます。

14

本当にキレイで、イルカの赤ちゃんも近くで見ることができました。可愛くてファンタジーな世界です。

「まるで海の中だー!」と、水中ごっこをしながら子どもたちは楽しんでいました。

15

 

少し日が暮れてきたので急いで「ふれあいラグーン」へ向かいました!

ここではペンギンをはじめ、サメやイルカ、カワウソにも触れるそうです。
今回はふれ合いが一番の目的だったので、息子もやる気満々です。

まずはキチンと手を洗ってから、ふれ合います。

順番にペンギンに触ることができました。

16

この時に写真も撮ってくれるので、帰りに購入できるそうです。
ペンギンが本当にお利口で大人しくて感心しました。思った以上にフワフワで柔らかくて可愛かったです。

イルカさんは疲れて寝ちゃったみたいでした・・・ちょっと行くのが遅かったかな??

17

でもこれだけ近くで見られるのはスゴイ事ですね!嬉しかったです。

次は、ヒトデやナマコが触れるコーナーに行きました。

ここではスタッフの方にいろいろ教えてもらいながら正しい方法で触れてみます。(写真のように持ち上げるといけないそうです)

18

そしてついにサメ!

19

息子は怖がってギャーギャー騒いでなかなかサメに触れません・・・。
20分ぐらいかけて、やっと・・・やっと触りました!そんなに怖いかな??

「スゴイ!ザラザラしてる!!」とその感触にびっくり!サメは撫でる方向で全然違う感触なんです。

なんとか頑張ってサメに触れたので、ノルマ達成!ということで日も暮れたので帰ることにしました。

20

 

今回は、食育を学べる「うみふぁーむ」は体験できなかったのが残念でしたが、次は「うみふぁーむ」だけでも一日遊べそうだなと思いました。

近くまた行きたいと思います。

http://www.seaparadise.co.jp/

八景島シーパラダイス

所在地
横浜市 金沢区八景島

定休日
年中無休

交通案内
電車:シーサイドライン「八景島駅」徒歩5分
車:首都高速湾岸線 幸浦ICより1.5km、横浜横須賀道路 並木I.Cより2.0km
駐車場:乗用車1200円

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く