横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

追分市民の森で、カブトムシが群がる木を発見!さらに百日草とマリーゴールドが見頃。地元の人に聞いた、知る人ぞ知るスポット[追分市民の森(旭区)]

追分市民の森で、カブトムシが群がる木を発見!お昼時でも10匹以上のカブトムシがぺったんこ!地元の人に聞いた、知る人ぞ知るスポット[追分市民の森(旭区)]

四季折々の花畑で知られる「追分市民の森」で、カブトムシが群がる1本の木を発見しました!

お昼時だったにも関わらず、10匹以上のカブトムシがぺったんこ!!

虫取り網で届きそうな範囲にも、木の上の方にも、たくさんのカブトムシが見られましたよ。

地元の人ぞ知る、カブトムシの木!

追分市民の森に来た本当の目的は、ひまわり畑だったんです。

【関連】

横浜市でひまわりといえばここ!一面のひまわりは壮観のひとこと。ただいま満開です。[旭区:追分市民の森](17年7月29日撮影)

でも残念ながら、ひまわりは既にしゅんと下を向いた状態でした。

写真の奥に見えるのがひまわり畑なのですが…。

ベンチで談笑していたおじさんたちに話を聞いたところ

「今年は梅雨ごろがピークだったかなぁ。梅雨が明けて暑くなったとたん、下向いちゃったよ~。毎年ピークの時期が違ってね、ピークの期間も短いからひまわりは難しいね

とのこと。

ガックシ…。

帰ろうかと思ったそのとき、

「あっちの方に行ってみてごらん。紙が巻かれた木があるんだけどね、カブトムシがよくいるよ」

ということで、教えていただいた場所に行ってみたところ…

先ほどの木を発見したというわけです。

実は花畑に来るまでの道沿いにあったのですが、全然気づきませんでした…。


森の中でカブトムシを見つけると、なんだか嬉しい気持ちになります!

自然の中を生き抜いてきた勲章の傷も背負っていましたよ。

木の根元には、メスの姿も見られました。

木がある場所はどこ?

カブトムシの木は、下記マップの「」辺りにあります。

バス停から降りて「聖マリアンナ口」から入った場合、下記のようなルートを辿っていきます。

こちらが「聖マリアンナ口」です。

入ったら、道なりに森の中をどんどん進んでいきます。

しばらくすると初めの分岐が見えてくるので右に進み、さらに次の分岐で「追分広場」方面に向かいます。

草が茂るその風景は、まさに大自然! とても静かな空間です。

階段があるので下りていくと…

カブトムシの木にたどり着きますよ。

百日草とマリーゴールドは見頃です!

ひまわりはピークを過ぎてしまいましたが、百日草マリーゴールドが見ごろを迎えていました!

カラフルで華やかな百日草↓

ビタミンカラーが夏に映えるマリーゴールド↓

地図でいうと、下記の赤枠あたりに咲いています。

近くには、せせらぎが流れていたり、

カナブンを観察することができたり。

谷戸のお花畑と、樹木が織りなす自然の風景は、静かな癒しの空間でした。

春は菜の花、秋はコスモスが楽しめます!

追分市民の森では、春は菜の花、秋はコスモスなど、年間を通して花畑を楽しむことができます。

お子さんの記念写真の撮影スポットとしても使えますよ。

ちなみに、来年ひまわり畑を訪れるのであれば、午前中より午後に訪れるのがおすすめ。
午前中は太陽の位置の関係上、観察スポットの歩道に対して背を向けた状態になるようです。
午後になると歩道側を向くそうですよ。

横浜で大自然を満喫できる素敵な場所

森の中は、とても涼しくて木と土の香りが漂っていました。

普段はすぐに「抱っこ~」となる息子ですが、谷戸の雰囲気が楽しかったようで、元気にいっぱいに歩いてくれましたよ。

横浜で大自然を満喫できる素敵なスポットでした。

追分市民の森
横浜市旭区矢指町1324Googleマップを開く
(アクセス)
相鉄線三ツ境駅から徒歩20分、またはバス「西部病院前」下車徒歩7分

公開日:



LINE始めました!
[あそびい横浜]友達登録で最新情報をお届け

友だち追加


※横浜で子供と遊ぶ、記事まとめを毎週1-2回お届けします。
※本名などの個人情報は、運営側に一切登録で通知されません。
※あそびいではあそびい横浜とあそびい湘南の2つのLINEを運用しています。
湘南版はこちら

おすすめ記事

スクール・習い事情報