あそびい横浜

法人様お問い合わせ(よこはまこどもカレッジ)

「よこはま こどもカレッジ」は、親子の笑顔を提供します

「もっとたくさんの親子に来てもらいたい。」

「新規の子育て世代層に関心を持ってもらいたい。」

「遊休地に賑わいを創るイベントを実施したい。」

そんな事業主様のニーズに、「よこはま こどもカレッジ」はお応えします。

ワンストップで企画から集客、運営まで

多彩なコーチが、貴施設に親子を集めます

こども達に学校では習わない“学びの場”を提供するプロジェクト、それが「よこはま こどもカレッジ」。

横浜各地で開催。親子のニーズに即した内容で、すぐに予約が埋まる人気のプログラムが揃います。

開始半年で1,000名以上の親子が参加

開始半年で1,000名以上の親子が参加しています。

この人気のプログラムとコーチを貴社の店頭、施設などで実施。御社の集客、顧客満足度の向上に貢献いたします。

横浜の事業者様との実績多数

実施実績

百貨店ホールでの大規模親子イベント

金融機関店舗でのプログラミング教室

商業施設イベントスペースでのマジック教室

ショールームでの夏休み工作イベント

県立公園でのかけっこ教室、自転車教室 など多数

実施プログラムの企画から広報・集客、当日の運営までワンストップで対応可能ですので、御社の人的負担を最小限に、各種のプログラムが実現可能です。

新規顧客との接点づくり、既存顧客へのスペシャルサービスの提供などに、ぜひご活用ください。

事業主様のニーズに合わせて、各種の形態をご用意

新規顧客の呼び込み、既存顧客へのサービス提供など事業主様のニーズに合わせて、ご利用しやすい各種形態をご用意しています。

1)ワンストップサービス型

ワンストップで企画から広報・集客、運営までの弊社で請け負います。

御社は通常営業のオペレーションのみでスタッフに負荷をかけずに、イベント開催が可能です。広報・集客は累計利用者660万人の「あそびい横浜」を活用することで、横浜市内の子育て世代に広くリーチが可能です。

オススメの業種・業態:ショッピングモールなどの商業施設、店舗・ショールーム等をお持ちのリテール業(金融、住宅設備など)

2)コーチ・プログラムご提供型

御社の既存顧客に対して、コーチ・プログラムをご提供。広報・集客は御社にご担当頂く形です。

モノのプレゼントでは実現不可能な、親子の体験・笑顔の場をご提供します。

オススメの業種・業態:既存会員および店舗をお持ちのリテール業(金融、保険、住宅など)

3)ご招待型

弊社が開催している自主教室に、御社の既存顧客をご招待します。

オススメの業種・業態:既存会員をお持ちで店舗・施設のないリテール業

4)プログラム開発型

御社の業種を活かして、オリジナルの親子向けプログラムを開発(例:職業体験プログラム、モノづくりプログラムなど)、親子を呼び込みます。

御社従業員の負担を最小限に、CSRや地域貢献、子育て世代へのPRを実現します。

オススメの業種・業態:製造業・ものづくり工場など

多彩なコーチ・プログラムをご提供

鉄棒の先生にかけっこの先生、ママアーティストや漫画家から、ドローン操縦まで。「よこはま こどもカレッジ」には、個性豊かな数多くのコーチが登録。

貴施設のスペースに合わせて、適切なプログラムをご提供します。

提供教室の例:

・屋内(小スペース向け)
文化系:プログラミング教室、マジック教室、マンガイラスト教室、陶芸教室、書道教室、各種工作ワークショップなど

・屋内(中~大スペース向け)
運動系:鉄棒教室、ダンス教室、ゴルフ体験教室、体操教室など
文化系:ドローン体験教室、サイエンス教室、異文化交流パーティー、アナウンス・動画制作体験教室、防災教室など

・屋外
運動系:かけっこ教室、自転車教室、サッカー教室、ドッジボール教室、火おこし・焚き木教室、カヤック教室など

これだけの豊富なプログラムをワンストップでご提供できるのは「よこはま こどもカレッジ」だけです。

告知は、累計660万人が利用する「あそびい横浜」で

「よこはま こどもカレッジ」の開催内容は、累計660万人、月間30~40万人の親子が利用する「あそびい横浜」で告知。

さらに30,000人以上の登録者を持つSNS会員(LINE, Facebook)への拡散や、スマホ上で利用できるイベント予約システムの活用も。

横浜市内および周辺へ絶大なカバー率を持つメディア力を活用できます。

※横浜市の総人口:372万人・親子人口42万人

CSRやSDGsの観点からも高く評価を頂いています
横浜の親子に体験と笑顔を

「地域の大人のスキルを活かして、こども達に多様な体験の場を。」という「よこはま こどもカレッジ」の理念は、社会課題解決やSDGsの観点からもご評価いただき、マスメディアにも取り上げられています。

朝日新聞

SDGsを推進する朝日新聞の特集ページで「こどもカレッジ」の取り組みを取り上げていただきました。

運営会社のご紹介

「よこはま こどもカレッジ」は、横浜でパパが創業という共通点を持つ2社による共同プロジェクトです。

株式会社ダッドウェイ

エルゴベビーをはじめとする育児グッズの輸入販売を行い、全国に30の直営店舗を運営する「ダッドウェイ」。

代表取締役の白鳥公彦は、自身の子育て経験から横浜市で創業。「豊かな感性をもって、このかけがえのない地球を笑顔あふれる家族でいっぱいにしたい」と願い、以後30年近くにわたり横浜の地から親子のための事業を展開しています。

あそびい横浜(株式会社パパカンパニー)

papa_com_logo_sq

株式会社パパカンパニーは、横浜市内の保育園で知り合った「パパ友」2人で始め、660万人が利用する「あそびい横浜」を運営する会社です。

代表取締役の添田昌志は、一級建築士、大学准教授の顔も持つまちづくりのスペシャリスト。取締役の高瀬康道は、ITとコンテンツ制作のスペシャリスト。

互いに別の企業の経営者として活動ののち、お互いのパパとしての経験を地域に生かすべく「あそびい横浜」を立ち上げ、さらに2018年11月「よこはまこどもカレッジ」を立ち上げました。

株式会社ダッドウェイと株式会社パパカンパニーは、いずれも横浜市内でパパが創業した会社という共通点を持ち、「横浜の街に親子の笑顔を増やす」という理念のもと、「よこはま こどもカレッジ」を共同で運営しています。

FAQ

参考:よこはまこどもカレッジの概念図

「よこはま こどもカレッジ」は、横浜の街に、親子の笑顔を増やします

自社施設活用について

Q:自社の施設や場所で、「よこはま こどもカレッジ」を開催できますか?

A:御社の施設の特徴に合わせたプログラムをご提供いたします。詳細はお問い合わせください。

自社イベントでの活用について

Q:自社ですでに集客イベントをやっていますが、その一部の企画や運営をお願いできますか?

A:御社の状況に合わせたプログラムをご提供いたします。詳細はお問い合わせください。

誘客について/告知宣伝について

Q:自社イベントでの誘客に苦戦していますが、宣伝をお願いできますか?

A:累計660万利用者の「あそびい横浜」での広告・告知記事の作成は別途承っております(1本20万円~)

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。追って担当者より2営業日中にご連絡を差し上げます。

お名前必須
所属(会社名、組織名)必須
メールアドレス必須
お問合せ内容必須
個人情報保護方針

株式会社パパカンパニーは、お客様の個人情報等の取扱いについて、下記のとおり定め、個人情報の取り扱いに関する法令、国が定める指針、その他の規範を遵守します。

1. 個人情報の利用目的について

株式会社パパカンパニーは、お客様からご提示いただいた名前、住所、電話番号、性別その他のお客様個人に関わる情報(以下、「個人情報等」といいます)を、お客様へ適した商品やサービス、及び会報誌・ダイレクトメール等による各種情報のご提供のために利用させていただき、お客様の承諾なく、他の目的には利用いたしません。

2. 個人情報の第三者提供について

株式会社パパカンパニーでお預かりした個人情報等を、以下のいずれかに該当する場合を除き、第三者へ提供、取り扱いを委託することはありません。

①お客様の事前の承諾を得た場合
②業務委託会社に対して、お客様に明示した利用目的の達成のために必要な範囲で個人情報等の取扱いを委託する場合
③法令の定めにより提供を求められた場合

3. 個人情報の開示等について

株式会社パパカンパニーは、個人情報等の開示、変更、削除の求めがあった場合には、お客様ご本人であることをご確認させていただいたうえで、対応いたします。なお、申請に応じられない場合は、その理由を速やかにご連絡します。

2015年6月1日制定

上記の個人情報保護方針をご確認の上、入力内容に問題なければ、左のチェックを入れて送信してください。