はまぎん こども宇宙科学館。これがお気に入り!4歳児&小学1年生編[磯子区]

横浜市磯子区にある「はまぎん こども宇宙科学館」には、子供が触れて体験できる、たくさんの展示物があります。

その数なんと173個!

1日ではとても見られないぐらいの量です。

中には宇宙や物理の原理を説明した難しいものもありますが、小さなお子さんでも十二分に楽しむことができます。

ということで、今日は、4才のK君と小学1年生のY君に、ここで楽しかったモノ、ベスト3を選んでもらいました!

4歳児編 その1:まるで“フォース”!?

まずは、動画をご覧ください。

まるでスターウォーズのフォースみたいじゃないですか?

これは「プラズマチューブ」という名前の展示で、「プラズマ放電」という原理を使ったものなのです。

ガラスチューブに触れるとそこに電流が集まってくるので、このような現象が起きます。

放電とか聞くと、なんか指とかが痛くなりそうな感じがしますが、もちろん、そんなことはありませんので、安心して遊んでください!

4歳児編 その2:空中に浮くボール

これは「ストリームボール」という名前の展示です。
下から吹き出す空気の流れに発泡スチロールのボールを乗せると、空中にフワフワ浮きます。

シンプルと言えばシンプルなのですが、ボールが揺れながら浮いている様子がなんとも面白いらしく、何度も何度もやっていました。

IMG_1992

IMG_2007_R

小1編 その1:バーチャルゾーン

宇宙に浮かぶ乗り物「スペーススクーター」に乗って、飛んでくる「いん石」を避けるというもの。

いわゆるバーチャルリアリティの技術を使ったゲームです。

IMG_1953_R

IMG_1956

「スペーススクーター」は、自分の体を動かして操縦します。

バンザイしたり、しゃがんだり、体を傾けたり。

IMG_1954_Rm

得点を競ったりする訳ではないのですが、自分の体で移動させられることが、とにかく楽しいようです。

小1編 その2:宇宙ステーションで訓練だ!

この科学館の目玉の1つ、建物の2階分を使った「惑星ジム」です。宇宙ステーションをイメージしたこの「ジム」では、とにかく登ったり、下りたり、滑ったり、まるで訓練のような体験ができます。

IMG_1806

IMG_1943_R

すべり台もなんか宇宙船っぽい?

IMG_1949_R

途中には砲台があって、上からぶら下がっているボールを狙い打てます。

IMG_1809

houdai

大人も中に入れますが、狭い場所もあるので、お子さんがどこにいるのか外からモニターで見守ることができるようにもなっています。

IMG_1811

IMG_2014

やっぱり1番はプラネタリウム

そして、Y君、K君、2人そろって1番のお気に入りだったのは、プラネタリウム!

プラネタリウムというと、星座の解説とかがあって、ちょっと子供には難しいんじゃない?と思われるかもしれませんが、そこは「こども宇宙科学館」。

(宇宙劇場)プラネタリウム_R

写真提供:はまぎん こども宇宙科学館

小さなお子さんにも興味を持ってもらえるよう、おじゃる丸やアンパンマンといった、子供に人気のTVアニメを使ったものになっています。

つまり、アニメが宇宙や星にまつわるストーリーになっていて、登場キャラクターが星について教えてくれるというものなんです。

アンパンマン

アンパンマンは2015/7/18~12/6まで投影
配給/コニカミノルタ プラネタリウム株式会社 ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

放映される内容やアニメのキャラクターは定期的に更新されますので、こちら(はまぎん こども宇宙科学館のHP)からチェックしてみてください。

ちなみに、子供向けと言ってもプラネタリウムの装置は本格的です。

人の目で見える星の数はせいぜい数千個と言われていますが、この装置が投影できるのは38,000個!

肉眼では見えないとされる7.5等星の星までも投影できる性能を持っています。

IMG_1903_R

また2015年3月には座席が、すわり心地の良いリクライニングシートにリニューアルされました。

大人もリラックスして楽しむことができます。

IMG_1902_R

プラネタリウムの入場は別料金(大人600円、4歳~中学生300円)になりますが、大変おススメです。

いかがでしたでしょうか?

ここで紹介したもの以外にも数多くの展示物、というか体験物!がありますので、皆さんもぜひ行って、自分ならではのお気に入りを見つけてみてください。

[取材協力:はまぎん こども宇宙科学館]

あわせてこちらの記事もどうぞ。

IMG_9947s

【関連】遊べる!探検できる!これが科学館?雨でもOK。一日中遊べる屋内施設。[はまぎん こども宇宙科学館:磯子区]

 

◆はまぎん こども宇宙科学館
横浜市磯子区洋光台5-2-1

JR京浜東北・根岸線「洋光台駅」 徒歩3分

・開館時間:9:30~17:00、夏休み期間(7/18~8/31は9:00~17:00)
※入館は閉館1時間前まで

・休館日:第1・3月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は翌日火曜日)、年末年始(12月29日~1月3日)、臨時休館日

・駐車場(70台):1回700円
※駐車場は小さい(70台)ので、すぐ満車になるようです。車の場合は、頑張って開館時間までに行くのが安全です。

 

 

【公式ホームページ】はまぎん こども宇宙科学館

はまぎん こども宇宙科学館

所在地
横浜市磯子区洋光台5-2-1

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く