2016年2月にリニューアルオープン!

東急田園都市線で、「たまプラーザ駅」から3つ目の「宮崎台駅」に直結で人気の「電車とバスの博物館」。

ここが、この2月にリニューアルオープンしました。

R0000096_R

R0000082_R

人気の「パノラマシアター」や「ジオラマ・シミュレーター」といった鉄道模型が走る展示はそのままに、電車の運転ができるシミュレーターが大幅に増えました。

早速子どもと行ってきましたので、レポートしたいと思います。

駅から直結

R0000035_R

宮崎台駅の改札口を出ると、目の前に入り口が見えてきます。リニューアルに伴ってデザインも格好よくなっています。

R0000038_R

屋根があるので、雨の日でも濡れずに中まで行くことができます。

R0000054_R

ベビーカー置場も完備。小さなお子さんでも大丈夫です。

R0000057

入口で切符を買って、中に入ります。入口は駅と同じ、自動改札で子どもの気分も高まります。

リニューアルで注意なのは、一部のシミュレーターが時間帯予約制になったこと。しかも、これらは大人気。

R0000056_R

densha013

特に、こちらの「8090系運転シミュレーター」は、利用料金が1回300円かかるのですが、土日は、開館直後に予約終了となるぐらいの人気です。

ちなみに予約はA館1階にある予約機で、入場券のバーコードを使って行います。

やはりリニューアル直後ということで、たくさんのお客さんが来られています。

詳しい混雑状況はこちらのHPに掲載されていますので、ご参考にされてください。

小さなお子さんにオススメのB館

実は「8090系運転シミュレーター」は、小さいお子さんにはちょっと操作が難しいところもあります。

そこで、オススメなのは、別館(B館)にあるシミュレーターです。

R0000061_R

一回外に出て、道路を渡って、B館(キッズワールド)に向かいます。

R0000082_R

こちらにある「キッズシミュレーター」は操作も簡単で、小さなお子さんでも大丈夫なんです。

しかもこちらは予約の必要がなく、並んで順番を待てばOKなのも気軽でよいです。

R0000084_R

席に座ったら、最初に運転するコースを3つの中から選びます。

R0000096_R

画像はCGなんですが、結構リアルです。

運転は画面の指示に従って、レバーを上げ下げするだけ。我が子はすっかり気に入って、3回も繰り返し並び、全コース制覇ました。(笑)

R0000063_R

こちらの「キッズワールド」には、もう1つ人気の「プラレールパーク」があります。

こんな広い場所で、自由にプラレールで遊べるなんて、すごくいいですよね!

でも、こちらはあいにく混雑時は「抽選制」。利用時間の30分から1時間前に抽選が行われますので、詳しくは現地で確認されてください。

R0000068_R1

また、こちらの建物には休憩場所もあって、便利です。

R0000070_R

「電車とバスの博物館」なんですが、なぜか飛行機(YS-11)もあって、驚きました。

ちょっとレトロな感じなんですが、コクピットっていうだけでなんかかっこよくて、子どもも大はしゃぎでした。
※編集部注:こちらはリニューアル前からある展示で、シミュレーターではありません。

A館も盛りだくさん

さて、元のA館に戻ってきました。

こちらもリニューアルで充実しました。

1

以前から人気の鉄道模型が走る「パノラマシアター」や「ジオラマ・シミュレーター」はそのままに、

R0000142_R

鉄道雑誌を昔の車両に座りながら自由に読むことができる「ミニ・ライブラリー」や、

R0000127_R

「東横線CGシミュレータ」が加わりました。

こちらのシミュレーターは「キッズシミュレーター」に比べて、高度というかリアルで、本物の東横線の風景がCGで再現されています。

こちらも予約は不要で、並んで利用することができます。

densha011

densha012

この他、リニューアル前から人気の、東急バスの運転シミュレーターや、

R0000105_R

たま電もそのままです。

R0000060_R

中で休憩や食事もできます。

R0000144_R

レトロな「高津駅」もそのままでした。

このほかに、自分が持っている鉄道模型を走らせることができる「Nゲージパーク」も新しくできていました。

近所の公園

リニューアルでますます充実して、一日博物館で過ごすこともできそうですが、

もしも外で遊びたくなったら、徒歩3分位の所に宮崎第1公園もあります。

densha015

ブランコ・滑り台・変わった形のジャングルジム・お砂場があるので、一通り遊べます。

densha016

densha017

また広いグランドもあるので思い切り走り回ったりすることも。

densha018

お天気や時間、子どもの気分に合わせて寄り道の計画を立てると良いと思います。

電車の好きな男の子なら一度は行ってみたいおすすめの場所。

お子さんの成長に応じていろいろな楽しみかたがきっと見つかりますよ。

 

R0000105_R

【公式ホームページ】電車とバスの博物館

電車とバスの博物館

所在地
川崎市宮前区宮崎2-10-12

電話番号
044-861-6787

営業時間
10:00 から 16:30

休館日
毎週木曜日
年末年始

交通案内
東急田園都市線「宮崎台駅」直結

※駐車場はありません

■入館料
大人(高校生以上):200円
3歳から中学生:100円

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く