運転士体験が受付中!海老名で「小田急ファミリー鉄道展」開催。電車やバスが大集合。[10月15日(土)-16日(日)]

001_main

相鉄線海老名駅に直結している小田急海老名駅近くの「海老名電車基地」と、商業施設「ビナウォーク」で10月15日(土)16日(日)に、「小田急ファミリー鉄道展2016」が開催されます。

JR東日本、東京メトロと直通運転をしている小田急線。今回はその3線が協力して、車両展示や体験イベント、展示、グッズ・飲食販売、記念撮影会などを行います。

電車好きのお子さんにはぴったりのイベントですね。

002_train

まず第1会場の海老名電車基地内特設会場では、E233系《2000番台(JR)》、16000系(東京メトロ)、4000形(小田急)の3車両を展示。小田急車両のみ車内見学ができます。

そのほか線路の保守を行う保守作業車など、この日しかじっくり見られない車両もいっぱいです。

運転士体験、申込受付中!

あわせて事前申込制ですが、運転士体験ができる「なりきり乗務員 みんなで出発進行!」も開催。

これは、現役で活躍中の「ロマンスカー・LSE(7000形)」と通勤車両8000形、引退した通勤車両5000形の3種類の簡易運転台で、運転士体験が楽しめます。

これに参加するには9月25日(日)までに小田急電鉄ホームページ「小田急ファミリー鉄道展」特設ページ内にある「なりきり乗務員 出発進行!」参加応募フォームから応募する必要があります。

なりきり乗務員 参加応募フォーム:小田急電鉄ホームページ

対象年齢は5〜12歳のお子さんで、定員は各250人なので、早めに応募。

ほかにも会場内では展示イベントや非常停止ボタンなどの模擬体験、鉄道グッズや飲食の販売も行われます。

そして第2会場のビナウォークと隣接する海老名市中央公園では、小田急グループのバス車両(箱根登山バス、神奈川中央交通、小田急バス、立川バス)を展示。ステージイベントやグッズ販売もあります。

そのほか、小田急線海老名駅長(15日)や「ロマンスカー・VSE乗務員」(16日)と記念撮影会も開催。

お子さんは駅長用の制帽をかぶって撮影を楽しめますよ。開催時間は両日とも10時〜12時、13時〜14時、15時〜16時の3回。各回30分前から整理券の配布があります。1組1回500円。

ほかにもイベントがもりだくさん。

海老名駅は横浜駅からは30分ちょっとで行けるので、週末に親子で気軽に遊びに行ってはいかがでしょうか?

◆「小田急ファミリー鉄道展2016」

第1会場:海老名電車基地内特設会場(神奈川県海老名市上郷610)
第2会場:ビナウォーク(神奈川県海老名市中央1-4-1)
※隣接する「海老名市中央公園」を含む

開催日:
2016年10月15日(土)16日(日)

開催時間:
10時〜15時30分(第2会場は16時まで)

入場料:
無料

IMG_0149

【関連】県立 相模三川公園:見たこともない大型遊具!本物の川で水遊び・どこまでも広い芝生、最高の穴場を発見 [海老名駅徒歩15分]

小田急ファミリー鉄道展

「小田急ファミリー鉄道展2016」

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く