横浜で子供と遊ぶ!横浜のパパが作る[あそびい横浜] 240万人利用者達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

横浜で子供と遊ぶ!横浜のパパが作る[あそびい横浜] 240万人利用者達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

スケートにたき火、冬のたからものづくり!自然いっぱい冬のこどもの国を楽しもう![青葉区]

5893

冬の外遊びはアクセス抜群のこどもの国へ

冬のお出かけに悩んだときは、思い切って外遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか?

横浜市青葉区にあるこどもの国は、東急田園都市線「長津田駅」からこどもの国線に乗ってすぐです。

電車ですぐに行けることから、普段電車移動の親子連れにはアクセス抜群で人気の場所です。

そんなこどもの国は屋外の場所が多いのですが、少し暖かい格好をしていけば冬でも外遊びが楽しめる企画満載なんです。

冬といえばこれ!期間限定のアイススケート場!

毎年恒例のアイススケート場が今季もオープン中!

最近では商業施設などでもアイススケート場がオープンしていますが、こちらは利用者がほとんど親子連れなので、小さいお子さんも安心して楽しめます。

大きな屋根の下、広さ30メートル×60メートルの楕円形のリンクは結構広いです。

うれしいことに定期的に初心者向けの「マンデースケート教室」も開催中。無料で参加することができます(入園料・スケート入場料・貸靴料は別途)。

はじめてのスケートに挑戦するお子さんには最適です!

こどもの国アイススケート場

会期:2017年12月16日(土)〜2018年2月25日(日)まで
開場時間:10時〜16時(入場は15時まで)
入場料(入園料+スケート場入場料+貸靴):大人1,300円、小中学生700円、幼児600円無料
※貸靴のサイズは、16cm~28cm(0.5cmきざみ)、29cm、30cm
マンデースケート教室開催日
1月22日(月)、29日(月)、2月5日(月)、19日(月)の各午前(10時45分〜11時30分)・午後(13時30分〜14時15分)

たき火広場で温まろう

1月・2月の日曜・祝日(10時〜15時開催)には中央広場でたき火を楽しむイベント「たき火広場」が開催中!

キャンプやバーベキュー以外では、なかなか「たき火」にあたる機会は少ないですよね。

冬の屋外で安全にたき火を楽しめるのは貴重です。

当日はマシュマロやサツマイモが販売されるので、温めて楽しみましょう!

木の実を集めて「冬の森のたからもの」を完成させよう!

現在行われているのが「冬の森のたからもの」。

これは9マスに仕切られた箱の中に、森で見つけた自然のものを入れて完成させるあそびです。

用意される「冬の森のたからもの」の箱は2種類
・「ふわふわしたもの」「トゲトゲしたもの」など9マスそれぞれに入れるものが指定されている箱
・マスが空欄になっていて、拾って入れたものの名前を自分で書く箱
どちらか好きな箱を選べます。

それぞれの箱には冬の森のたからもの散策コースガイドがついているので、がんばって見つけられそうですね。

開催期間:2018年2月12日(月・祝)まで
受付場所:正面入口案内所
参加料:1箱200円

無料で工作体験!

毎月園内各所で開催されているのが無料で工作体験ができる「あそびの広場」。

かざぐるま、ストローとんぼ、季節の折り紙などを遊びのボランティアのみなさんが作り方を教えてくれます

1月20日(土)、2月3日(土)、10日(土)、17日(土)は児童センター、
3月3日(土)、10日(土)、17日(土)はプール発券所前でそれぞれ開催。
開催時間は11時〜15時

冬のお出かけはおっくうになりがち。それでも元気いっぱい外で遊びたいという子供も多いのではないでしょうか?
冬の休日にぜひ大人も一緒になって自然を楽しんでください

こどもの国

開場時間:10時〜16時(入場は15時まで)
場所:こどもの国
住所:横浜市青葉区奈良町700Googleマップを開く
入園料:幼児100円、小中学生200円、高校生・大人600円

【公式情報】こどもの国



Sponsored Link



こどもの国

所在地
横浜市青葉区奈良町700