横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 220万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 220万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

雨の日・寒い日に備えて。おうち遊びに、思わず笑っちゃう笑顔で読める絵本3選

1,240201

寒い日や家から出たくない日に

雨の日や寒い日は、家から出られずたいくつしちゃう。

でも楽しい絵本、大好きな絵本があれば、パラパラとめくるだけで、いつの間にか親子で楽しい気持ちに、そんな魔法の絵本ってありますよね~。

今回は、そんな楽しい気持ちにさせてくれる、大人も子どもも思わず笑っちゃう、笑顔で読める楽しい絵本を3つ選んでみました。

 

1:パンダ銭湯

パンダ銭湯 [ tupera tupera ]

パンダ銭湯 [ tupera tupera ]
価格:1,404円(税込、送料込)

な、なんと、パンダってそうだったの?

なーんて、ビックリ、予想外の展開!? あなたは最後にとんでもない「パンダのひみつ」を知ることになる、そんな楽しい絵本です。

ehon02

世の中には、パンダ専用の銭湯があるらしい。あなたは知っていましたか? 今、明かされる「パンダのひみつ」は、そんな銭湯にあったのです。

パンダというだけでかわいくてみんなの人気者なのに、こんなひみつを知ってしまうと、益々パンダが好きになっちゃうかも。

この絵本を読んだあとは、きっとパンダを見る目が変わります(笑)。せび、知らなかったパンダの世界を、親子で共有しちゃいましょう。

タイトル パンダ銭湯
作    tupera tupera
出版社  絵本館
定価   1,300円+税

 

2:でんせつの きょだいあんまんを はこべ

働き者でおなじみのアリたちは、目の前に立ちはだかる伝説の「あんまん」を前に一致団結!!

超巨大な伝説のあんまんを運ぶ、勇敢なアリたちによるロマンあふれる壮大な物語が、今、ここに始まるのだ。

ehon04

物語は、自分たちの何百倍、何千倍(それ以上かも)というあんまんを、どうにか巣まで運びたいアリたちの試行錯誤を描く、ロマンあふれる冒険活劇。

いやー、見ているだけでも運ぶのが大変そうなあんまんなんですが、アリたちの努力、苦労を知ると、思わず「頑張れー」と応援したくなっちゃいます。

はたしてアリたちの苦労は報われるのか!?

実は最後はまさかのオチで大爆笑となる、本当にまさかまさかの冒険活劇です。

努力は必ずしも報われるものではないかもしれませんが、まぁこういうこともあるから人生(アリ生?)は楽しいのです(笑)。

タイトル でんせつのきょだいあんまんをはこべ (講談社の創作絵本)
作    サトシン
絵    よしながこうたく
出版社  講談社
定価   1,400円+税

 

3:はたらきもののナマケモノ

はたらきもののナマケモノ [ 斉藤洋 ]

はたらきもののナマケモノ [ 斉藤洋 ]
価格:1,188円(税込、送料込)

ある日の日曜日の朝、ぼくの部屋にとつぜんナマケモノがやってきた。

でもそのナマケモノは、ゆっくりとしか動けないノンビリものどころか、とっても機敏なナマケモノ

本当は働き者で機敏だったというナマケモノに出会えたおかげで、なんだかのんびりとしていたぼくまでもが元気になって、そして勇気がもらえちゃう気分になる、ちょっと不思議なお話です。

そういえば子どもの頃の日曜日の朝って、特別でしたよね。今思うと、こんなことが起きても不思議はなかったかもと、自分の子どもの頃の日曜日の朝を思い出します(特に男の子)。

人って意外なところで元気がもらえるんだなぁと、この絵本を読んでいると思えます。

タイトル はたらきもののナマケモノ
作    斉藤洋
絵    武田美穂
出版社  理論社
定価   1,100円+税
いかがでしたか?

今回選んだ3選は、本当に笑顔になれる楽しいものばかりです。

ストーリーから感動こそは感じませんが(笑)、登場するすべてのキャラクターにいとおしさを感じる、ついつい顔がほころんでしまいそう。

ぜひお近くの本屋さんや、図書館で見てみてください。

ちなみに、上記の3冊はいずれも横浜市内各区の図書館にあるようです。貸し出し中かどうかは、以下のHPより検索することもできます(便利ですね!!)。ぜひチェックしてみてください。

横浜市立図書館蔵書検索HP



Sponsored Link