横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 220万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 220万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

ひな祭り間近、大きなお雛様を見に行こう。横浜でお雛様や吊るし雛が楽しめるスポット5選 [2017年版]

1,64152

子供と一緒にお雛様巡り

3月3日はひな祭り。横浜市内でもお雛様が楽しめるスポットがたくさんあります。

屋内の展示は、雨や風の日にも行きやすいですよ。

img_0711

最近は大きな雛飾りを飾るお家も少なくなってきましたが、伝統的な女の子のお祭りを子供と一緒に巡ってみてはいかがでしょうか?

横浜人形の家 企画展「ひな人形展〜時を越えて〜」

hinaningyou

横浜で人形といえば、「横浜人形の家」。現在企画展「ひな人形展〜時を越えて〜」が開催中です。

古くからの伝統的な雛人形が展示されているほか、現代の雛人形を代表する工房の一つ、後藤人形の雛人形も見ることができます。

横浜人形の家はこちらGoogleマップを開く

会期:2017年1月28日(土)〜3月3日(金)
開館時間:9時30分〜17時
観覧料:大人(高校生以上)200円、小人(小・中学生)100円
※別途入館料(大人400円、小人200円)必要

【公式情報】横浜人形の家

都筑民家園 ひな祭りウィーク

img_0708

横浜市営地下鉄センター北駅近くにある古民家「都筑民家園」では、2月22日(水)からつるし飾りやお雛様を飾る「ひな祭りウィーク2017」が開催されます。
江戸時代の古民家を移築したこちらの民家園。貴重なお雛様やきれいなつるし飾りを無料で見ることができます。近隣には商業施設も多いので、お買いものとともにお出かけできそうです。

都筑民家園はこちらGoogleマップを開く

会期:2017年2月22日(水)〜3月5日(日)
※2月27日(月)は休館
開館時間:10時〜16時30分
入場料:無料

【公式情報】都筑民家園

天王森泉公園 吊るし雛アート

010_tsurushi-676x451

横浜市泉区にある天王森泉公園内の天王森泉館で、つるし雛の展示「吊るし雛アート」が開催中です。なんといっても圧倒的な数のつるし雛を見ることができるこの展示は毎年人気。色も鮮やかで、ふすまからの木漏れ日に映えます。

天王森泉公園はこちらGoogleマップを開く

会期:2017年2月10日(金)〜3月5日(日)
※2月14日(火)28日(火)は休館
開館時間:9時30分〜16時30分
入場料:無料

【公式情報】天王森泉公園

三渓園 雛人形飾り

004_hina

横浜市指定有形文化財建造物など多くの歴史的な建物がある三渓園。こちらでも現在お雛様を見ることができます。

三渓園はこちらGoogleマップを開く

会期:2017年2月11日(土)〜3月3日(金)
開館時間:9時〜17時
入園料:大人500円、子ども200円

【公式情報】三渓園

平戸 豊荘 果樹の里 つるし飾り雛祭り

img_main

JR東戸塚駅からバスに揺られてすぐ、国道1号線坂下口バス停近くにあるのが平戸果樹の里。そのなかにある集会施設「豊荘」では毎年恒例の「つるし雛祭り」が開催です。この辺りは農業専用地区に指定されているので、みどりがいっぱい。自然の豊かさも感じることができます。

豊荘 果樹の里はこちらGoogleマップを開く

会期:2017年2月24日(金)〜2月26日(日)
開館時間:10時〜16時(最終日は15時まで)
入園料:無料

【公式情報】豊荘 果樹の里つるし飾り雛祭り

この時期にしか楽しめない体験。女の子には特に思い出になりそうですね。


その他、もっと身近で楽しめるひな祭りイベントも掲載中

【関連】ひなまつりイベント特集。予約不要で楽しめるものを集めました。[横浜市内、予約不要。2月頭より順次開催中]



Sponsored Link



ぜひご協力ください!
  • 記事について、上記のいいねクリックをぜひよろしくお願いします。大変励みになります。
  • あそびい横浜を見てきたとイベントや施設でのアンケートなどにぜひご記載・お伝えください。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。