横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

天王森泉館の吊るし雛アートが今年も始まります!圧巻の数はまさにインスタ映え![2月10日〜、泉区]

明治時代に建てられた建物で伝統の吊るし雛を

横浜市泉区、水田と里山に囲まれた場所にある「天王森泉館」では2月10日(土)から、恒例の「吊るし雛アート」が始まります。

「吊るし雛」は、古くは子どもの着物の端切れを使って、桃やハマグリなど縁起物を縫ってつるしていたお雛様。

大きな雛人形ほどスペースを取らないので、最近ではお家で飾っている方も多いです。

横浜市内各所でも「吊るし雛」の展示を見るようになりました。

なかでもこちらの「吊るし雛アート」はその圧巻の数から注目されています

また、「天王森泉館」はもともと明治時代に建てられた製紙工場で、現在は横浜市歴史的建造物にも指定されている歴史ある建物。あわせて一見の価値ありですよ。

アクセスしにくいですが、その分行く価値あり!

天王森泉館は、市営地下鉄下「飯田駅」、相鉄いずみ野線「ゆめが丘駅」から徒歩30分という場所にあります。

天王森泉館には駐車場がありませんが、車で行く場合は、徒歩5分ほどの場所にある境川遊水池公園の駐車場を利用すると良いと思います。


境川遊水池公園はこちらGoogleマップを開く

アクセスは少し苦労しますが、それでもこの吊るし雛は、来た価値があると思わせるすばらしい展示です。

作った人も数がわからないほどの吊るし雛

圧巻の吊るし雛は、どれくらいの数があるのか正確にはわからないそうです。

それほどの大量の飾りは、館の方やボランティアの方々が一つ一つ手作りされています。

玄関先にある吊るし雛はインスタ映え間違いなしです。

ほかにも館内にはさまざまなつるし飾りを展示予定。観覧無料で楽しめます。

体験会や祝いもちの販売も

これだけの吊るし雛を見たら、自分の家にも飾ってみたいと思いませんか?

2月17日(土)22日(木)3月1日(木)には吊るし雛作りの体験会もあるようです(10時〜12時、材料費実費、要予約、TEL 090-4751-9650)。挑戦してみても良さそうですね。

そして2月25日(日)には雛祭りの祝いもちの販売も行われます(11時〜)。見学にはこれらの日が良さそうです。

今後も横浜の吊るし雛スポットとして注目されていきそうな「天王森泉館」。
ぜひこの機会に訪れてみてはいかがでしょうか?

天王森泉館吊るし雛アート

開催期間:2018年2月10日(金)〜3月7日(水)
※2月13日(火)27日(火)休館
開催場所:天王森泉館
住所:横浜市泉区和泉町300Googleマップを開く
開催時間:9時30分〜16時30分
入館料:無料
天王森泉館:045-804-5133

【公式情報】天王森泉館(天王森泉公園)

天王森泉館

所在地
横浜市泉区和泉町300

更新日:



LINE始めました!
[あそびい横浜]友達登録で最新情報をお届け

友だち追加


※横浜で子供と遊ぶ、記事まとめを毎週1-2回お届けします。
※本名などの個人情報は、運営側に一切登録で通知されません。
※あそびいではあそびい横浜とあそびい湘南の2つのLINEを運用しています。
湘南版はこちら

ランキング:泉区 今週の人気記事ベスト5

一緒に行きたい。泉区のおすすめ公園&スポット

泉区の人気記事

境川遊水地公園:スポーツの穴場は水辺の公園。サッカー野球を楽しむなら [泉区・戸塚区]

天王森泉公園:近場でできる小旅行。ハイキングと牧場のアイスクリームを一度に楽しもう[泉区]

中田中央公園:赤ちゃん目線のお花がイッパイ。冬でもお花を楽しめる"お散歩公園" [泉区]

弥生台東公園:ひと山が公園!子供の冒険心をかきたててくれる起伏のある公園はウォーキングにも最適なスポット[泉区]

新橋天神の森公園、東山田公園、橘公園:コンパクトだけどユニークな公園特集! !(泉区・都筑区・川崎市高津区)

いずみ台公園こどもログハウス、行ってきました。 [泉区:ママレポ]

横浜市内で、柿もぎに、牧場自家製ソフトクリーム。「農」と「食」を親子で楽しめる身近な穴場3選。[横浜市泉区・瀬谷区]



スポンサーリンク


横浜の天気

  • 今日

    雨

    23℃ / 20℃

  • 明日

    曇のち雨

    曇のち雨

    --℃ / --℃

  • --℃ / --℃



asobii
asobii