横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

みなとみらい 横浜18区 パパママ目線で毎日更新

横浜市民防災センターに新メニューの「防災ショートフィルム」[横浜駅西口より徒歩10分 入場無料]

防災を身近に感じることができる「防災ショートフィルム」

家族で遊びながら防災の体験ができる横浜市民防災センター新しいメニューが登場しました!

災害体験ツアーのポイントの1つ、災害シアターで新しい「防災ショートフィルム」が放映されています。

今まで災害シアターで上映されていた映像は、「実際に横浜で地震があった時にどんな災害が起こるか」というお子さんには難しいもの。

新しい防災ショートフィルム『ぐらがくる』は、横浜を舞台に一般的な家族が防災について学んでいく姿がストーリーとなっています。

小さいお子さんも安心して見ることができます。16分という飽きない上映時間。

「あ、ここウチの近く?」なんていう人もいるかもしれませんね。

「お父さん、消火器使える?」なんて、お子さんに言われてしまうかも・・・

短い間に、自分の家族が何ができていないか、何をしなくてはいけないか、学ぶことができるのです。

見て聞いて学ぶと、身体を使っての体験がより効果がありそうですね。『ぐらがくる』を見た後は、色々な防災体験を楽しんでください!

【関連】横浜市民防災センター:火を消し、煙の中を進み、落ちた食器を避ける!遊びながら防災の体験ができます[横浜駅西口より徒歩10分 入場無料]

4月15日(日)は消防フェア

新年度は、お子さんも疲れていますよね。週末はあまり激しく遊ばせたくない・・・というご家族は、消防フェアに行くのはいかがですか?

『ぐらがくる』を見ることができる他、はしご車に乗れたり、防災グッズを作ったり、災害体験をしたり・・・家族で遊びながら防災について考えられるよい機会です。

【公式情報】主催者チラシ

【公式情報】主催者HP

横浜市民防災センターは目の前が沢渡中央公園。防災について学んだ後は、お散歩したり、広場で走り回って遊んでくることもできますよ。

【関連】沢渡中央公園:横浜駅西口から近い子供と気分転換できる公園。沢渡中央公園と、横浜市民防災センターまで実は徒歩10分! [横浜西口]



Sponsored Link



横浜市民防災センター

所在地
横浜市神奈川区沢渡4-7

電話番号
045-312-0119

営業時間
9:15 から 17:00

休館日
毎週月曜日
・月曜日が祝日の場合は開館、次の平日が休館。
・年末年始(12/29~1/3)は休館。

「あそびい」は、横浜・湘南のお出かけ・イベント情報サイト

「あそびい横浜」「あそびい湘南」を簡単切り替え。

「横浜」ボタンで横浜の記事「湘南」ボタンで湘南の記事だけを読むことができます。

「あそびい」は、横浜・湘南のお出かけ・イベント情報サイト

「あそびい横浜」「あそびい湘南」を簡単切り替え。

「横浜」ボタンで横浜の記事「湘南」ボタンで湘南の記事だけを読むことができます。

asobiiパートナーシップ
asobiiパートナーシップ
asobiiパートナーシップ
asobiiパートナーシップ
asobiiパートナーシップ
横浜で子供と遊ぶ