横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

いちごづくしのイベント「ヨコハマストロベリーフェスティバル」 親子でいちご試食やアトラクションも[横浜赤レンガ倉庫、2月1日〜11日]

いちごづくしのイベント「ヨコハマストロベリーフェスティバル」 親子でいちご試食やアトラクションも[横浜赤レンガ倉庫、2月1日〜11日]

横浜赤レンガ倉庫で2月1日(金)から11日(月・祝)までの11日間、「Yokohama Strawberry Festival 2019(ヨコハマ ストロベリーフェスティバル2019)」が開催されます。

毎年冬に開催されてきた恒例のイベント。子供から大人まで、多くの人に愛されている「いちご」をテーマに、スイーツやグッズなど、いちごづくしの祭典となります。

好評の「いちごの無料サンプリング」は今年も開催予定。さまざまな品種のいちごを試食できます!ほかにもいちご農家さんによる直売などもあるので、新鮮ないちごも味わえますよ。

今年は過去最多23店舗が出店。サンプリングは8種類のいちごを日替わりで!

いちごを使ったスイーツやグッズを販売するいちごマーケット

今年はいちごスイーツやフード、雑貨まで、過去最多となる23店舗が登場。

どんないちご商品が出店するのか楽しみですね。

そして毎日開催されるいちごの無料サンプリング。

2018年にデビューした佐賀県の新品種「いちごさん」をはじめ、今年は「チーバベリー」(千葉県)、「真紅の美鈴」(千葉県)、「よつぼし」、「とちおとめ」(栃木県)、「さがほのか」(佐賀県)、「紅ほっぺ」(静岡県)、「ふくはる香」(福島県)と、全国8種類のブランドいちごが日替わりで登場です。

いちご直売では、横浜市内のいちご農家さんが出店。

朝採れの新鮮ないちごがずらりと並びます。

食べるだけじゃない!いちごアトラクションも

屋外スペースでは新感覚のトランポリン「ジャンプゾーン」や

いちごのふわふわ」も登場するので、お子さんも楽しめます。

ジャンプゾーン
料金:1回1,000円
対象:2歳以上(12〜55キロ)

いちごふわふわ
料金:5分間500円
対象:2歳〜8歳(2〜3歳は保護者無料同伴可)

駅から横浜散歩を楽しんだあと、ゴールに「いちご」を

横浜観光のひとつとして有名な赤レンガ倉庫。JR桜木町駅やみなとみらい線馬車道駅からは少し離れていますが、親子で歩くにはちょうどよい距離です。

周辺にはおでかけスポットもいっぱいあるので、海辺のお散歩とともにいちごを堪能してみてはいかがでしょうか?

ヨコハマ ストロベリーフェスティバル2019

開催期間:2019年2月1日(金)〜11日(月・祝)
開催時間:11時〜18時(土日祝は10時〜18時、いちごの直売は不定期開催)
開催場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
住所:横浜市中区新港1-1Googleマップを開く
入場料:無料(飲食代は別)

【公式情報】横浜赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫

所在地
横浜市中区新港1-1

更新日:



LINE始めました!
[あそびい横浜]友達登録で最新情報をお届け

友だち追加


※横浜で子供と遊ぶ、記事まとめを毎週1-2回お届けします。
※本名などの個人情報は、運営側に一切登録で通知されません。
※あそびいではあそびい横浜とあそびい湘南の2つのLINEを運用しています。
湘南版はこちら




500万人が利用。横浜のパパママが作る「あそびい横浜」