横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜アンパンマンこどもミュージアムは無料エリアでも、こんなに楽しめる![西区みなとみらい]

◆十二分に楽しめる無料エリア

横浜の有名ファミリー向けスポット『横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール』。

ここは有料のミュージアムエリアと無料のショッピングモールエリアに分かれていて、
実は無料エリアだけでも十二分に楽しめる、パパママ大助かり(お財布的にも内容的にも)なスポットなんです。

今日はそんなアンパンマンミュージアムの無料エリアについてご紹介したいと思います。

1

最寄り駅はみなとみらい線・新高島駅、市営地下鉄・高島町駅です。

首都高の東側にあり、大通り沿いではないので少し見つけづらいですが、大通り沿いにあるファミレス・ジョナサンの交差点を入ると右手に見えてきます。

現地に近づくとベビーカーを押す家族連れが増えてくるので、これもまた目印になります。

現地への到着は開館前がオススメ。
なんとキャラクターたちが外まで出て来てくれるんです。

2

この日はアンパンマン、ジャムおじさん、ばたこさんがお出迎え。
急に現れたキャラクターたちに子どもたちはビックリ、大人たち大興奮!

中へ進み、ミュージアム入館(左側)とモール行き(右側)の列に分かれて、開館を待ちます。
その間もジャムおじさんたちが身振り手振りで楽しませてくれます。早起きは三文の得、ですね。

3

 

◆ショーも無料で!

ショッピングモールエリアは中央の「アンパンマン広場」を囲むようにショップが並んでいます。

広場の突き当たりにはシンボル的存在の時計台がドーンと構えています。

4

時計台の下はトンネルや覗き窓のある遊具になっていて、子どもたちは大はしゃぎ。

5

アンパンマンミュージアム随一の写真スポット・プレイスポットなので、周囲は常に混雑。
我が子オンリーの写真を撮りたい場合は平日の午前中が良いかと思います。

ちなみに週末午後のイベント時はこんな感じの混雑っぷりです。

6

約10分のショーはキャラクターの動きもキレキレでクオリティが高いのに、観覧は無料。
ここまで混むのもうなずけます。

 

◆メインはショップ

モールエリアの一番広いショップが「アンパンマンテラス横浜」です。

上履きなどの幼稚園グッズから食器、おもちゃ、お菓子まで、アンパンマンに関するありとあらゆるものが売られています。

7

お店の中央には無料でオモチャを使える(試せる)スペースもあります。

8

いろんなオモチャが用意されているので、子どものテンションは更に上昇!
一度入るとなかなか出て来ません。

でもスペースを取り囲むようにベンチがあるので、大人もここで一休み。
ちょっとうれしい配慮ですね。

お腹が空いたらミュージアムの裏側にある「アンパンマン&ペコズキッチン」はいかがでしょうか(店内への持ち込み飲食はできません)。

不二家が運営していますが、ここではペコちゃんじゃなく、アンパンマンが大活躍!

インテリア、メニュー、使い捨てスタイ、おしぼり袋、食器と、これでもか!というくらいアンパンマンワールドなレストランです。

もちろんキッズメニューにもアンパンマンが。
ラーメンにはアンパンマンの蒲鉾が乗ってきます。

9

何から何までアンパンマンなので、少食なうちの子もこの日は嬉しそうにパクパク食べてくれました。

お腹を満たして、もう一遊びしたら、そろそろお帰りモード。

お土産にはやっぱりここがオススメです。
アンパンマン広場に面したところにある「ジャムおじさんのパン工場」です。

10

某大手製パン会社がサポートしているようで、味はわりと現実的なんですが、なんせこのルックス
全部買い占めたくなってしまう可愛さです。

11

ただしお値段お一つ300円。どこまでトレーに乗せるかは、悩むところです。

横浜限定モノとして「しゅうまいシマイ」というシュウマイ入りのパンもあります。
1日数量限定のレアものなので、手に入れたい方はお早めに。

また、2階にはイートインスペースもあります。

横浜限定商品は食べものからグッズまで、モール内のいろんなショップに置かれていますが、中でもイチオシは写真の「セーラーぬいぐるみアンパンマン」(2700円)。

12

まさかの横浜×アンパンマンのコラボです。

ぬいぐるみを小さくキーホルダータイプにした「セーラーマスコット」(1026円)もあるようです。
どちらもアンパンマン広場に面した「ふわふわ ぬいぐるみやさん」で売られています。

家中なんでもかんでもアンパンマンで・・というパパさん、ママさん。

ちびっ子たちがアンパンマンにハマるのはほんのわずかな時期だけ、無邪気に喜ぶ姿が見られるのも今だけです。

無料エリアだけでも絶対に子どもたち大喜びのアンパンマンミュージアムに、ぜひ一度ご家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

 

http://www.yokohama-anpanman.jp/main.html

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

所在地
横浜市西区みなとみらい4-3-1

ミュージアム10:00~18:00 
ショッピングモール10:00~19:00

定休日
元日(メンテナンス等により臨時休業あり)

交通案内
みなとみらい線「新高島駅」徒歩7分
横浜市営地下鉄「高島町駅」徒歩10分

駐車場:あり(2ヶ所、140台収容)、最初の1時間時間520円、以降30分ごとに270円

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く




LINE始めました!
[あそびい横浜]友達登録で最新情報をお届け

友だち追加


※横浜で子供と遊ぶ、記事まとめを毎週1-2回お届けします。
※本名などの個人情報は、運営側に一切登録で通知されません。

ランキング:西区 今週の人気記事ベスト5

一緒に行きたい。西区のおすすめ公園&スポット

西区の人気記事

横浜タカシマヤの屋上は"ミニ遊園地"。子供と休憩にぴったりです。久しぶりに行ってきました。

横浜駅での“困った”はもう大丈夫!ジョイナスのベビー休憩室は、駅の改札を出てすぐにありました。 [あそびいママリサーチ]

「ハマのアメ横」で昔の商店街を体験!魚屋さん、八百屋さんで子供とお買い物。公園も近くにありますよ。洪福寺松原商店街 [西区]

グランモール公園:横浜美術館前に整備されたキレイな公園。子供たちに大人気の噴水もあり暑い日に涼みに行きたい気持ちのいいスポットです!(西区みなとみらい)

臨港パーク:みなとみらい駅からほぼ直結の穴場公園。広い芝生と海を楽しめる穴場、お弁当を持っていきたくなります [西区]

子供と横浜夜景。0歳児と駅近ランドマークタワー69階スカイガーデンへ行ってきました![パパレポ]

野毛山動物園・野毛山公園:動物園はいつも無料! 絵本に出てくる動物がいっぱい。お隣は遊具も充実の公園もあります [西区]

西区の注目記事

平沼さわやか公園:見晴らしがよく横浜らしい遊具が楽しさを広げてくれる親子で楽しめる公園に遊びに行こう![西区]

横浜イングリッシュガーデンに行ってきました。一面のバラが色とりどり!横浜駅からわずか1駅の穴場は、電車にアイスで子供も満足です

横浜イングリッシュガーデン:まるで物語の世界へ迷い込んだよう。2000株以上のバラが見頃を迎えています。(写真レポート2018年4月29日)

掃部山公園(かもんやまこうえん)は桜と紅葉の穴場。子供と遊べる遊具もしっかり

西区ピックアップ

涼しい!横浜の博物館10選。全部一度に歩ける距離にあります。小学生向け自由研究のテーマ付き [2017年 みなとみらい]

三菱みなとみらい技術館:親子で遊びながら学べる体験施設、行ってきました[西区みなとみらい]

横浜アンパンマンこどもミュージアムは無料エリアでも、こんなに楽しめる![西区みなとみらい]

西区の特集

横浜西口で子供と遊ぶ:子連れで横浜がもっと便利になる、横浜西口活用術!2018年保存版



Sponsored Link




asobii
asobii