横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

じゃぶじゃぶ池のある「三ツ池公園」で、夏でも涼しく遊ぼう!森の中のアスレチック、滝の広場、大きな池もあって、夏の遊び場としておすすめです。

じゃぶじゃぶ池のある「三ツ池公園」で、夏でも涼しく遊ぼう!森の中のアスレチック、滝の広場、大きな池もあって、夏の遊び場としておすすめです。

暑~い夏は、お外遊びをためらうご家庭も多いのでは?

でも、横浜市鶴見区にある「三ッ池公園」では、夏でも比較的涼しさを感じながら遊ぶことができます。

三ッ池公園の園内には

・3つの大きな池
・滝の広場
・じゃぶじゃぶ池
・森の中のアスレチック

などがあり、夏にお出かけする公園としておすすめです。

三ッ池公園の清涼スポットをまとめてみました。

【関連】

三ツ池公園は、幼稚園さんくらいにおすすめの遊具充実!3つの池があるさくらの名所です

清涼スポット1:公園の目玉!とっても大きい「3つの池」

ただそこに水辺があるというだけで、なんだか涼しい気分になれるのは私だけでしょうか!?

三ッ池公園の真ん中には「上の池」「中の池」「下の池」と呼ばれる3つの大きな池があり、池を囲むようにアスレチックや広場が点在しています。

正門から入り、「芝生広場」を通り過ぎると、まず見えてくるのが「下の池」です。

見てください! この青々とした山と、風になびく水草。

なんとも涼しげじゃありませんか!?

池のそばには四角いベンチがあり、真ん中にお弁当を広げながら、池をゆっくり眺めることもできます。(真夏はちょっと暑いかもしれませんね。)

また、自然観察ができるのも、三ッ池公園の嬉しいポイントです。

池にはカメの姿もありました。

下の池奥の「中の池」では、コイやカモに餌をあげる人たちの姿も見られましたよ。

清涼スポット2:冒険心をくすぐる「山道」

三ッ池公園には、ところどころに山道があるのも特徴的です。

正門すぐの田んぼの横にも山道がありました。

段差を見れば上る元気な子供たちは、こういう場所が大好きですよね。

真夏に登ったら汗が噴き出そうですが、葉っぱの屋根で日陰になっているのが嬉しいポイントです。

 

「中の池」の脇には、鳥居に向かう山道もありましたよ。

子供たちは元気です! ママは下から見守るだけ(笑)

清涼スポット3:マイナスイオンを感じる「滝の広場」

「上の池」の脇には「滝の広場」があります。

マイナスイオンたっぷり!

春先に訪れたときには、おたまじゃくしがたくさん泳いでいました。

近くにいた親子連れが、網ですくって見せてくれたのですが、プニプニして柔らかかったです!

中には足が生えているおたまじゃくしもいましたよ。

 

でも、観察したら元に戻してあげてくださいね。

下の池に「公園の生き物は観察したら逃がしてあげて」とお願いの看板が立っていました↓

清涼スポット4:夏といったら、じゃぶじゃぶ池!

「上の池」横の「水の広場」には、じゃぶじゃぶ池があります。

春先に訪れたときには水が冷たく、人もまばらでしたが、夏場は多くの子供たちでにぎわいます。

広場の噴水から流れるせせらぎで、池の水を循環させているそうですよ。

清涼スポット5:森の中のアスレチック

三ツ池公園のアスレチック「遊びの森」は、森の斜面を利用して作られているので、木陰が多いのが特徴です。

目玉の長~い滑り台は、ちゃんとスピードが出ます。

たまに途中でスピードダウンして、足でこがなきゃならない滑り台がありますが、この滑り台は最後までヒューっとスピードが出るんです!

子供の付き添いのふりして、ママも楽しんじゃってます(笑)

 

また、三ッ池公園のアスレチックには、個性的なうんていがあるのも特徴的です。

このうんていの形、珍しくないですか!?

3歳児には、まだちょっと早かったかな…。

恐竜のうんていもありますよ↓

 

木陰ではありませんが、平たんな場所にちびっこ遊具もあります。

地味ですが、子供はこういうのも大好きですよね↓

入口には、愛らしいお顔のモチーフだってあります。

ぜひ、一緒に写真を撮ってみてくださいね♪

他にも遊びどころ満載!

遊びどころ1:ジャンボ滑り台

「上の池」の脇にある「ジャンボ滑り台」も、すっごく楽しいですよ!

時間帯によっては日陰になります。

そして見てください!

大人でも足がすくむほどの高さ!!

息子とヒップソリを使って滑ってみたら…

私の体重で勢いがつき過ぎて、最後の着地部分で腰に衝撃がっっ!!

パパと息子で滑ったときなんて、着地点から1メートルくらい離れた場所にいたのに砂がバシャーって飛んでくるほどの衝撃でした。

腰に不安を抱えている方は要注意です!

遊びどころ2:コリア庭園

正門から入ってすぐの「コリア庭園」では、韓国の遊びを体験できます。

コマまわしは韓国語で「ペンイノリ」や「ペンイチギ」と言うそうです。

パパが試しにやってみたら…

回った!

子供たちにかっこいいところを見せられてよかったね(笑)

 

「チェギチャギ」という遊びは、羽を蹴って落とさないようにする遊びだそうです。

娘が挑戦!

危険を感じて逃げる弟(笑)

落とさないようにするのって、けっこう難しいものですね!

 

日本の輪投げに近い、矢を投げて輪に入れる遊びでは…

適切に投げて遊ぶ姉と、ズルをする弟(笑)

と、こんな感じで、かなり楽しむことができましたよ。

遊びどころ3:道

三ッ池公園の道は、広くて舗装されています。

池の周りをサイクリングしたり(混雑時はNGです)、

ランニングしたり、

お散歩するだけでも楽しめますよ。

三ッ池公園は桜の名所としても有名なので、春に桜を愛でながらお散歩できたら最高ですね!!

ランチにおすすめのスポット

三ッ池公園で軽食が買える場所は、

「下の池」の売店と

正門すぐの「パークセンター」です。

パークセンターの中にはテーブルセットが置いてあるので、ここでランチを食べることもできます。

 

でもせっかくなら、お弁当を持ってきてピクニックを楽しむのがおすすめです。

ピクニックに最適な場所は、下記の4カ所です。

1:正門すぐの「芝生広場&水辺の広場

2:下の池横の「いこいの広場

3:中の池そばの「里の広場

4:中の池近くの「花の広場

ただ、カラスが多めで、人間が周囲にいても平気で荷物をつついていたので、食べ物を置いて不在にしないよう注意してくださいね。

【番外編】予約不要の屋外プール3つ!(今シーズンは休止です)

最後に三ツ池公園には屋外プールがありますが残念ながら漏水の補修のため今シーズンは休止となります。

ちなみに、

プールの種類は
・幼児用プール2種類(スワン、カエル)
・25メートルプール1種類
の合計3種類。

入場料は
子供:110円(1歳から小学生以下)
大人:310円(中学生以上)
と、お手頃な価格です。

復旧が楽しみです!

詳細は三ッ池公園ホームページでご確認ください。

***

以上、夏でも清涼感のある三ッ池公園をご紹介しました。

皆さんもぜひ、三ッ池公園で夏の公園遊びを楽しんでくださいね。

三ツ池公園公式HP

三ツ池公園

所在地
横浜市鶴見区三ツ池公園1-1

交通案内
■「新横浜駅」からバス
JR「新横浜駅」より市営バス6系統、104系統の「鶴見駅西口」行きに乗車し、「三ツ池公園北門」を下車、環状2号線を横断して直進300メートル、徒歩約3分。

■「鶴見駅」からバス
・JR「鶴見駅」西口、みずほ銀行前「鶴見駅入口」バス停から市営バス6系統、67系統、104系統の「梶山」行き、または「新横浜」行きに乗車し、「三ツ池公園北門」を下車して、交差点を右折。徒歩約3分。
・JR「鶴見駅」西口バスターミナル、臨港バス「05系統東寺尾循環」または「06系統寺谷循環」に乗車、「寺尾中学校入口」を下車して、徒歩約7分。

■自動車で行く場合
首都高速神奈川7号横浜北線 岸谷生麦インターチェンジから約8分(3.8キロメートル)。

<駐車場>
利用時間:午前5時30分~午後7時30分(11月1日~3月15日は、午前5時30分~午後5時30分)
収容台数:北門駐車場(大型車6台、普通車91台、身障者用2台)、正門駐車場(普通車55台、身障者用2台)
利用料金:有料期間有り

更新日:



LINE始めました!
[あそびい横浜]友達登録で最新情報をお届け

友だち追加


※横浜で子供と遊ぶ、記事まとめを毎週1-2回お届けします。
※本名などの個人情報は、運営側に一切登録で通知されません。
※あそびいではあそびい横浜とあそびい湘南の2つのLINEを運用しています。
湘南版はこちら

おすすめ記事

スクール・習い事情報