横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

臨時休校、1週間どう過ごす?子供は楽しい×ママもハッピー!工夫をママに聞いてきました。

臨時休校、1週間どう過ごす?子供は楽しい×ママもハッピー!工夫をママに聞いてきました。

長期間、ママとお子さんでお出かけを自粛しながら過ごさなくてはいけない・・・こんなこと、なかなかないですよね。

それなら、この機会、有効に過ごしたいものです。大事なポイントは「ママがハッピーなこと」です。

早速その工夫を考えているママに聞いてみました!

学校と同じように時間割を作る!

ママが1時間目から5時間目まで時間割を作って1か月で成長させるわよ~!というのは、サッカーに力を入れている兄弟のママ。

1時間目:新横浜まで30分かけてジョギング
2時間目:新横浜公園で体操、ボールを使った練習
3時間目:ジョギングで帰ってくる
4時間目:勉強、お昼ご飯準備の手伝い
5時間目:勉強

と1週間の時間割を作って、勉強のところには毎日やる内容を書き込んでやらせる!と言っています。

体力も学力もつけて新学期パワーアップですね。

【プチアドバイス】

◆「時間割表 テンプレート 無料 かわいい」で検索するとかわいい時間割のテンプレートが出てきますよ。これでテンションもあがります!

◆幼稚園のお子さんは「小学校ごっこ」なんて言えば気分が盛り上がります。各時間は”せんたくたたみ”とお手伝いを入れてもよいですし、時々”ゲーム”を入れてあげてもよいですね。年長さんは、小学校の入学準備にもつながります。

1日お母さんを体験させ、1日お母さんができるようにする!

3年生と6年生の女の子のママは、とにかくこの期間中に2人で家事をできるように鍛える!と言っています。

そのステップは、

朝から夜までママのお手伝いを全てさせてお母さんがどれだけ大変か認識させる
→朝の家事だけ全部させる
→朝から昼の家事を全部させる
→1日の家事を全部させる

とのこと。3食作らせる!もいいねと。普段あまり使わない通信販売のミールキットを取り寄せてみたらできそうじゃない?!そんなプランも教えてくれましたよ。

ポイントカードでゲームの時間を制限!

1年生と3年生の男の子のママは、ゲームばっかりになりそうだよね・・・と。その場にいたママたちからポイントカード管理作戦が生まれました。

「ゲームばっかりしている!」というのはママのストレス原因の上位に位置するので、早期に対策しておく必要がありますよ(笑)

早速、6年生の女の子がポイントカードを作ってくれました!

60分勉強をしたら20分ゲームをしてよいそうです。ママと決めたルールだから、ママも納得した上でスタート!4時間頑張るとゲーム時間が増えるご褒美も。

日付を埋めていくことで、臨時休校期間どれだけ頑張ったか後で振り返ることも工夫したそうです。

低学年のお子さんだったら、ちょっと時間を短くしたり、幼稚園のお子さんだったら、勉強ではなく、お手伝いにしてもよいですね。

***
いかがでしたか?この期間の工夫は今後も役に立ちそうです。親子で楽しみながらお過ごしください。

公開日:





おすすめ記事