夏はジャンボプールで有名な「辻堂海浜公園」。

実はこの公園、プール以外もとっても楽しい公園なんです。

そんな楽しい見どころを一気にご紹介します。

まずは、芝生の広場

海岸に沿って東西に長い公園です。

map

公園のほぼ中央に位置する「北入口」から、右手に進むと、「芝生広場」「砂場」「交通公園」、左手に進むと、「多目的広場」や「ジャンボプール」があります。

「北入口」すぐの右手には、ひろーい芝生が広がっています!

SONY DSC

「やし」というのでしょうか、「そてつ」というのでしょうか、南国風の樹木が植わっていて、「湘南気分」を盛り上げてくれます。

SONY DSC

休日には、家族連れがボールやフリスビー、バドミントンで遊んだりしている姿がたくさん見られます。

サンシェードやレジャーシートを広げてお弁当と食べるのにも最適です。

子どもが1歳、2歳くらいの頃は、見渡す限り広い芝生なので、とにかく「自由に歩く」ことだけで存分に楽しめてました。しゃぼん玉をおいかけて、ひたすら歩いて「キャッキャ」喜んでくれます。

まず、ここに場所を確保、荷物置き場にして広い公園を周るのもよいでしょう。

ただし、だれか一人は留守番を!カラスやトンビに荷物を狙われます。被害経験ありです・・・。

交通公園は盛りだくさん!

ここは、三輪車、補助輪付き自転車で遊べるコーナー。

SONY DSC

うちの息子は奥に見える、引退した小田急線の車両が小さい頃から大好きです。

この中は、休憩はもちろん、飲食OKなので、お弁当を持ち込んでで食べるのも、電車が好きな子にはおすすめです。

有料ですが、アンパンマンやトーマスなどもバッテリーカーでも遊べます。

SONY DSC

ゴーカートやファミリー自転車で走れるコース。楽しみながら交通ルールを学べます。

SONY DSC

補助なし自転車練習コーナーもあります!4歳の娘も、ここで16インチに乗れました!

SONY DSC

補助なし自転車を乗れる人は、ゴーカートなどのコースの周囲をめぐるサイクリングコースを走ることができます。

16インチからの自転車が借りられます。

SONY DSC

小さい子向けなのは、こちらの2つの公園。

SONY DSC

どちらも交通公園内にあるので、交通公園の休園日には利用できないので要注意です。

定番の遊具。まわりの砂でお砂場遊びもできます。

SONY DSC

息子と娘が、海浜公園に来ると乗りたがるのがこちら。

SONY DSC

有料ですが、高いレールの上を、自転車のように自分の力でこいで進む「スカイサイクル」です。

ただし、子どもはペダルの足が届かないので、親が一人でこぐことになるため大人は結構、疲れます・・。

階段を上って、このドームの下が、スカイサイクルの乗り場です。(大人210円、子ども100円)

園内のところどころに、屋根のついたベンチや、水飲み場があるのも助かります。

SONY DSC

そして、最近公園に新設されたのが、この「芝(人工)滑り」。

SONY DSC

4歳の娘はこれが大好きで何度も、何度も、何度も、滑ります。

無料です!何気に大人も結構楽しいです。

交通展示館

こちらは大人は有料(大人310円、20歳未満および学生210円、高校生と65歳以上100円、中学生以下無料)ですが、ここも、電車好きの息子の大のお気に入りの場所!

電車運転のシミュレーターや、

SONY DSC

鉄道ジオラマ模型の電車を自分で発車させて遊べます。

SONY DSC

ジオラマは何種類かありますが、一番大きいこちらのジオラマは、受付の人にコインを一人3枚もらって、そのコインを投入すると、動かすことができます。

他にも、交通ルールなどについて学ぶ映像の見られるシアターや、

SONY DSC

陸、空の交通に学べる展示もあります。

SONY DSC

さらに、ボーネルンドプロデュースの「子どもの遊び場」も最近オープンしました!

カラフルな木製の鉄道ジオラマや、壁面パズルなどがあります。

交通展示館内には、自動販売機とテーブルのある無料休憩室もあるので、暑い時期や、寒い時期、屋外にいて疲れたらここで休憩したり、お弁当を食べるのもおすすめです。

穴場は、しょうなんの森

そして、見落としガチだけれどオススメなのがこちら。

SONY DSC

国道134号線をまたいで、海浜公園と海岸をつないでいます。

「たこのすべり台」の裏(南)側の小道を上っていくと・・・

134号線の上に、芝生が広がります。

SONY DSC

平日には、寝転んで読書をしているおじ様などもいっらしゃいます。

遠くに江の島も見えて、景色も抜群!

公園内ではなくて、ここにシート広げてお弁当も良いかも。ほんとうに穴場です。

そして、さらに進むと・・・

SONY DSC

はい、海です!!

SONY DSC

海岸の手前、公園に戻る途中にトイレもあるし、水場もあるので、はだしになって海岸で遊んでもOK

砂と海水を簡単に洗い流すことができます。

「海浜」公園なんだし、普段、海を見る事のないファミリーには、ぜひ海を見て欲しいです!

SONY DSC

サザン池

今日は、水が抜かれてしまっていましたが、ちょっとした噴水や、池があります。

SONY DSC

我が家は参加したことはないですが、池では、カヌー教室なんかも開かれたりしているようです。

海浜公園西側に隣接して、別の公園もあります(たぶん市の公園?)。

SONY DSC

海浜公園に遊びにきて、子どもに「ブランコであそびたーい」と言われた時には、こちらを利用しています。

SONY DSC

お弁当は持参がオススメ

他にも多目的グラウンドもあり、ゲートボールや、土日には、ラグビーなんかをする人々が集っています。

イベント開催時には、豆電車が走ったりすることもあります。

北入口からすぐのところにトイレと自動販売機があります。

SONY DSC

遊びはじめる前にここで用を済ませておくとよいかもしれません。

SONY DSC

トイレと自動販売機は、交通公園の近くにもあります。

西入口は入ってすぐのところには、ホットドッグやクレープなど軽食を売る売店があります。

SONY DSC

他に食べ物を取り扱っているのは、公園の東のはじのジャンボプールの建物内のカフェのみなので、我が家では、持参するか、途中で購入しています。(番外編参照)

かなり広い公園なので、一日で遊び切るのは難しいかも分かりません。

なので、お子さんの年齢に合わせて、以下のようにポイントを絞るのが良いと思います。

◆3歳以下のお子さんがメインの場合は、「少し海を見せてから、芝生でのんびり」

◆幼稚園くらいのお子さんの場合は、「交通公園内で存分に遊ぶ」

(補助輪、三輪車コーナー、ファミリー自転車、芝滑り、遊具と遊べば、かなり時間かかります)

◆それより大きい子の場合は、「交通公園のサイクリングコースとゴーカート、&交通展示館」

番外編

辻堂駅から海浜公園に向かう途中にあるお店のご紹介です!

辻堂駅からの道は、南に向かって一直線。

バスを途中下車したり、のんびり歩いて途中でお昼を調達するのも良いかもしれません。

先日のアドマチック天国にも登場した、パン屋さん、ファファ。

SONY DSC

本場フランスで修行した、フランス人の職人さんがつくる、ちょっと大人向けのパン屋さん。種類はそんなに多くはないですが、なんといっても本場のバゲッドは絶品です。

駅から歩いて立ち寄って、ちょっと駅方面にもどって「久根下公園前」バス停でバスに乗ると3つめが「海浜公園入口」です。

こちらは、また趣向の違うパン屋さん。リップル。

SONY DSC

こちらは、ファファよりもファミリー向けでしょう。

種類豊富で価格も良心的。アンパンマンの菓子パンなど、お子様がよろこぶパンもあります。

無料のコーヒー、2階にはイートインコーナーもあります。

「久根下公園前」と「高砂」バス停のちょうど中間にあるので、でどちらかでバスを乗り降りすると良いと思います。

そして、みなさんご存じの、格安スーパーOKストア。

SONY DSC

おにぎり50円~!のみものも通常の自動販売機の半額程度!

冷えた飲み物も店外の自動販売機で格安で手に入ります。

駅からバスに乗って海浜公園前のひとつ前のバス停「高砂小学校前」で降りると近いです。

OKストアから海浜公園までは歩いて5分~10分くらいです。

最後に、アクセス情報

辻堂海浜公園は、JR東海道線辻堂駅南口から、南にまっすぐ伸びる道を進んだ突き当りにあります。

(約1.5キロ。バスで10分)

JR横浜駅から辻堂駅までは、東海道線で約25分です。

駅からバスに乗った場合は、「海浜公園入口」バス停で降りると、公園のほぼ中央に位置する「北入口」が目の前です。

駐車場もかなり広いので、比較的駐車しやすいと思います。

※ただし、真夏は、ジャンボプールに海水浴に、とかなり混雑するので「朝一で!」など戦略をたてないと、駐車はかなり困難になりますが。そして、観光地なので県立公園の割には比較的料金高めなので、そこはご注意を!

http://www.kanagawa-park.or.jp/tujidou/index.html

県立辻堂海浜公園

所在地
神奈川県藤沢市辻堂西海岸3-2

交通案内
JR東海道線辻堂駅南口からバスで10分(約1.5km)

駐車場:東駐車場(499台)、西駐車場(301台)
駐車料金(普通車):最初の1時間420円、以降30分ごと210円
※ジャンボプール営業期間中以外は、普通車に限り1日最大1,200円となります。

アクセスマップ

Googleマップで地図を開く