横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 230万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 230万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

こどもの国のアイススケート場が今年もオープンします!お子さんのはじめてのスケートにも![12月16日〜]

7093

冬季限定のアイススケート場

こどもの国のアイススケート場が今年も12月16日(土)からオープンします。

こちらは夏の間、屋外プールの休憩所となっている大きな屋根の下がスケートリンクになるんですね。

屋根が付いているとはいえ屋外リンク。広さ30メートル×60メートルの楕円形のリンクは結構広いです。

こどもの国なので、お子さんのはじめてのスケートに最適

いつも多くの親子連れでにぎわうこどもの国。

アイススケートを楽しむのも親子連れがほとんどなので、小さいお子さんにもいいですね。

大人ばかりのアイスリンクだと、親御さんもちょっと構えてしまいます。

特にはじめてのスケートに挑戦するお子さんには最適かもしれません。

スケートだけじゃなく遊具や施設がいっぱい

こどもの国には横浜で1番長い110メートルのすべり台(ローラーすべり台)をはじめ、遊べる遊具などがたくさん

12月〜2月の日曜日・祝日には中央広場でたき火を楽しむイベント(10時〜15時開催)が行われたり、

12月26日(火)までの期間は正面陸橋下には直径7.2メートルの大きなクリスマスリースが登場したり、

と冬の休日を盛り上げるものもあります。スケートに飽きたあとも1日遊べそうです。

今年の初すべりに、親子でいかがですか?

【関連】こどもの国だけじゃない「こどもの国」駅。駅の反対側に1分、奈良山公園もお出かけの穴場なんです [奈良山公園:青葉区]


【関連】子供向けクリスマスワークショップまとめ(12月1日~12月10日開催)親子で手作りを楽しもう![横浜市内]


【関連】夏こそアイススケートが涼しい!初めてでも楽しい、夏に行かれるアイススケート場はこちら [横浜市]

こどもの国アイススケート場

会期:2017年12月16日(土)〜2018年2月25日(日)まで
開場時間:10時〜16時(入場は15時まで)
場所:こどもの国
住所:横浜市青葉区奈良町700Googleマップを開く
入場料(入園料+スケート場入場料+貸靴):大人1,300円、小中学生700円、幼児600円無料
※貸靴のサイズは、16cm~28cm(0.5cmきざみ)、29cm、30cm

【公式情報】こどもの国



Sponsored Link



こどもの国

所在地
横浜市青葉区奈良町700