湘南で子供と遊ぶ - あそびい湘南

湘南で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい湘南]

茅ヶ崎市美術館:特別展示「MATHRAX いしのこえ」に行ってきました。”石に触れると音が聴こえる”子どもと一緒に五感でアートを楽しめます[茅ヶ崎市:~7月1日]

茅ヶ崎市美術館:特別展示「MATHRAX いしのこえ」に行ってきました。”石に触れると音が聴こえる”子どもと一緒に五感でアートを楽しめます

茅ヶ崎駅南口より徒歩8分。茅ヶ崎市美術館では、現在、特別展示「「MATHRAX いしのこえ」を開催中です。アートというと、子連れではちょっと敷居が高い…と思いがちですが、この展覧会は、実は子どもに大人気!赤ちゃん連れでも楽しめて、リピーター続出中です。

展示されている石に触ると、優しい不思議な音が聴こえる…という、子どもでもすぐに楽しめるシンプルな展示内容。石と身体が接続されるような…不思議な体験が五感を揺さぶります。小さい子でも難しくなく、安心して連れていける貴重な展覧会、親子でお出かけしてみませんか?

高砂緑地の爽やかな空気に囲まれながら、美術館へ。
アートな気分が盛り上がります

茅ヶ崎駅南口から歩いて8分ほどのところにある茅ヶ崎市美術館は、緑豊かな高砂緑地の敷地内に建っています。高砂緑地は、茅ヶ崎の古くから美しい景観を残す公園で、たくさんの木々や花々が四季折々の風景を彩ります。親子で気持ちよくお散歩ができる穴場スポットです。
※茅ヶ崎駅南口からは、コミュニティバスも走っていて、こちらの利用も便利ですよ(詳しくは、美術館HPの「アクセス」欄から確認ができます)。

気持ちいい散策路を進んでいくと、茅ヶ崎市美術館があります。鉄筋コンクリート造りの近代的な建物が緑とマッチして、開放的な明るい雰囲気。子育て中のふだんの生活ではなかなか出会えないこのアートな空間、気分があがりますよ~!駅至近でこんな気持ちいい施設があるなんて、意外でした!…しかも、今回の展覧会の観覧料は無料です。

美術館に足を踏み入れた瞬間、別世界!
心地よい波の音が響く中、“いしのこえ”が聴こえます

今回の展覧会は、エントランスホールで行われています。美術館に入ったとたん、耳に優しい茅ヶ崎海岸の波の音が。広々としたホールに3か所に分かれて石が並んでいました。

これらの石は、アートユニットMATHRAXと地元茅ヶ崎の中学生のコラボレーション作品だそうです。茅ヶ崎の海で拾ってきた石に微弱な電気が流れるように細工し、触れるとそれぞれ異なる音が出るようになっています。

石に触れると、プワンとした不思議な優しい音が。それぞれの石をイメージした音が聴こえます。子どもたちは次々と手を触れ、いろいろな音を楽しめます。「海の中にいるみたい~!」「いろいろな音がしておもしろ~い」。かなり盛り上がりますよ。

長い年月をかけてこの石はどうやって海岸まで来たんだろう…、石の声が聞こえるとしたらどんな音だろう…さまざまな想像が子ども達の感覚を刺激します。今回の展示会には、何度も足を運んで楽しむ子供が多いそうですよ。

会場内に響く茅ケ崎の波の音はここから流れていました。音空間デザイナー原田智弘(ソラソレ堂)さんによるものだそうです。石たちが日々聞いていたであろう音を聴くことができます。とてもリラックスできる、ゆったりとしたやさしい音です。

美術館の来場はベビーカーもOKなので、赤ちゃんも石に触れて、楽しんでいるそうです。館内のトイレには、おむつ交換台もついていますよ。

この作品は、“触覚”にフォーカスした国際デザインコンクール「HAPTIC DESIGN AWARD 2017」で世界20か国、117点の応募作品の中から優秀作品に選ばれたそうです。世界にも認められた本物のアートに触れられる貴重な機会ですね。

少し大きな子は、制作過程に目を向けると
さらに興味が広がります

子どもが小学生くらいだったら、この作品たちがどうやって作られたかを知るのも楽しいと思います。

 美術館内には制作に携わった地元中学生たちが石を拾う様子やスケッチ、電子工作中の様子が展示されています。ひとつひとつ丁寧に描かれていて、思わず見入ってしまいます。

こんな装置が使われているんだ~。モノづくり好きのキッズも興味津々に!

制作過程の映像も流れていました。

アートユニットMATHRAXは、石のほかにも様々な素材で電気を流す実験、制作をされてきたそうです。電子工作とアートの融合…“新しい感性”を子ども達にも身に着けてほしいですね。

展示会開催中は、トークイベントも予定されています。パパ、ママにも興味深い内容です。

■ティーチャートーク「アーティストと生徒が作品を創り出すことについて」
日時:6月24日(日) 14:00~
出演:山本幹雄(茅ヶ崎市立松林中学校 教員)
※申込み不要、無料

■キュレータートーク
日時:7月1日(日) 14:00~(20分程度)
内容:担当学芸員による作品解説
※申込み不要、無料

茅ヶ崎市美術館:特別展示「MATHRAX いしのこえ」
開催日時:2018年5月20日(日)~7月1日(日)
10:00~18:00(入館は17:30まで)
会場:茅ヶ崎市美術館 エントランスホール
休館日:月曜
観覧料:無料
主催/公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
協力/茅ヶ崎市立西浜中学校、茅ヶ崎市立松林中学校、湘南工科大学総合デザイン学科
特別協力/ソラソレ堂(環境音サウンドインスタレーション

展示会を楽しみ終わったら…
2階のカフェでゆっくりするのもおすすめ!

美術館2階のカフェ「ル シュマン」は、展示会の後や、高砂緑地を散策した後にぜひ立ち寄ってほしいスポット。大きな窓からは木々の緑が美しく見え、開放感いっぱい。天気のいい日には富士山も見えるそうですよ!

メニューには、煎れたてコーヒー、焼きたてのパン、茅産茅消にこだわった食事、 茅ヶ崎のお店にこだわった商品など、地元の美味しいものがずらり。こんな素敵な空間で、地元の美味しものをいただけるなんて、最高の贅沢です!

「ル シュマン」
TEL: 0467-55-8005(カフェ直通)
総席数:22席 全席禁煙
営業時間:4月~10月 10:00~18:00(ラストオーダー17:30)
11月~3月 10:00~17:00(ラストオーダー16:30)
定休日:美術館休館日に準ずる(ただし臨時休館日は原則営業。駐車場を使用できません)

ル シュマンHP

茅ヶ崎市美術館では、展示会以外にもいろいろ開催しています

茅ヶ崎市美術館では、美術館の施設、周辺の自然、湘南・茅ヶ崎の風土を生かしたワークショップやイベントも開催しています。気軽にアートに触れられる、子ども向けの楽しいものもたくさんあるので、HPで確認してみてくださいね!

陽の光がいっぱい入る、広々とした2階のアトリエ。のびのびと創作活動を楽しめます。

美術館横には自然豊かな屋外アトリエも。ハーブ園もありました。これらを使ってワークショップが開催されることも多いそうです。
※2階のアトリエ、屋外アトリエは、ふだんはオープンにされていません。今回特別にお邪魔して撮影させていただきました。

***

いかがでしたか?
茅ケ崎の地で、アーティストと地元の海の石、海の音、子どもたちが出会って生まれた作品に触れられる展覧会。世界にも認められたアートを身近で感じられる貴重な機会です。ぜひ五感を使って楽しんでくださいね。

茅ヶ崎市美術館の隣には、「茅ヶ崎市立図書館」がありますよ。美術館&図書館で1日ゆっくり過ごすのもおすすめです。

公式ホームページ

茅ケ崎市美術館

所在地
茅ヶ崎市東海岸北1-4-45

電話番号
0467-88-1177

営業時間
10:00 から 18:00(入館は17:30まで)

※11月~3月は、10:00~17:00

定休日
毎週月曜日
祝日の場合は開館し、翌平日、翌々平日が休館

交通案内
●徒歩
JR茅ヶ崎駅南口より高砂通りを南へ向かい徒歩約8分。

●バス
同駅南口よりコミュニティバスえぼし号を利用。
のりば
①中海岸南湖循環市立病院線に乗車(約1分)し、
②図書館前で下車、高砂緑地入口まで約70m。

高砂通りに面した場所に美術館専用の駐車場があります(無料)。
収容台数(10台、大型車不可)が少ないため、公共の交通機関を利用をおすすめします。

Googleマップで地図を開く

公開日:



LINE(湘南版)始めました!
[あそびい湘南]友達登録で最新情報をお届け

友だち追加


※湘南で子供と遊ぶ、記事まとめを毎週1回程お届けします。
※本名などの個人情報は、運営側に登録で一切通知されません。
※あそびいではあそびい横浜とあそびい湘南の2つのLINEを運用しています。
横浜版はこちら

asobii

横浜の天気

  • 今日

    晴れ

    晴れ

    --℃ / --℃

  • 明日

    曇時々晴

    曇時々晴

    15℃ / 8℃

  • 明後日

    晴時々曇

    晴時々曇

    --℃ / --℃



asobii
asobii