横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜市民防災センターで、被災地応援イベント。ワークショップにコンサート、「消防うどん」の無料配布も。楽しみながらお子さんと防災を体験・教えることができます [横浜駅西口から10分 3月10日(日)]

横浜市民防災センターで、被災地応援イベント。ワークショップにコンサート、「消防うどん」の無料配布も。楽しみながらお子さんと防災を体験・教えることができます [横浜駅西口から10分 3月10日(日)]

2019年3月10日(日)に横浜駅から徒歩10分の横浜市民防災センターで、被災地応援イベントが行われます。

会場では、防災ワークショップ消防音楽隊によるコンサートも行われるので、親子で思い思いに過ごせますよ。

横浜市民防災センターには様々な防災体験

横浜市民防災センターは様々な防災について学べる施設。

横浜駅西口からもほど近く、お子さんが楽しみながら学べる体験がたくさんあることも特徴です。

【関連】

横浜市民防災センター:火を消し、煙の中を進み、落ちた食器を避ける!楽しみながら防災の体験ができます[横浜駅西口より徒歩10分 入場無料]

そんな横浜市民防災センターで行われる本イベント。

3・11の東日本大震災については、その事実を親子で一緒に知ることも教育や防災につながるのではないでしょうか。

このイベントでは、特別対談「東日本大震災での真実」と題して、現場で指揮をとった方々のお話も聞けるそう。

少し大きくなったお子さんにはとても貴重な体験です。

小さなお子さんも楽しめるワークショップにコンサート!「消防うどん」無料配布も

もちろんそれだけではなく、楽しみたいお子さんにもぴったり。

(画像は公式ホームページよりイメージです)

親子で楽しめるワークショップに、コラボコンサートもありますよ。

消防うどんも登場

さらに限定200食の「消防うどん」も無料配布されるそう。お昼の時間に合わせて楽しめますね。

活動記録による企画展も開催。小学生などより深く知りたいお子さんにはこちらもぴったりです。

また施設自体がお子さん連れにフレンドリー、授乳コーナーなどもあり安心なことも嬉しいですね。

体験もいっぱい。施設の詳細はこちらの記事に

【関連】

横浜市民防災センター:火を消し、煙の中を進み、落ちた食器を避ける!楽しみながら防災の体験ができます[横浜駅西口より徒歩10分 入場無料]

3月10日日曜日に開催

大切なお子さんを守るためにも、お子さんと一緒に防災を勉強。

家族で学べる休日、3月10日の日曜日に開催なので、幼児さんから小学生まで幅広く体験することができます。

(画像は公式ホームページよりイメージです)

横浜駅で遊んだ足で、少し訪ねてみてはいかがでしょう。

横浜市民防災センターは、沢渡中央公園という広い公園の中にあるので、気分転換にもなりますよ。

【関連】

沢渡中央公園:横浜駅西口から近い子供と気分転換できる公園。沢渡中央公園と、横浜市民防災センターまで実は徒歩10分! [横浜西口]

イベント概要

日時:2019年3月10日日曜日

時間:10時〜15時

会場:横浜市民防災センター

住所:横浜市神奈川区沢渡4-7(横浜駅西口より徒歩10分)

詳しくは以下の公式ページまで。

横浜市民防災センター:公式ホームページ

更新日:



LINE始めました!
[あそびい横浜]友達登録で最新情報をお届け

友だち追加


※横浜で子供と遊ぶ、記事まとめを毎週1-2回お届けします。
※本名などの個人情報は、運営側に一切登録で通知されません。
※あそびいではあそびい横浜とあそびい湘南の2つのLINEを運用しています。
湘南版はこちら




450万人が利用。横浜のパパママが作る「あそびい横浜」