横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

あじさい2万株!で梅雨を楽しむ+水族館+遊園地。横浜・八景島シーパラダイスであじさい祭今年も開催 [6月8日〜30日]

あじさい2万株!横浜・八景島シーパラダイスであじさい祭今年も開催 [6月8日〜30日]

梅雨に入ると、今年もあじさいの季節がやってきます。この時期ならではの彩りですよね。

横浜市内にはたくさんのあじさいの名所がありますが、実は、横浜・八景島シーパラダイスもその一つ

県内最大級ともいわれる約2万株のあじさいを楽しむことができます。

6月8日(土)からは「第19回八景島あじさい祭」も始まりますよ。

あじさいの種類も豊富な八景島にはオリジナルあじさいも

水族館や遊園地、というイメージがある八景島シーパラダイスですが、園内にはセイヨウアジサイやガクアジサイなどさまざまな品種のあじさいを楽しめます。

なかには八景島の名前がついた新種のあじさい「八景ブルー」や「八景ピンク」も咲くそう。これはぜひ観察したいですね。

あじさいを楽しめるスポット

・シーサイドガーデン(西浜)
あじさいが海をバックに爽やかに咲き誇ります。
・あじさい坂(西浜から丘の広場まで上る坂)
あじさいに彩られた坂道。あじさい園路を華やかに盛りあげます。
・シークレットガーデン(広場まで上る坂道の途中)
「あじさい坂」の途中にひょっこり現れるのが「シークレットガーデン」。「ピンクアナベル」たちが緑の中に映えます。
・ブルーパラダイス(丘の広場)
あじさいとバラのコラボレーションがご覧いただけます。
・八景ブルーの庭(築山東側バス発着場)
八景島オリジナルあじさい「八景ブルー」が咲き誇ります。
・あじさいの花道(丘の広場からカーニバルハウスまで下る坂)
丘の広場から緩やかな坂道の両サイドにあじさいが咲き並び、あじさいがお客さまをシーパラダイスへ導きます。
・あじさいの滝(カーニバルハウスから丘の広場へ上る階段)
白いあじさい「アナベル」が流れ落ちる滝のように咲き誇るメインストリート。夜には竹灯籠による幻想的な演出も。
・新緑のあじさい(カーニバルハウス前花壇)
新緑を背景にあじさいの海をイルカが泳いでいます。
・シーパステル(客船ターミナル裏)
白いアンカレッジ記念碑と海とあじさいのコラボ。
・シーパラシー太像横、アクア前広場特設テント
八景島でしか見られない新種のあじさいと、大階段には素敵な撮影スポットが。

灯籠によるライトアップも

昨年始まった企画「あじさい園路ライトアップ」。今年も開催されます。

カーニバルハウスから丘の広場へ上る階段「あじさいの滝」が幻想的にライトアップされますよ。

梅雨の時期だからこそあじさいを楽しもう

園内では特典がもらえるスタンプラリーやあじさいトレイン、フラワーアレンジメント教室などイベントもりだくさん。

梅雨というと外に出るのがおっくうになってしまいますが、梅雨ならではのあじさいを楽しむためにお出かけするのもよいですね。ぜひ親子でお楽しみください。

他にもたくさんのイベントが開催中

公式ホームページより

もちろん水族館も楽しめて、

遊園地も楽しめる「シーパラ」

水族館は屋内なので、雨でもOK。梅雨に意外な穴場ですよ。

【関連】

横浜・八景島シーパラダイス:水族館に入らない!?アトラクションのみをたっぷり楽しむプランで遊んできました。[金沢区]

第19回八景島あじさい祭

開催期間:2019年6月8日(土)〜30日(日)
住所:横浜市金沢区八景島Googleマップを開く
交通:
車の場合
首都高速湾岸線「幸浦」出口からすぐ
高速道路・横浜横須賀道路「並木インターチェンジ」からすぐ
電車の場合
シーサイドライン八景島駅からすぐ

【公式情報】横浜・八景島シーパラダイス

横浜・八景島シーパラダイス

所在地
横浜市金沢区八景島

更新日:



LINE始めました!
[あそびい横浜]友達登録で最新情報をお届け

友だち追加


※横浜で子供と遊ぶ、記事まとめを毎週1-2回お届けします。
※本名などの個人情報は、運営側に一切登録で通知されません。
※あそびいではあそびい横浜とあそびい湘南の2つのLINEを運用しています。
湘南版はこちら

おすすめ記事

スクール・習い事情報

500万人が利用。横浜のパパママが作る「あそびい横浜」