横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

ナイトズーラシア初日レポート:ランタンを灯しながらジャングルの中を大冒険!?混雑状況や注意点も。夜の動物園行ってきました [ズーラシア(旭区):8月の毎週土日と12日]

ナイトズーラシア初日レポート:ランタンを灯しながらジャングルの中を大冒険!?混雑状況や注意点も[ズーラシア(旭区):8月の毎週土日と12日]

横浜市の大型動物園ズーラシアで「ナイトズーラシア2019」が開催中。早速子供と一緒に行ってきました!

日程は、8月の毎週土日と12日の20:30まで(入園は19:00まで)。

毎週土曜日は、小・中・高校生は入園料無料です!

園内には、アニマルモチーフのイルミネーションがたくさん!

20周年記念の巨大オブジェもありました。

もちろん動物たちも待っています。

もともと木々が多く自然が豊かなズーラシアは、夜になるとジャングル感まんさい

ワークショップで作ったランタンを灯しながら暗い道を歩いていると、探検家になった気分が味わえます。

夜のお出かけというだけでも、子どもたちにとっては特別な時間ですよね。

いつもとちょっと違う夏休みのお出かけを、皆さんも楽しんでみませんか?

【関連】

夜の動物園へ行こう!ナイトズーラシア今年も開催 イルミネーションやビアガーデンも[8月中の土日、旭区]

正門と北門、どっちから入る?

ズーラシアは横に広~い動物園。

端と端にある正門から攻めるのか、北門から攻めるのか、けっこう迷いどころです。

正門にはゾウさんがいて、北門にはアフリカのサバンナがあって…どちらも捨てがたい。

通常であれば、わが家は北門から入り、正門から入る人の流れと逆流する形で混雑を避けています。

今回も北門から入ったのですが、ナイトズーラシアは正門から入ることを想定して、バスの運行が決められていました!

正門「ゾウさんのりば」の最終便:18:30発
北門「北門のりば」の最終便:20:00発

つまり、端から端へ向かい、バスに乗って帰ってくるとしたら、正門から北門へ向かって帰ってくる方が、遅くまでバスがあるということです。

ただし、閉園間近のバスはかなり混雑します。

端から端まで満喫するよりも、エリアを絞って歩いて戻るという選択肢も考えておいた方がいいかもしれません。

何時から行くのがおすすめ?

通常のズーラシアの開園時間は9:30~16:30(入園は16:00まで)。

ナイトズーラシアのスケジュールは16:30からスタートです。

わが家は17:00に到着しました。

この時間帯はまだ、正門も北門も駐車場に余裕がありましたよ。

車から降りると、まだ少し日差しがジリジリとあたって暑いなぁという時間帯。

ミストが嬉しかったです!

まだまだ明るいので、動物もはっきり見ることができましたよ。

この時間帯に行ってよかったなぁと感じたのは、人気の工作教室「自分だけのZOOランタンを作ろう」に、まだまだ余裕があったところ。

ZOOランタンのワークショップは毎年人気で、最終受付は19:00

まだ明るいからと後回しにしていると、暗くなり始める19:00には既に終了しているということになりかねません。

しかも19:00前は混雑します↓

入園したら、早々にランタンを作るのがおすすめです。

場所は「ころこロッジ」ですよ。

ズーラシア夜市キッチンカーの混雑状況

ナイトズーラシアのメインイベントといっても過言ではないズーラシア夜市

等身大の動物オブジェが置かれた人気の広場「ころころ広場」に、ォトジェニックなデコレーションやキッチンカーが集結します!

人気のキッチンカーはフライドポテトとピザ。

18:00時頃はまだ、ほとんどのキッチンカーでは並ばずに買えそうでしたが、フライドポテトとピザのキッチンカーは10分程度並びました。

19:00になると、ほとんどのキッチンカーに列ができていましたよ。

買うなら暗くなる前、18時前後がおすすめです。

お祭り気分が味わえる屋台も楽しい!

キッチンカー以外にも、スパーボールすくいやクジ引きが楽しめる屋台も子どもたちに人気でした。

わが子たちは腕にフェイスペイントをしてもらいましたよ。1回500円。

1つの絵柄を書くのに、5~10分程度、18:00台の待ち時間は15分くらいでした。

水にぬれたり、こすったりすると落ちてしまうので要注意です。

お風呂に入ったら消えてしまう絵ですが、子どもたちはご満悦でした。

たまには、こういうのもいいですよね。

ランタンを灯して園内を探検!

19:00くらいになると、いよいよ周囲が暗くなってきました。

作ったランタンが大活躍する時間帯です。

園内の表示も、夜仕様。手書きのイラストがかわいいですよね。

「飼育員のとっておきタイム」も開催されています。

19:30~のオカピの展示前は、この混雑↓

少し前に並んでおかないと、ほとんど見ることができなそうです。

夜の園内は、昼間と全然違う雰囲気!

サバンナテラス前のイルミネーションもきれいでした。

草むらから、動物や虫の鳴き声のBGMが聞こえてきて、雰囲気はまるでジャングル!

探検している気分を味わうことができましたよ。

この雰囲気こそが、ナイトズーラシアの醍醐味です。

いつもとちょこっと違う夜のお散歩。

こんな1日が、家族の温かい笑顔と共に、子ども心に深く残るのかもしれませんね。

【ナイトズーラシア2019】
開催日:2019年8月3日(土)〜31日(日)の土曜・日曜と8月12日(月・祝)
開園時間:昼間の開園に引き続き20時30分まで
※最終入園は19時まで
開催場所:よこはま動物園ズーラシア
住所:横浜市旭区上白根町1175-1Googleマップを開く
入園料:小学生未満無料、小人(小・中学生)=200円、中人(高校生)=300円、大人=800円

【公式情報】ナイトズーラシア

更新日:



LINE始めました!
[あそびい横浜]友達登録で最新情報をお届け

友だち追加


※横浜で子供と遊ぶ、記事まとめを毎週1-2回お届けします。
※本名などの個人情報は、運営側に一切登録で通知されません。
※あそびいではあそびい横浜とあそびい湘南の2つのLINEを運用しています。
湘南版はこちら

おすすめ記事

スクール・習い事情報

500万人が利用。横浜のパパママが作る「あそびい横浜」