横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

よみうりランド隣に新感覚フラワーパーク「HANA・BIYORI」 毎日ワークショップや園内にはスタバも[3月23日オープン]

【緊急事態宣言・外出自粛の要請が出ております。 各々のイベントや施設は中止・休業の場合がありますので、個別に直接施設などにお問いあわせください。】
【各おでかけ記事は2020年3月以前に執筆されたものです】.

よみうりランド隣に新感覚フラワーパーク「HANA・BIYORI」 毎日ワークショップや園内にはスタバも[3月23日オープン]

よみうりランド遊園地に隣接した日本庭園に3月23日(月)、花や最新のプロジェクションマッピングショーなどを楽しめる新感覚フラワーパーク「HANA・BIYORI」がオープンします。

園内には関東最大級300鉢を超えるフラワーシャンデリアが設置される温室や季節ごとに約1万5,000本の花が咲く「四季の庭」などが楽しめます。春には約100本の桜も咲くそうですよ。

そのほかアクアリウムもあって、海水魚やコツメカワウソなども展示されます。

園内のコンテンツ

HANA・BIYORI館

約1,500平方メートルの温室では、300鉢を超えるフラワーシャンデリア(吊り花)は、メインとなるベゴニアをはじめ、フクシア、ペチュニア、ゼラニウム、サクソルム、インパチェンス、カンパニュラなどが年間を通じて室内を彩ります。


そのほか、カクレクマノミやチョウチョウウオなど約50種1,200匹の魚を観察できる巨大なアクアリウムも用意します。

「四季の庭」「セコイアの庭」

四季の庭では、季節ごとの花が植えられ、花壇内を歩きながら楽むことができます。セコイアの庭は屋外エリアで最も高い木であるセンペルセコイアの足元に広がるガーデンです。

プロジェクションマッピングショー

明かりが差し込むガラスの温室が暗転し、プロジェクションマッピングがスタート。花とデジタルアートの世界に没入できます。最後は来場者の感情を分析してエンディングが切り替わる「マルチエンディング」も取り入れているそうです。

料金:無料
回数:平日4回、土日祝日は6回
※時間は季節で異なる

植物園内初出店のスターバックス

太陽の光がさんさんと降り注ぐ、花と緑に囲まれた空間に寄り添ったBotanical caféで

スターバックスのコーヒーを提供。

花と植物のワークショップ

園内を彩る花々を使用して制作するフラワーアレンジメントや苔テラリウムなどのワークショップを日替わりで開催。子供から大人まで楽しめます。

場所:HANA・BIYORI館内shop charm
月水金:苔テラリウム本格コース・ボトルアクアリウム本格コース
火:バスケットフレッシュフラワーアレンジメント
木:ボックスフレッシュフラワーアレンジメント
土日祝:苔テラリウムかんたんコース ボトルアクアリウムかんたんコース

開催回数:平日1日2回、土日祝日1日3回
※開催時間は日によって異なる
料金:2,000円〜
参加方法:当日先着
定員:1回最大10組まで

コツメカワウソの展示スペース

館内に設置された「カワウソびより」では、かわいいしぐさのコツメカワウソを展示します。森の木陰をイメージした空間で生活する様子を間近で観察しましょう。えさやりやふれあいの時間もあります。

■コツメカワウソのえさやり
料金:1回300円
回数:1日3回
■コツメカワウソとのふれあい
回数:平日1回、土日祝日は2回

横浜からは車で1時間ほど

「HANA・BIYORI」までは横浜から車で1時間ほど。休日のドライブにちょうどいいですね。新スポットに家族でお出かけしてみませんか。

新感覚フラワーパーク「HANA・BIYORI」

オープン日:2020年3月23日(月)、10時
住所:東京都稲城市矢野口4015-1 (よみうりランド遊園地隣接)Googleマップを開く
営業時間:9時30分〜17時※時期により変動
入園料:大人1,200円、小人(3歳以上)600円
駐車場:約400台、「HANA・BIYORI」利用は2時間無料。以降30分300円

【公式情報】HANA・BIYORI

【緊急事態宣言・外出自粛の要請が出ております。 各々のイベントや施設は中止・休業の場合がありますので、個別に直接施設などにお問いあわせください。】
【各おでかけ記事は2020年3月以前に執筆されたものです】.

新感覚フラワーパーク「HANA・BIYORI」

所在地
東京都稲城市矢野口4015-1

公開日:

おすすめ記事

スクール・習い事情報