横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

コピー 「自転車レッスン 自転車教室 オンラインクリニック」

お出かけの場合は各施設や自治体など公式HPをご確認の上、ご判断をよろしくお願いいたします。 昨年以前に掲載の記事や内容もありますため公式HPなどもご確認ください。

コピーしたもの

「自転車教室オンラインクリニック」横浜たかしくんの保護者様のページ

ご質問「すぐに倒れて足がついてしまいうまくペダルが漕げません。どうすればいいでしょうか」

 

自転車教室指導員の松永です!お答えいたします(^^)v

たかし君の保護者様、こんにちは\(^o^)/ この度はご質問ありがとうございます。いくつかアドバイスできることがありますので、私のほうから以下に回答させていただきます。ぜひ読んでみてください! そして練習頑張ってみてください!!

一生懸命に練習しています!感動の動画ありがとうございます!

動画を拝見させていただきました!たかし君も保護者様も、親子で一緒になって練習頑張っている感じがひしひしと伝わりましたよ!。とっても素晴らしいですし感動しました(^^)/ ありがとうございます!

診断結果「スピードとバランスをもう少し頑張ってゲットしよう」

惜しい、あと少し。スピードを出してみることと、グラグラしないでバランスよく前へ進むこと。この二つを頑張ってゲットできればきっと乗れるようになっていきます(^^)v

さて今回いただいた質問ですが「すぐに倒れて足がついてしまいうまくペダルが漕げません。どうすればいいでしょうか」ということでしたね。
確かに、動画を拝見する限りすぐに足が地面についてますね(>_<)。どちらかというと右足がすぐついている感じが見られますね(たかしくんは右利き!?) 利き腕利き足のほうに力が入りがちで、その動きにつられて、体も利き腕利き足のほうに傾きやすいお子様が多く見受けられるのは確かです(特に練習し始めの時)

これを修正していくのは、前へ進む力をもう少し強くしていくこと(すなわちスピードをつけていく)、そしてそのスピードをバランスよく維持して漕ぎ続けること。この二つがとても大事になってきます、そんなことを意識しての練習が、今のたかしくんにはとっても大切かなあ、と動画を見て思いました。

この状況を改善していくために、良い練習方法があるのでお伝えさせていただきます。繰り返しますが、ポイントはスピードとバランスです\(^o^)/。これさえできればよくなっていくと思いますよ(^^)v

処方箋1「両足キックで足をあげる練習」を継続してスピードとバランスを!

アドバイスの一つ目ですが、たかしくん自身が一人で、前へ進む「スピード」に慣れつつ「バランス」をしっかり保てるようなることの練習、「両足キック」という練習方法をお勧めさせていただきます。
まずは、足をしっかり地面につくように椅子の高さを調整してください。今は、少々「椅子の高さ」が高いような気がします(少し椅子をさげていただいて足がべたっとつくくらい)(>_<)。調整出来ましたら、両足を同時に蹴って前へ進む「両足キック」の練習を繰り返してみましょう。繰り返すことでバランスが自然と備わります\(^o^)/。体が傾かないように、そして止まらないよう(動き続けるように)にして進み続ける練習を行ってみてください。
これが上手くできるようになってきたら、次は足を上げて進む練習です。「両足キック」を使って3回程度「助走」代わりにして、スピードを出して足をあげたまま進む練習をしてみてください。ペダルを漕がなくても大丈夫です。これで漕ぎ出すためのスピードもバランスも慣れてくると思います!
あと、たかし君は体が傾きがち(倒れそうになりがち)でしたので、保護者様は後ろから両肩(あるいは背中)あたりに「そっと」手を添える感じで支えて、進み続けるように繰り返し練習してみてください!慣れてきたら少しずつ保護者様は、手を放していきましょう。この練習方法は、下記の2つの動画を見ていただければと思います。ぜひトライして頑張ってみてください(^^)v

自転車レッスン015 ペダル練習のいよいよ準備!「両足えっさほいさ」

自転車レッスン016 ペダル漕ぐ前の最後の練習「両足キックから1・2・3ゴー」

処方箋2「両足キック」を使って漕いで練習をしてみよう\(^o^)/

スピードとバランスが以前より良くなってきていると感じましたら、いよいよペダルを漕ぐ練習をしていってください(^^)/
その前にワンポイント!「ペダルに載せる足の位置」「ペダルを漕ぐ姿勢」です。
まず足の位置ですが、つま先が真っすぐ前を向く(がに股にならない)こと」、で土踏まずあたりをペダルにしっかりのせましょう。かかとでもなくつま先でもなく、です。ペダルから足が離れないように(外れないように)のせることが大切です。
次に姿勢。前かがみも後ろへ倒れた姿勢も、グラグラ右左もだめ。という意識・姿勢を忘れずにしましょう。きょろきょろ周りを見てしまうのもダメです。ペダルに足をのせるとき、下(ペダル)を見てしまうのは仕方がないですが、ペダルに足がのったら顔をしっかりあげて前をみてペダルをこぎましょう。この意識を持ったうえで、両足キックから漕いでみます。先ほどと同じですが、保護者様は後ろから両肩(あるいは背中)あたりを支えて進み続けるように繰り返し練習してみてください\(^o^)/

自転車レッスン019 ペダルをこぐときの準備や注意(足の載せる位置と姿勢)

自転車レッスン020 1・2・3ゴーからペダルをこいでみよう

>おしまいに「ヘルメットは被ってくださいね」

自転車レッスン004 保護者のサポートの仕方

私からのアドバイスは以上となります。お子様が誰の支えもなく「両足キック」でどんどん進めるようになってくると、一人で漕ぎ出すスピードもバランスも十分になってきています。そうなれば「しめたもの」でして\(^o^)/。きっと上手にペダルを漕げるようになってきているはずですよ(^^)/。
今回、たかしくんの練習動画を拝見させていただいて「頑張れ!あ、ほしい!あとちょっとじゃん!!きっと乗れるようになるから!がんばれたかしくん、さあ、一緒に練習しよう!先生がついてるぞ!」と思わず声を上げながら熱く応援していました。私もたかしくんの保護者様と一緒の想いで練習に参加しています!
補助輪無しで自転車に乗れるようになる時間は、お子様によって個人個人、本当にまちまちなんです。保護者様も焦ることなく、どうぞあたたかく見守ってあげてください。お子様と一緒に「楽しいなあ」「今日もいい汗かいたなあ「昨日よりすごく上手になったね!」と褒めつつ声をかけながら練習してあげてくれれば、お子様も頑張りますし、私もとっても嬉しい限りです。
最後になりますが、自転車練習はお子様にとってはけっこうハードですので、お水休憩は適度に取りながら行ってくださいませ。また万が一の転倒に備え、ヘルメットは必ずかぶって練習してくださいね。車等にはどうぞ十分気を付けて練習してください(上記の動画もあわせてご覧ください)。
この度は、オンラインクリニックをご利用いただきましてありがとうございました。またよろしければご利用くださいませ。ご家族様の楽しい自転車ライフを心から祈念しておりますm(__)m

更新日:

あそびい横浜がプロデュースするここだけの体験 「よこはまこどもカレッジ」。LINE登録受付中。



最新情報がわかる!募集がまとめてわかる!
こどもたちに体験と挑戦を、横浜で

友だち追加

「よこはまこどもカレッジ」とは


よこはまこどもカレッジ:人気体験紹介ページ

おすすめ記事

asobii
asobii


スクール情報:体験教室あり18区 50音順

【スクール】

青葉区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市青葉区]

【スクール】

旭区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市旭区]

【スクール】

泉区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市泉区]

【スクール】

磯子区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市磯子区]

【スクール】

神奈川区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市神奈川区]

【スクール】

金沢区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市金沢区]

【スクール】

港南区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市港南区]

【スクール】

港北区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市港北区]

【スクール】

栄区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市栄区]

【スクール】

瀬谷区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市瀬谷区]

【スクール】

都筑区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市都筑区]

【スクール】

戸塚区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市戸塚区]

【スクール】

鶴見区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市鶴見区]

【スクール】

中区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市中区]

【スクール】

西区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市西区]

【スクール】

保土ヶ谷区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市保土ヶ谷区]

【スクール】

緑区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市緑区]

【スクール】

南区、子供向け体験教室があるスクール・習い事 [横浜市南区]