湘南で子供と遊ぶ - あそびい湘南

湘南で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい湘南]

ママパパがつくる親子遊びの地元情報[あそびい湘南]

彫刻の森美術館:箱根の大自然の中、子どもと一緒に体いっぱいアートを感じて、アートで遊ぶ。国内初の野外美術館で、親子でワクワク、ドキドキ体験♪[箱根町]【湘南からちょこっと遠出シリーズ】



彫刻の森美術館:箱根の大自然の中、子どもと一緒に体いっぱいアートを感じて、アートで遊ぶ。国内初の野外美術館で、親子でワクワク、ドキドキ体験♪

今回我が家が足を運んだのは、箱根にある「彫刻の森美術館」。

”子連れで美術館”というと普通はちょっとハードルが高いもの。子どもがうるさくしたら・・走り回っちゃったら・・と、二の足を踏んでしまいますよね。私も美術館が大好きで20代の頃はよく行ったものなんですが、子どもが生まれてからはすっかり遠のいてしまっていました。

でも、ここは自然の中を歩き回りながら、子どもと一緒に楽しめる美術館なんです!子どもと一緒に芸術を楽しみたいな、と思っているママやパパにぜひお勧めしたい場所です。

国内初の野外美術館。
青空の下で芸術作品を楽しもう!

1969年に国内ではじめての野外美術館(オープンエアーミュージアム)として開館した「彫刻の森美術館」。7万平方メートルもの広さがある館内には、自然と芸術が融合した空間が広がります。

彫刻の森美術館の素敵なポイントは、何と言っても野外にアートが点在していて、思い思いに歩き回ってそれらを楽しめるところ♪

さっそく我が家が訪れたスポットをご紹介します!

入り口近くにいきなり現れる、大きな顔。「フランソワ=ザビエ、クロード・ラランヌ《嘆きの天使》」という作品です。涙が出ていて、それが池に溜まっている!面白い・・子どもも思わず立ち止まって見ていました。

空が背景になっている「カール・ミレス《人とペガサス》」という背の高い台座に展示された作品もありました。作品が自然と一体化して、清々しいですね〜!

池の中に目を引く真っ赤な「マルタ・パン《浮かぶ彫刻3》」が。小さい作品の方は水面を動いています。こちらの池には鯉もいて、餌やりもできるんですよ。

細かいことはわからなくても、色が綺麗だね、とか、あれは何だろうね!?とお子さんと話しながら歩くだけでもいいんです♪一緒にいると、子ども達が全身でアートを感じているのが分かります。

「井上武吉《my sky hole 84 HAKONE》」球体の中に映し出される世界は無限。思わず、立ち止まってしまう作品ですね。大人も子どもも楽しめる作品がいっぱいです。

青い空、箱根の山々、芝生の緑がすっきりと美しく、作品が映えます。これぞ野外美術館の醍醐味♪

こちらは「バリー・フラナガン《ボクシングをする二匹のうさぎ》」。ぱっと見はなんだかコミカルで面白いのに、よく見ると十字架の上にいるのが、意味深です・・

大きくて力強い作品。「ニキ・ド・サン・ファール《ミス・ブラック・パワー》」という巨大な女性像だそう。野外にあるからこそ、生き生きしている気がしますね!動き出しそう!?

大地に「アントニー・ゴームリー《密着》」という作品が。まさに題名そのものですね。遊歩道はベビーカーOK。赤ちゃん連れには嬉しいですね。

道も歩きやすいので、1歳の甥っ子君もベビーカーから降りてトコトコ楽しんでました♪

こんな面白いスポットもあるんです♪目玉焼きのベンチ「サニーサイドアップ」。

おっきな目玉焼きの上に座る・・何ともシュール!?寝そべってみたり、お子さんの写真撮影に大人気です♪

キッズに大人気!
体験型アート「ネットの森」

我が家の子どもたちが楽しみにしていたのは、やっぱりここでした。「ネットの森」!

木製でオシャレな外観です!ちょっとジェンガみたい!?

ワクワク!が最高潮に!

中は、カラフルな手編みのネットでできた巨大ハンモックのような遊び場なんです♪

体験できるのは小学生まで。子どもしか味わえない、貴重なエリアです!

雫のようなところにぶら下がったり、

立ち上がったり、

なかなかアクティブに遊ぶこともできます!

穴から中へ入り込むこともできて、楽しい〜!!ネットの色彩がとっても綺麗なので、親は見てるだけでも満足できます!

もうあんなところに!!大人は登れないけど、気持ちよさそう〜!!

下にはタイヤのようなのクッションが置いてあって、ハマって遊んだりもできましたよ♪

新しくできた休憩エリア「ポケっと。」で、
アートと一緒にゆっくり、のんびり♪


新しい休憩エリアもできていました!!アート作品に囲まれながら箱根の山々を観賞。ゆっくりと時間を過ごすのに絶好のスポットです♪

芝生の上に可愛くてカラフルなソファが設置されています。形もなんだか可愛い!

思い思いに自由に座って、その名の通り、ぽけ~っと過ごせます♪

そして、虹色の正方形が並んだアート。色彩が美しい!

何も言わなくても、子どもは通り抜けますよね(笑)。大人も思わず通り抜けてみたくなります。

水道もあり、このスポットだけでどこかの公園に来たかのよう。大人も子どもも楽しめる空間づくりがとっても素敵です♪

迫力の外観がカッコイイ!
映える「ピカソ館」

300点余りものピカソの陶芸作品や絵画や彫刻など、多種多様な作品が揃っている「ピカソ館」。

遠くからもこのPICASSOの文字がよく見えて、それだけでもアート。背景は山。何とも素敵な構図です。

この写真だけでも、SNS映えしますよね!!中は撮影禁止ですが、とっても見応えがありましたよ〜。独創的な数々の作品に、子ども達も見入っていました。

これはピカソ館の前にある「フェルナン・レジェ《歩く花》」という作品。人と比較してもかなりの大きさがあって、躍動感溢れますね〜!

「歩く花」が本当にこちらまで歩いてきそう~!

ステンドグラスが美しい塔。
「幸せをよぶシンフォニー彫刻」

SNS映え間違いなしの、とっても美しいスポット「幸せをよぶシンフォニー彫刻」。

階段しかなく、赤ちゃんはベビーカーでは登るのが難しいので、建物の前で記念撮影しちゃいましょう♪

屋上まで螺旋階段が登り切れるお子さんはぜひ一緒に。我が家は小学生の兄だけ連れて登りました!

中はとっても幻想的なステンドグラスが・・!もう圧巻です。

写真提供:彫刻の森美術館
ガブリエル・ロアール(フランス、1904 – 96)
1975年 スカルプチャード・グラス、鉄、エポキシ樹旨 1800×800×800cm

階段を登り切った先には・・箱根の山々を大パノラマで望めますよ〜!ピカソ館が小さく見える!パパは高所恐怖症気味で、怖がってました笑 パパしっかりっ!!

オシャレなカフェや、天然温泉を引いた足湯もあるんです♪

カフェで、ほっこりタイム

エントランスから一番離れた場所にもカフェがあります。疲れたら少し休憩できて嬉しい。

午前中早めに行くと空いていてお勧めですよ。

軽食やドリンクを楽しむことができます♪

こちらのカフェから塔が見えます。塔を眺めながらカフェタイム。ほっこりできますね〜

なんと足湯も!さすが箱根です~

カフェを出てすぐの場所には、なんと足湯がありました!!箱根ならではの利点を生かし、天然温泉らしいんです。歩き回って疲れた足が癒されましたー!タオルがない!という人のために、タオルも売ってましたよ。至れり尽くせり。

そのほか、美術館敷地内にはレストラン、ダイニングやミュージアムショップも。素敵なお土産を探してみてもいいですね。

彫刻の森美術館 レストラン・ショップ

駐車場完備。5時間まで500円と良心的です。

湘南エリアからは、車で小一時間ほどで到着。箱根の景色と共にドライブを楽しみながら立ち寄るのがおすすめ♪

そのほか、JRと箱根登山鉄道、バスで行くこともできますよ。アクセスの詳細は美術館公式HPでチェックしてみてくださいね。

箱根には、言わずと知れた名所がたくさんありますので、ハシゴが出来れば、小旅行気分を味わえますよ。

***

まだまだご紹介しきれないくらい、見どころ盛りだくさんの「彫刻の森美術館」。興味のある方は事前にHPをご覧になって、見たい作品、体験したいスポットをチェックしてから足を運んでみてもいいかもしれません♪HPには美術館巡りがもっと楽しくなる館内プログラムの情報や、子ども向けの美術館散歩マップ&ワークシートなども用意されていますよ。

※施設ご利用の際は、必ず事前に公式HPなどで最新の情報をご確認ください。

彫刻の森美術館

彫刻の森美術館

所在地
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121

電話番号
0460-82-1161

営業時間
9:00 から 17:00(最終入場16:30)

定休日・入館料
<定休日>
年中無休 

<入館料>
一般 1600円、大学生・高校生1200円、中学生・小学生800円ほか
※「毎週土曜日はファミリー優待日」保護者1名につき小・中学生5名まで無料ご招待。
※インターネット特別割引あり(公式HPより)
※公式電子チケット扱いあり

更新日:

毎週更新【湘南】子供イベント

【週末の子供イベント】

2022年12月10日-11日のイベント 子供向け[湘南]

あそびい湘南ライン登録・毎週情報お届け!





LINE(湘南版)始めました!
[あそびい湘南]友達登録で最新情報をお届け

友だち追加


※湘南で子供と遊ぶ、記事まとめを毎週1回程お届けします。
※本名などの個人情報は、運営側に登録で一切通知されません。
※あそびいではあそびい横浜とあそびい湘南の2つのLINEを運用しています。
横浜版はこちら

おすすめ記事

各記事の内容は執筆時点のものです。お出かけの際には公式HPもご確認ください。