横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

ママパパがつくる親子遊びの地元情報[あそびい横浜]

横浜赤レンガ倉庫:3年ぶりに開催!ドイツの春まつり「ヨコハマフリューイングフェスト2022」[4月28日から]



横浜赤レンガ倉庫:3年ぶりに開催!ドイツの春まつり「ヨコハマフリューイングフェスト2022」[4月28日から]

横浜赤レンガ倉庫で4月28日(木)、「ヨコハマフリューリングフェスト2022」が始まります。

厳しい冬のあるドイツでは毎年、春になるとその訪れを「フリューリングフェスト」というイベントを催して、お祝いしています。

横浜赤レンガ倉庫は、建物の一部がドイツ様式であることや、横浜港がドイツのハンブルグ港と姉妹港であるなど、ドイツとの縁が深いことから、毎年ゴールデンウィークの時期にこのイベントを開催してきました。

しかし、2020年、2021年は新型コロナウイルスの影響で中止。今回3年ぶりの開催となります。

子供にうれしいアトラクションやSDGs体験ワークショップも

会場内には「キャタピラーふわふわ」や

「ジャンプゾーン」

「ラグーンウォーターパーク」

などのアトラクションが登場。子供が楽しめること間違いなしです。

さらに、過去のイベントで出てしまった廃材や海洋プラスチックなどを使ったアップサイクルのワークショップや物品販売も行います。

BonArt(ボンアート)

4月に横浜赤レンガ倉庫で開催中の「FLOWER GARDEN 2022」で展示した生花で絵の具を作り、ペーパーフラワーに色付け。鑑賞後には廃棄される生花のアップサイクルで、自分だけのペーパーフラワーを爽やかな気分と一緒に持ち帰りましょう。参加料は1回=500円。

Carton(カートン)

世界中の段ボールを収集するアーティスト・島津冬樹さんからの指導を受けながら、イベントで廃棄される段ボールをその場で回収・加工し、財布等の小物にアップサイクルします。参加料は1回=500円。

海洋プラスチックジュエリー sobolon(ソボロン)

海岸で清掃活動を行い、そこで回収した海洋プラスチックの一部をアクセサリーの素材として活用。色や形、表情が様々なプラスチックの個性が魅力の、世界に一つだけのアクセサリーを販売します。

パパママもうれしいフードやドリンクの数々

会場ではドイツの雰囲気を味わえるフードやドリンクも登場。やっぱりパパママがうれしいのはドイツビールでしょうか。

子供向けには丸絞りパイナップルなどのドリンクもあります。

カリーブルスト、ラプスカウス、ロングソーセージホットドッグ、ミートボールのレモンクリーム煮&パスタなどドイツのフードもいっぱい。

楽しく、おいしくドイツの文化も学べます。

さらに環境先進国ドイツにならって、ドリンクとフードの提供はすべてリユースカップを使うほか、環境に配慮した食器や包装材を使って脱プラスチックに取り組んでいます。

ゴールデンウィークは赤レンガへ!

横浜の観光スポットとしても定番の赤レンガ倉庫。授乳室やトイレなど小さいお子さんとのお出かけでも安心の設備が整っているので、家族で楽しくお出かけできます。

ゴールデンウィークは赤レンガでドイツ気分を味わってみませんか?

Yokohama Frühlings Fest 2022(ヨコハマフリューリングスフェスト)

開催場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
住所:横浜市中区新港1-1Googleマップを開く
開催期間:2022年4月28日(木)〜5月8日(日)
開催時間:11時〜21時(4月28日のみ17時〜、ワークショップなどは時間は異なる)
入場料:入場無料(飲食代・アトラクション代は別)
※イベントの情報は予告がなく変更になる場合がありますので、お出かけになられる方は、HP等でご確認をお願いします

【公式情報】横浜赤レンガ倉庫特設ページ

横浜赤レンガ倉庫

所在地
横浜市中区新港1-1

公開日:


おすすめ記事

各記事の内容は執筆時点のものです。お出かけの際には公式HPもご確認ください。