横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

ママパパがつくる親子遊びの地元情報[あそびい横浜]

第8回横浜トリエンナーレの特別企画!「おしゃべり鑑賞デー」開催です!展示室内で会話をしながら作品を鑑賞できます。(4月14日(日)及び5月5日(日・祝))小さなお子様連れの方やアートビギナーさんも気軽にアートに親しむことが出来ます!



第8回横浜トリエンナーレの特別企画!「おしゃべり鑑賞デー」開催です!展示室内で会話をしながら作品を鑑賞できます。(4月14日(日)及び5月5日(日・祝))小さなお子様連れの方やアートビギナーさんも気軽にアートに親しむことが出来ます!


第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」では、4月14日(日)及び5月5日(日・祝)「おしゃべり鑑賞デー」を会場である横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKOで開催します。

「おしゃべり鑑賞デー」は、展示室内で気兼ねなく会話をしながら作品を鑑賞し、小さなお子様や現代アートに馴染みのない方々が、気軽にアートに親しむことができるイベントです。横浜トリエンナーレには、「展示室内では会話を控える」というルールはありませんが、「アート鑑賞はしゃべってはいけない」という一般的なイメージがあり、小さなお子様連れやアートビギナーには敷居が高いと感じている方が多いようです。
「おしゃべり鑑賞デー」は、乳幼児や小さなお子様と一緒にご家族で、また、美術館は初めてという方々に、気軽にアートに触れていただく機会です。
当日は、展覧会を鑑賞した驚きや不思議に感じたことなど、感想を自由に語り合うツールやイベントとして、作品を見ながら取り組むワークシートを小学生以下の児童・未就学児に配布するほか、「ロボットと遊ぶ『野草』クイズ大会」を実施します。

また、横浜美術館では、5月5日(日・祝)に、お子様連れのお客様を優先的にご案内する「こどもファスト・トラック」も設置します。この機会にぜひ、ご来場ください。

「おしゃべり鑑賞デー」開催概要

展示室内で会話をしながら作品を鑑賞できます
日時:2024年4月14日(日)10:00-18:00 、5月5日(日・祝)10:00-18:00
会場:横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO

「ビビッと!びじゅつ発見シート」(ワークシート)の配布

小学生以下の児童・未就学児に配布します。
ひとりで、またはだれかと一緒に作品をみることを楽しむためのワークシートです。

「きもちのパレット」


たくさんある作品の中から、今の気持ちに合う作品を選び、作品を見て感じたことを率直に書き込みます。
(表と裏で2つの異なる内容となっており、お好きな方を選んで取り組むことができるため、小さなお子様から小学生まで、ご家族でお楽しみいただけます。)

「〇〇さんにお手紙をかこう!」

気になった作品について誰かに伝えるためのワークシートです。
誰かにお手紙を書くようにじっくり見ることで、より理解が深まります。

ロボットと遊ぶ「野草」クイズ大会

※横浜美術館のみ実施

コミュニケーションロボット「NAO」が展示作品に関する
クイズを出題します。(Aldebaranの小型二足歩行ロボット「NAO」)
対象:中学生以下の児童・生徒
時間:
(1)10:30-11:15(定員30名)
(2)12:00-12:45(定員30名)
(3)14:00-14:45(定員30名)
申込方法:各回、開始時刻の10分前までに総合案内でお申し込みください。先着順に受付。
注意事項:お子様1名につき、原則大人1名まで付き添いでお入りいただけます。
乳幼児をお連れの場合などは、当日、個別にご相談ください。

こどもファスト・トラック

※横浜美術館のみ5月5日(日・祝)に実施
お子様連れのお客様に優先的にご入場いただけるレーンを設置します。

こどものアートひろば「はらっぱ」


第8回横浜トリエンナーレ期間中、横浜美術館には、こどものアートひろば「はらっぱ」が常設されています。
スタンプを使って創作したり、展覧会の感想を書いたり、休んだり、いろいろな過ごし方ができます。
乳幼児を連れて休憩できるコーナーもあり、どなたでも無料で事前のお申込みなくご利用いただけます。
(時間)10:00-16:00 ※横浜トリエンナーレ開場日のみ
※混雑時は入場規制をさせていただく場合がございます。

横浜トリエンナーレ組織委員会では、第1回展(2001年)から第7回展(2020年)までに、未来を担う世代を対象として、アーティストやアート専門家による多彩なワークショップの開催、市内の児童・生徒への鑑賞ポケットガイドの配布、学校団体の鑑賞受入れなどを行い、異なるものの見方や解釈、多様な価値観について理解を深める機会を提供してきました。

第8回展では、子どもやファミリー、美術館にあまり馴染みのないアートビギナーや若者を対象に、アート以外の専門家の協力を得て現代アートに親しむプログラムを「パブリックプログラム」として、多数用意しています。
「パブリックプログラム」は、展覧会で作品を鑑賞するだけではなく、つくったり、しゃべったり、考えたり、子どもから大人まで、お友だちやご家族と一緒に 「野草」のテーマをいろいろなかたちで楽しめるプログラムです。
ぜひ、第8回横浜トリエンナーレ「おしゃべり鑑賞デー」に遊びに行ってみてください!

横浜トリエンナーレ「おしゃべり鑑賞デー」詳細ページ

【関連】

「第8回横浜トリエンナーレ」に行ってきました!横浜市で3年に一度開催される現代アートの祭典!3月15日~6月9日まで、リニューアルオープンした横浜美術館とその近隣施設にて、国際的に活躍するアーティストの作品を間近で観ることができます!

公開日:


おすすめ記事

各記事の内容は執筆時点のものです。お出かけの際には公式HPもご確認ください。