横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

新横浜花火大会:新横浜で「新横浜花火大会」が今年初開催!子供と行きやすい新横浜、親子で見に行こう![7月26日(木)]

新横浜花火大会:新横浜で「新横浜花火大会」が今年初開催!子供と行きやすい新横浜、親子で見に行こう![7月26日(木)]

新横浜花火大会2018」が初開催。日産スタジアムがあることでも有名な新横浜公園で7月26日(木)です。

横浜の花火大会というと、みなとみらいや山下公園といった港側での開催が定番ですが、なんと今年は横浜の北部、新横浜で花火大会が開催されます。

新横浜公園は、鶴見川沿いの約70ヘクタールという広大な敷地に、日産スタジアムをはじめ、日産フィールド小机(小机競技場)やしんよこフットボールパーク、野球場、テニスコート運動広場、スケボー広場、子供向け遊具などがそろう運動公園。

それだけ広い場所で、高い建物もないので、まわりからはきれいに花火が見られそうですね。

予定では4000発もの花火が打ち上がるそうです

花火の主なプログラム
・ワイドスターマイン
市内では貴重な陸上での本格的な花火。海上とは違い、打上幅百数十メートルのワイド展開が特徴です。花火どころ東北・新潟・長野等の職人技の花火玉を使用し、魅力的に演出します。
・和火(わび)
カラフルな花火「洋火」と違い、炭火色の「和火」1色で演出する場面の見どころです。派手さはありませんが、日本の文化を象徴するような心温まる癒しの花火です。
・型物
顔や動物などを描いた型物花火のシーンを設けます。身近な形でバリエーションある花火は、小さなお子様にもお楽しみいただけます。
・フィナーレ
フィナーレは黄金に枝垂れる花火の連打で盛大に締めくくります。黄金の光が枝垂れるように落ちてくる様子は、花火の伝統と芸術に触れた余韻を残してくれます。

打ち上げ場所は新横浜公園西側 有料席の用意も

当日は19時15分から打ち上げ開始。打ち上げ場所は新横浜公園内の西側の鶴見川沿いです。

鶴見川といえばかつて、東横線綱島駅近くの鶴見川河川敷で「鶴見川花火大会」が開催されていたときもありました。

今回の主催者は地元の連合町内会や商店街の方々だそうで、「鶴見川花火大会」のような大きな花火大会を復活させようと、長い時間をかけて準備してきたそうです。

そうしたいろんな方の尽力あっての開催はとてもありがたいですね。

さて、会場では草地広場や日産スタジアム外周の一部などに有料席が設けられるほか、日産小机フィールド近くの駐車場などに無料エリアも設定されます。

チケットは販売が始まったばかりのようですよ。

【公式情報】新横浜花火大会2018

花火が見られそうな場所を探す楽しみも

今回初開催ということで、会場の様子がどのようになるかはまだわかりませんが、かなり混雑するのではないでしょうか。お子さま連れだと注意が必要ですね。

公共交通機関で行く際は、JR「新横浜駅」や「小机駅」のほか、市営地下鉄「北新横浜駅」の利用なども考えましょう。

あとは、新横浜公園ではなくて、その周辺で見られそうな場所を事前に探す、という楽しみ方もありそう。

開催まで1カ月あるので、この機会に新横浜公園近辺を散策してみて、自分たちだけの穴場を探すチャンスです。

新横浜花火大会2018

開催日:2018年7月26日(木)
開催時間:開場12時、開演19時15分
※その他音楽イベントもあり
開催場所:新横浜公園
住所:横浜市港北区小机町3300Googleマップを開く
※イベントの情報は予告がなく変更になる場合がありますので、お出かけになられる方は、HP等でご確認をお願いします

【公式情報】新横浜花火大会2018

新横浜公園

所在地
横浜市港北区小机町3300

更新日:



LINE始めました!
[あそびい横浜]友達登録で最新情報をお届け

友だち追加


※横浜で子供と遊ぶ、記事まとめを毎週1-2回お届けします。
※本名などの個人情報は、運営側に一切登録で通知されません。
※あそびいではあそびい横浜とあそびい湘南の2つのLINEを運用しています。
湘南版はこちら