横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

ヨコハマネイチャーウィーク2019@こども自然公園に行ってきました!こども大喜びの自然体験がいっぱい。写真レポートです [旭区 5月17日〜19日開催]

ヨコハマネイチャーウィーク2019@こども自然公園に行ってきました!こども大喜びの自然体験がいっぱい。写真レポートです [旭区 5月17日〜19日開催]

ヨコハマネイチャーウィークは、横浜市旭区にある「こども自然公園」で毎年5月に開催。

例年、金土日の3日間にわたって開催され、年々盛り上がりを増す横浜の一大イベントです。

一日目の金曜日に、幼稚園帰りの息子と参加してきたので、2019年のお楽しみポイントをご紹介します!

開催概要はこちら

【関連】

こども自然公園で「ヨコハマネイチャーウィーク2019」開催!親子で楽しめる自然体験イベント![旭区 5月17日〜19日開催]

こども自然公園の紹介はこちら

【関連】

こども自然公園(大池公園)は大自然×大型アスレチック×ちびっこ動物園もあって横浜最大級!全体像を紹介しようとストライダーキッズが行く!

行ってきました!!会場は、ドーナツ広場&ピクニック広場

とにかく広い、こども自然公園。

二俣川駅側の正面口から入ると、会場のドーナツ広場&ピクニック広場までは、けっこう距離があります。

正面口からの最短経路は赤線の経路。南万騎が原駅方面の入り口からは青線のように辿っていきます。

一目瞭然だと思いますが、南万騎が原駅方面の第2駐車場から入った方が、会場までは早いです。

でも、こども自然公園の美しさを満喫するんだったら、二俣川駅側からもおすすめですよ!

わが家は二俣川駅側から入りました。

正面口を入ると、入口広場のレストハウス前にインフォメーションデスクが。

ここではパンフレットがもらえます。

さらに虫よけスプレーの貸し出しも!

大自然が満喫できる公園ならでは!?のサービスですね。こういう細やかな心配り、嬉しいです。

ちなみに、入口広場のレストハウスでは、2日目と3日目にワークショップが開催されるようですよ↓

たくさんありますね!

このワークショップができるのも、正面口から入るメリットです。

ネイチャーウィークの会場でもワークショップができますが、1、2個なので、むしろここの方が充実しているかも!?

会場までは、ところどころに案内看板が立っているので安心ですよ。

道の途中、スコープや双眼鏡を使って池を観察できる興和光学さんのテントもありました。

池の向こう岸の葉っぱまで、ハッキリ見えてビックリ!!

ネイチャーウィークの魅力は「ワクワク×まったり」感

会場に着くと、まず目に入るのがカラフルなガーランドフラッグ!!

写真だとわかりずらいのですが、見た瞬間「わぁぁ♪」ってワクワクします(笑)

ハンモックにぶら~り揺られてみたり、

テントの下でくつろいでみたり、

優しい歌声に聞き入ってみたり。

ワクワクする空間と、まったり流れる時間が、ヨコハマネイチャーウィーク最大の魅力!といっても過言ではないかもしれません。

木のぬくもりが感じられる3日間限定アスレチック

とはいえ、子どもが楽しいのは、やっぱりアスレチック!ですよね。

アスレチックは、ピクニック広場にあります。

木のぬくもりが感じられるアスレチックは、ネイチャーウィーク3日間だけの特別です。

輪投げもありましたよ。

大人も感動!シャボン玉おじさんのパフォーマンス

毎年大人気のシャボン玉おじさんのパフォーマンスは、いつ見ても夢のよう!

子どもはもちろん、キラキラ~と風に乗るシャボン玉の大群の美しさに、大人も感動すること間違いなしです!

息子はシャボン玉を追いかけながら、この笑顔↓

シャボン玉おじさんは、今年も必見ですよ!!

スタンプラリーで、そうニャングッズをゲット

相鉄グループのブースでは、スタンプラリーも楽しめます!

スタンプラリーというと、けっこう歩かなければいけないイメージがあり、わが家はコンプリートしたためしがないのですが、このスタンプラリーはコンパクトな距離にまとまっているので、10~20分で回りきれちゃいます。

小さいお子さん連れのご家族には、ありがたいですよね。

スタンプの台紙は、相鉄線が都心に直通するのを記念して『相鉄・JR直通線マップ』!

台紙には「しぶや」「えびす」といった駅の名前が並んでいます。

6個のスタンプを集めてゴールしたら、最後にゴールスタンプを押して…

記念品をゲット!

中身は相鉄の人気キャラクターそうニャングッズでしたよ♪

Food&Marketで、ローカルな名店の味はいかが?

ドーナツ広場のフード&マーケットには、相鉄沿線にある2つの名店が出店!

相鉄線・緑園都市駅前の呑める蕎麦屋『ともしび』さんの『特製モツ焼きそば』

蕎麦の名店だけに「焼きそば」!?

たしかに名前に「そば」は付くけど…料理としてはけっこう違いますよね。

なぜ、蕎麦屋さんがあえて「焼きそば」にしたんでしょう?

そんな疑問に、お店の方が答えてくださいました。

「冷たい蕎麦をご提供したかったのですが、食品衛生法上こういった野外イベントではNGなんです。とはいえ、温かい蕎麦を出しても季節にちょっと…という感じだったので、うちで人気のつまみメニュー『モツ焼き』をやきそばにしてみました!」

なるほど!だから『“モツ焼き”そば』なんですね!

『モツ焼き』がお店で人気の秘密は、仕入れ先へのこだわりにあるんだとか。

損得よりも肉の旨みが一番引き立つバランスで精肉処理を行っているお肉屋さんを発掘して、仕入れを行っているそうですよ。

こだわりのモツ焼きそば、ぜひ食べてみてくださいね。

相鉄線・三ツ境駅/いずみ野駅にあるAugusta Milk Farmのソフトクリーム×ジェラート

食後のデザートにはコレ!

イチゴのジェラートの上に、ぽってりとしたソフトクリームが乗ったAugusta Milk Farmさんの『ソフトジェラート』です。

なんともかわいい見た目ですよね!

息子は一人で間食!ママも食べたかったのにー!!

キッチンカーは、牛さんが目印です↓

移動型本屋『BOOK TRUCK』で宝物の一冊を見つけよう!

移動型本屋『BOOK TRUCK』さんも、わが子たちが毎年必ず引き寄せられるスポットです。

親子イベントだからか、絵本がたくさんセレクトされています。

絵本の表紙って、眺めているだけでも楽しいですよね!

古本の独特の味わいに、まるで宝物を探すような気分になれます。

お気に入りの一冊は見つかるかな!?

おむつ替えテントに、レジャーシート貸し出しも!

虫よけスプレーといい、なにかと細やかな気配りが施されているネイチャーウィーク。

会場すぐそばの青少年野外活動センターには、おむつ替えテントが設置されていたり、

ピクニック広場では、レジャーシートが貸し出されていたり。

おもてなしの心がいたるところに感じられて、とても温かい気持ちになりました。

開催概要はこちら

【関連】

こども自然公園で「ヨコハマネイチャーウィーク2019」開催!親子で楽しめる自然体験イベント![旭区 5月17日〜19日開催]

こども自然公園の紹介はこちら

【関連】

こども自然公園(大池公園)は大自然×大型アスレチック×ちびっこ動物園もあって横浜最大級!全体像を紹介しようとストライダーキッズが行く!

以上、ヨコハマネイチャーウィーク2019ママレポート。

過ごしやすいこの季節、ぜひ自然の中でワクワク×まったりしてみてくださいね~。

Yokohama Nature Week 2019(ヨコハマネイチャーウィーク2019)

■場所
こども自然公園
横浜市旭区大池町65-1
相鉄線二俣川駅から無料シャトルバスを運行

■日程
2019.5.17 [fri]~ 19 [sun]

■時間
10:00~17:30

■料金
無料(料飲・アクティビティ等は一部有料)

※イベントの情報は予告がなく変更になる場合がありますので、お出かけになられる方は、HP等でご確認をお願いします。

公開日:



LINE始めました!
[あそびい横浜]友達登録で最新情報をお届け

友だち追加


※横浜で子供と遊ぶ、記事まとめを毎週1-2回お届けします。
※本名などの個人情報は、運営側に一切登録で通知されません。
※あそびいではあそびい横浜とあそびい湘南の2つのLINEを運用しています。
湘南版はこちら




450万人が利用。横浜のパパママが作る「あそびい横浜」

 

450万人が利用。横浜のパパママが作る「あそびい横浜」