横浜で子供と遊ぶ - あそびい横浜

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

横浜で子供と遊ぶ-地元親子だけが知る情報満載[あそびい横浜]

親子でクッキング、メニューに困ったら給食を参考に。給食で人気の「チリコンカーン」を作ってみました。意外と簡単?!作り置きにも最適!

親子でクッキング、メニューに困ったら給食を参考に。給食で人気の「チリコンカーン」を作ってみました。意外と簡単?!作り置きにも最適!

臨時休校に入って、きっと多くのママが給食のありがたさを実感していますよね。

「毎日給食を食べさせてくれるってすごいことなんだね~」
「栄養のバランスも整っているし、あれでちゃんとした1食を食べているという安心感があったよね~」

とママの言葉が聞こえてきます。

休みが続くと毎日食事の献立を考えることで頭を悩ませているママも多いのでは・・・

それなら!と給食の献立をマネして、ちゃんとした1食を作ってみようか?!

「給食で好きなものは?」と娘に聞いてみると
チリコンカーン!」

なんとなくハードルが高そうで、我が家では作ったことがなかったチリコンカーン・・・

でも、給食の献立を紹介しているサイトを見てみるとレシピを発見できました。

意外と簡単に作れそう?!と小6の娘に作ってもらうことにしました。

主な材料はこんな感じです。大豆をゆでて・・・からだと大変ですが、水煮大豆を使っちゃえば楽そうですね。

どうせ作るなら、1回の食事で終わらせるのではなく、作り置きの分まで!と写真の材料はレシピ上の約2倍の量です。

材料の下準備

レシピ通りに進めていきます。まずはにんじん、玉ねぎの皮をむいて切っていきます。

給食だと野菜は小さく切られているそうですが、大きめでもOK!

「涙が出てきちゃう~」

と言いながら切っていきました。

材料を炒めます

レシピ上だと、「小麦粉を色づくまでから炒りする」

ママは小麦粉のから炒りなんてほとんどしたことないですが・・・

たくさんの量ではないので、玉子焼き器でやってみました。こんな感じで薄い茶色になるまで。

続いて、野菜を炒め始めます。レシピ上だとフライパンで、とありますが、大量に作る予定なので大きめのお鍋にしました。

まずは、にんにくの香りを感じます

お肉を炒めて、野菜を入れ、さらに炒めます。

「なんか、カレーと同じ感じだね!」

そうなんですね。工程はカレーと同じなので、低学年のお子さんもできそうです。

グツグツ煮ます

材料を炒めたら、水を入れて煮ます。さらに、トマト缶、調味料を入れて煮込みます。

大豆を入れて、から炒りした小麦粉をふり入れると、チリコンカーンぽくなってきました!

美味しそうになってきましたよ!

仕上げにチリパウダーを入れると給食の味!

チリパウダー、我が家では娘が生まれてから買ったことがなかったのですが、今回、購入してみました。

分量通り入れてみると・・・なるほど、この程度だったら辛すぎないんですね。ママも参考になります。

他のお料理でもトマトソースやケチャップと一緒に使うとエスニック風の味付けができそうです。

はい!完成です。

副菜もレシピに載っているいる献立をマネして「ホットマリネ」をママが作ってみました。これも給食のレシピ検索をしたら出てきたので、給食と同じように作ることができましたよ。

「チリコンカーン、給食の味だ~!」

「よかった!ホットマリネはどう?」

あまり酸っぱいものは好きではないと思っていたのですが、娘たちはパクパク!

「学校のチリコンカーンは小さいマカロニみたいなのが入っているよ!」

と娘が言うので、なになに?と給食の献立を確認してみると・・・

シェル型のマカロニを入れているんですね!

「じゃあ、残っている分にはマカロニを入れて明日のお昼に食べよう!」(かさ増しできそうです)

「いつも学校でははいが食パンが出るんだよ」

「だったら、明日のお昼はパンにはさんでもいいね!」

チリコンカーンは食べる時のアレンジもきくので大量に作っておくと何食かに活用できそうです。

給食の献立にチャレンジ!

よこはま学校食育財団のホームページには、給食の献立を家庭で作りやすいレシピにしたものが載っています。

お子さんの好きなものを順番に作ったら、お子さんもきっと大喜び!ママもお料理のレパートリーが増えそうです。

【よこはま学校食育財団】公式HP

献立をマネすることで、栄養のバランスもとれるのが嬉しいですね。お休みが続いて、食事の献立に困ったら・・・試してみてはいかがでしょうか?

公開日:





おすすめ記事