横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 170万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

横浜で子供と遊ぶ![あそびい横浜] 170万人利用者を達成 - あそびい横浜 TOPページはこちら

  • 七夕イベント
  • ログハウス
  • 屋内プール

横浜観光の定番、みなとみらい、山下公園。子供も家族も、みんなで行くならこう遊ぶ [横浜観光スポット穴場攻略2017年]

1,30015

みなとみらい、山下公園は横浜観光の定番。子供も家族も、みんなで行くならこう遊ぶ [横浜観光スポット穴場攻略2017年]

IMG_3655

IMG_0306_R

横浜観光や、初めての横浜に。横浜にたまに来るご家族やお友達と。

横浜のママパパがつくる「あそびい横浜」。今回は横浜観光スポットの中でも人気の、みなとみらいと山下公園の穴場な楽しみ方をご紹介。

特に子供や家族で楽しむならおすすめの過ごし方がいっぱいです。

みなとみらい

IMG_3655

定番の「みなとみらい」。

とはいえ、みなとみらいと一口に言っても範囲が広い!しかも海の近くなので迂闊に行くと結構歩きます。

またクルマの場合、人気スポットが多いためなかなか停められず・・・なんていうことも。そこで、おすすめは「みなとみらい駅」からのアクセス。

IMG_3569

ちょうど中心地に当たるので、人気スポットはどこもすぐ近く。

さらに駅自体に直結してたくさんの飲食店やカフェもあり、子供と休んだりお食事をしたりと便利です。

IMG_3651

駅を出てすぐにこの景色。

IMG_3582

有名な観覧車は横浜のシンボル「コスモクロック」

スクリーンショット 2016-01-23 15.08.50

その下には遊園地「よこはまコスモワールド」が広がり、すぐに遊べます。

ここまででお腹が空いたという場合も、ちょうどこの広場がフードコート。

IMG_3583

子供ものびのび、元気回復です。

【関連】みなとみらい駅から回ると、子供と初めての横浜は快適!。みなとみらい駅が子連れにとって便利なポイントはこの6つ。

そして、みなとみらい駅から行かれる穴場なスポットがこちらの3つ。

2017-05-04-18-48-37

どこも穴場なので、少し足を伸ばすだけでゆっくりと横浜を楽しめますよ。

臨港パーク:みなとみらい近くの穴場

みなとみらい駅から行かれる穴場スポットが臨港パーク。

IMG_3635

なんといってもベイブリッジが真正面!

IMG_3636

そしてこの解放感!

IMG_3616

IMG_3607

これぞ横浜という景色も楽しめ、のんびり過ごすことができます。

もしインターコンチネンタルホテルなどにお泊りならすぐ裏手。空いた時間に訪れるのもいいですね。

IMG_3602

詳しくはこちらの記事に。

【関連】臨港パーク:みなとみらい駅からすっごく近い。芝生と海を楽しむ穴場には、なりきりステージとフルーツの木 [西区]

新港パーク(カップヌードルミュージアムパーク):みなとみらい駅からすぐの海を感じる穴場

IMG_0321s

名前が似ていますがこちらは新港パーク(カップヌードルミュージアムパーク)。

季節によりますがカモメもいっぱい!

IMG_0332s

IMG_7235s

真正面にこの景色。

IMG_0298s

IMG_0320s

そしてお隣には横浜赤レンガ倉庫。

IMG_0391s

もちろんカップヌードルミュージアムも近いですね。

image00

この新港パークは、上記の臨港パークともすぐお隣で一緒に楽しめます。こちらも立地の割に知られておらず穴場的存在。ゆっくり海風を楽しめますよ。

【関連】新港パークは、海が子供目線!かもめと走り回れる、みなとみらいの穴場公園 [新港パーク(カップヌードルミュージアムパーク)]

シーバス。みなとみらいからもすぐに乗れる、350円からの船の旅!

IMG_0350

IMG_5579s

IMG_5573s

地元ファミリーがおすすめするシーバスは、その名の通り「バス」のためお値段も非常に安く、気軽に乗ることができます。

みなとみらいからは、上記の臨港パーク、この建物が最寄。

IMG_3640

わずかな値段で非日常の体験。写真撮影にもぴったり。きっと思い出に残りますよ。

yamashita2

シーバスの詳細はこちら

【関連】クルーズが350円から楽しめる!地元民オススメの横浜クルージング [シーバス:中区]

みなとみらいの位置関係と詳しい各々への行き方はこちらの記事に。

【関連】みなとみらい駅から回ると、子供と初めての横浜は快適!。みなとみらい駅が子連れにとって便利なポイントはこの6つ。

山下公園

IMG_0306_R

IMG_2622_R

みなとみらいに並び横浜の定番といえば、山下公園。

最近特にきれいに整備され、家族や友達と行くにもぴったり。開放的で船に花に海と、これぞ横浜という景色を楽しめます。

IMG_2610_R

子供が走り回るスペースも十分。

IMG_2614_R

普段見慣れない海の景色に、波の音、カモメの姿に子供の目も輝きますね。

IMG_2627_R

山下公園を楽しむならキーワードは「船」。あそびい横浜がおすすめする(1)〜(4)まで穴場な4つの楽しみ方をご紹介です。

2017-05-04-20-23-33

山下公園の楽しみ方(1) まずは定番。停泊中の「氷川丸」

IMG_0324

山下公園に停泊している「氷川丸」は乗ることができます。

料金は大人300円、子供100円とお財布にも優しい。船内の設備なども見ることができて、子供から大人まで楽しめますよ。

日本郵船氷川丸

開館時間 通常 10 時~17 時(最終入館は 16 時半まで)

休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)

入館料 一般 300 円、シニア(65 歳以上)200 円、小中高生 100 円

山下公園の楽しみ方(2) 少し歩いて「大さん橋(大桟橋)」へ。巨大な外国船も来港!

IMG_0235_R

少し歩くだけで、来港中の本物の船を見ることも。

外国のクルーズ船や、豪華客船が停泊するのが「大さん橋(大桟橋)」。

IMG_7271s

ほぼ1日停泊していることが多いので、山下公園から見えたら行ってみると楽しい。

そして大さん橋自体が、雑誌などの撮影でもよく使われるスポット。横浜らしさある写真撮影もできて、ゆっくり公園のように楽しむこともできちゃいます。

yokohama_oosanbashi

IMG_0219_R

穴場の楽しみ方は、朝。

IMG_7100s

もし朝早く行くことができれば来港の瞬間に出会えます!間近に見る船は大迫力。これは本当にオススメです。

IMG_7185s

IMG_7196s

来港スケジュールはこちら。日によって来港がないこともありますのでご確認ください。

【関連】男の子にオススメ!。大型船「飛鳥II」の着岸を見てきました。 [大さん橋(大桟橋):中区]

【関連】子供と一緒に横浜らしさいっぱいの記念撮影を無料で。テレビでよく見るあの景色。横浜の記念写真スポットはここだ! [大さん橋]

山下公園の楽しみ方(3) シーバスに乗って船の旅

IMG_5579s

みなとみらいの欄でもご紹介したシーバスは、山下公園が終点。

山下公園からも乗船できます。

IMG_5565s

オススメは、山下公園〜横浜駅東口に夕方に乗船。

IMG_1468s

IMG_1470s

このルートなら電車で帰ったり夕食を食べたりもしやすい上にこの景色!

IMG_1452

写真と一緒に思い出に残りそうです。

山下公園〜横浜駅までの所要時間は約30分と、小さなお子さんやおじいちゃんおばあちゃんでも楽しみやすいです。

【関連】子供とおすすめの特別なお休み体験。シーバスで海から見る観覧車と夜景、そして初めての船体験!

【関連】クルーズが350円から楽しめる!地元民オススメの横浜クルージング [シーバス:中区]

山下公園の楽しみ方(4) 足を伸ばして、穴場中の穴場の”灯台”へ!

P1090273

山下公園の穴場な楽しみ方、最後にご紹介するのはこちら。

横浜港シンボルタワーです。

バスかクルマで足を伸ばすこちらは多少難易度が高いですが、この不思議な外観と広い芝生。こちらはオブジェなどではなく、港の安全を守る塔。”顔”に見える部分が灯台などにもある信号になっているんですね。

IMG_1807

そしてこの塔、登ることができます。

階段ですがそれほど高くはないのでお子さんでも登りやすい。

P1090287

登るとこの景色。

P1090294

海で働くクルマや

IMG_1773

IMG_1782

来航する船

IMG_1778

そして遥か沖合には、大型船が止まる大黒ふ頭も見渡せます。写真は2016年の世界最大級の客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」来港時。

IMG_1321

タワーだけではなく、港湾部の雰囲気と、海を感じつつ遊べる広い芝生の広場。

P1090304

P1090311

少し不思議な体験ができる、みなと横浜ならではの穴場。

バスまたはクルマでのアクセスとなりますが、駐車場は広く比較的空いています(釣り場もあるため釣りをしに来る方も多くいらっしゃいます)。

IMG_1310

どちらの場合も横浜の観光名所を抜けて、埠頭へ!

IMG_1822

およそ30分ほどと遠く、少し難易度が高いため、幼稚園など大きくなったお子さんと。また立地上、悪天の場合は閉鎖もあるので公式HPもご確認ください。

ただ、たくさんの巨大なトラックが走り抜ける道中もなかなか楽しく旅気分です。

【関連】横浜港シンボルタワー : 横浜1の穴場は港の先端に!芝生広場に展望台。海・船・はたらくくるまに男の子大興奮


横浜観光の定番、みなとみらい、山下公園。

そこから少し足を延ばすだけで、貴重な体験やゆっくり過ごすことができるたくさんの穴場があります。ぜひご家族でご活用下さい。



Sponsored Link